メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世紀末、聖書に語られる定番の物語「ノアの箱舟」

いやはや、やはりのハリウッド流。
預言か、警告か、真意はわかりませんが、
大きなうねりの近づいている予兆は感じます。

ノアの話は好きではありませんが、
ラッセル・クロウならば許せてしまうなり。ずる~いemoji



禊ぎを求めているのか、計画しているのか。
いずれにしてもサイの意思なしにはなにも動きはしません。



AUM
最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

PR
5月の満月。
一番明るく、ヒーリングエネルギーが強い。



鞍馬山ではウエサク祭が、世界でも満月の下で集う人たちも多いでしょう。

あいにくの天氣で目視することはできませんが
昨日来、耳に強い圧を感じ、眠氣も強い感じがします。

最高潮に達するシヴァの霊力が、第六チャクラの第三の目を刺激します。


ヒーリングはもとより、瞑想にももってこいのこの日の
エネルギーフィールドを皆さんも感じられていらっしゃると思います。

ブッダプールニマー、お釈迦様のご生誕・悟り・入滅という
三大仏事を祝う祭日でもあります。

お釈迦様はインド太陰暦ヴァイシャーカ月の満月の日に
菩提樹のもとで悟りを得て大覚者(ブッダ)となったと伝えられており、
誕生と入滅も同月同日に起こったとして同日に祝うことから、
この祝祭はヴェーシャクプールニマー祭とも呼ばれます。

ハートコードを仏陀やババにつないで
聖なる宵のエネルギー場にしばし浸ってみましょう。

日常の忙しさは確かにあります。
日々のルーティンワークもあります。
でも、いまこのときは、テレビも消して静寂な波動に
すべてをゆだねてみたいと思います。

この日は二度と来ない一期一会であると思います。

実際、時空や世界がこの日を境に大きく変化していくと思われます。

日常の物質界のやらねばならぬことは
実はマーヤで霊的にはそれほど大切ではないはず。
それよりももっと大事なことは、いまここ、
この満月に仏陀の息吹を味わい尽くすことだと感じます。

そのために地上に生を受けたのですから。

エリザベス・キューブラーロスの言葉をかみしめながら
いまここを大切に、この瞬間にシンクロしていきましょう。

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
いまの人生とおなじ人生は二度と手にすることができない。
この人生ではたしてきた役割をもう一度演じることも、
もう一度これまでと同じように人生を経験することも、
けっしてできない。あの両親のもとに生まれ、この家族をもち、
このこどもにめぐまれ、この環境、この状況のもとに生きてきたように、
この世界を経験することは、もう二度とできない。
おなじ顔ぶれの友人をもつことも、今回の生かぎりである。
あの海、あの空、あの星、あの愛する人を、
最後にもう一度だけみたいと願うようになるときまで待つ必要はない。
いまこそ、それを、しみじみみてほしい。



AUM Namah Shivaya~





最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[16回]

在りし日の動物園。
鳥たちの小屋が並ぶ鳥類のエリア。

甲高い囀りで鳴く鳥、
水辺で遊ぶおしどり、
かわいい仕草や、
鮮かな羽の色彩に見とれ和む昼下がり。



ごくごく平凡な平和な休日のひと時。

鳥小屋の前のベンチで親子がランチを楽しんでいるね。

どれどれ、美味しそうにほうばるお弁当は?

え?( ̄◇ ̄;)
それって、もしかして焼き鳥?!
うっ、そ、そいつは手羽先か?!
そっちはかかか唐揚げじゃないか....

鳥たちの目の前で鳥を貪る人間、
あぁ、ここまで来てしまったのかカリ•ユガ時代。
サギだサギだ、だまされてる。


何も氣づかずなのか、
知っててやってることなのか?

知ってやってるのなら、氣が狂ってる。

どうしよう、神様。
知らないでやっているのです、お許しくださいと
イエスのように天の父に贖罪すればよいうのだろうか。
それで許されるのだろうか、教えてババ・・・・
思いもよらなかった光景に驚愕してしまったのでした。


emoji

それからもう一つ。
今日は皆さんに『レレレのおじさん』になっていただきたいです。

そう、あのバカボンの登場人物、箒を持って
「おでかけですかぁ~、レレレのレ~」とか言って
地面をひたすら掃き続ける怪しい掃除人。


掃除というのは、皆が捨てたり汚した世界を浄化し綺麗にする
シヴァ神の仕事であるような氣がします。

ケガレチをイヤシロチに、再生のための大掃除です。

レレレのおじさんは、シヴァ神だったのかも…ですね。

これでいいのだ。

で、本題ですが、動物園にはたくさんの動物たちがいるわけですが
唯一、地球を汚す生き物がいるのです。

レレレのおじさん視点で見るならば、
なんとその動物とは霊長類ヒト科、人間だったのです。

動物は一切、大地を汚すことなくのんびりとしていますが
そそくさと行きかう人々は次から次へと際限なく、ゴミを捨て続けるのです。

道にもしかり、そしてゴミ箱は恐ろしい状態に。

悪臭放ち、ギシギシに詰め込まれたゴミの山。
やっかいなのが燃えないゴミです。
プラスチック類や缶ジュースやペットボトル。

これらは今後数十年から数百年かけて大地を穢し続けるのでしょう。

特に多くて目立つのが数汰場のドリンクホルダー。
そう、原材料に虫が使われていたと話題になったあの数汰場。
ロゴのセイレーンは有名。ダキニカードで言えばWhite Ladyですね。
過去記事にも書いたけれど、誘惑で引きつける魔女。

そのセイレーンの放つ洗脳にかかってしまった日本国民。
どんどん消費を続け、止められない止まらない状態です。

プラスチックという汚物を一番大地にばら撒き続ける困った存在です。
今後皆さんも、買われる前にちょっとだけ・・・
ゴミ箱に捨ててもそれがやがて地球を傷つけるカルマを積んでいると
いうことを思い出していただきたいです。

某隣国の方々とは違い日本人はまだゴミ箱に捨てるという
優しいモラルを持っていますが、
ゴミ箱に捨てれば正しいマナーというのは
人間が作った勝手なマーヤの決め事。

地球からしたら、道端であろうがゴミ箱であろうが
地中や海の中であろうが捨てることには
なんら違いはないということを覚えておいてほしいのです。

悪いことや人に迷惑になることさえしなければ
一切カルマを積まないというのは人間の勝手な妄想です。
ゴミ箱にプラスチックを投げ込むだけで
すでにガイアに対する罪を作っているわけです。

ちなみに、数汰場の飲物、保存料漬けのコンビニのお弁当パック、
砂糖や人工甘味料たっぷりのドリンク類などなど、
すべてが威流皆茶の洗脳によって生み出された人口削減の嗜好品。

これら罪作りの因果が生んだものが
結局ガイアを汚すカルマをも作り出していたという
悪循環の因果律だったことに氣づく必要があります。

一度、きれいに洗い流されなきゃ氣付けないのか人類は。
覚醒めなきゃヤバイんじゃないでしょうか。

レレレのおじさんは掃除人。
道を掃くけど貯まったゴミの回収もしなくちゃなりません。

溢れかえったゴミ箱のゴミを回収している間も
後ろから前から通りがかりのヒト科の生き物たちは
ポンポンお構いなしに捨てていくのです。
レレレのおじさんの頭をかすめて、ポイっとね。

動物たちは静かにまったりと昼寝を楽しんでいます。
ヒト科の動物はせっせとポイ捨てを楽しんでいます。
これが同じ昼下がりの出来事です。
どちらがガイアを穢しているでしょう。

レレレのおじさんはその時悟りました。
人間がこの地球上で一番残酷なんじゃないかと・・・・




AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[15回]

日本では鎌倉時代。
現アフガニスタンのイスラム神学者の子として
叙情詩の天才とも、神学者ともいえる偉大なる人物が誕生した。
メヴラーナ ジャラールッディーン・ルーミーという。
「メヴラーナ」とは「我が師」という一般名詞である。
詳細は、ウィキペディアなどネットをサクサク検索あれ。

何を感じ、何をしていようとも、どこにいようと、
呼吸と一緒に頭の意識をハートに降ろすようにする。
頭がハートにつながると、今ここに在るという感覚が生まれる。
息が胸に降りていく流れを意識すれば、
今この瞬間に目覚めていられるようになる。
呼吸をしているのは君ではなく、
呼吸の方が自分に息をさせているんだと覚えておくといい。
そうすれば呼吸が存在していることに感謝の念がわくよ。
探せばいつでも呼吸はそこにあって、いのちの力を、
からだいっぱいに吹き込んでくれるんだからね。

こんな詩が750年以上も前の人物から生み出されていたことに感動する。
いままさに必要とされる瞑想の極意ではないだろうか。
この呼吸は「ソーハム」に通ずる。

「ルーミー語録」訳・解説:井筒俊彦(岩波書店)を
入手できたのならばとてもラッキーだ。

ウィキペディア「ルーミー」を参照



「光はひとつ」

ランプはそれぞれ違っても、放つ光は同じひとつ。

光、それははるか彼方から届けられる。
あなたがランプに眼を奪われ続けるのであれば、
あなたはあなた自身を奪われてしまう。
ランプの種類は数限りなく、各人の嗜好もまた然り。
あなたの視線を光に転じ、光そのものを見つめよ。
そうすれば、あなたは地上における事象に特有の、
二元性の限界から解き放たれるだろう。
そのようにして新たな視線を獲得すれば、
イスラム教徒、ゾロアスター教徒、ユダヤ教徒の違いは、
依って立つ位置の違いに過ぎないことが理解できよう。

ヒンドゥー教徒たちが、見せ物にしようと象を連れてきた。
見物客たちは、象のつながれた暗い小屋へと入ったが、
暗闇の中では、眼で見ることは不可能だったので、
それぞれの手のひらで象に触れる以外には方法がなかった。
ある者は象の鼻に触れ、「この獣は水道管のようだ」と言った。
またある者は耳に触れ、「この獣は扇のようだ」と言った。
またある者は脚に触れ、「まるで柱のようだ」と言い、
またある者はその背に触れた。「本当に、」その者は言った、
「これは玉座のような生き物だ」と。

一人ひとりが光を放つろうそくをその手にしていたら、
それぞれの言葉に違いはなかっただろうに。


これはヴェーダの叡智に出てくる有名な喩え話なのだ。
彼は覚者か、聖者か、化身なのか・・・


このような人の自我は 神の中に消融している。
その境地は神以外の何者も入れる余地がない。
別のものなど考えるだけでもったいない。
別のものが入り込んでくる場所がどこにあろう。
自我が完全に消融してなんにもないからこそ
神がその場所を占めたもうのであってみれば。
「神ならで住む人もいないこの家に」というわけだ。

真の帰依者の姿だろうか・・・・


「泥中の蓮」


愚か者が贋金をつかまされるのは、それが本物によく似ているからだ。
この世には、贋金ではなく本物の金貨も確かに存在している。
そうでなければ、贋金作りの仕事は成り立たなくなってしまう。

人は正しいものを愛する、真実を恋い焦がれる。
けれど正しいものへの愛、真実への恋慕が、
一歩間違えれば、人を虚偽と悪へと導いてしまう。
砂糖に、ほんの少しだけ毒薬を混ぜ合わせてみるといい。
人は争ってそれを口に詰め込んでしまうだろうから。

ああ、友よ叫ぶな、教義の虚しさに嘆くな。
暴くな、戒律の空々しさを。
贋金のうちにもほんの一枚、本物の金貨が混ざることもある。
ほんのひとつまみでも真実がある。そうでなければ、
どうして人がこれほどまでに執着するものか。
夢の全てを虚しいと言うな。
君の見る夢、世の中の見る夢の全てが、
消え去る幻に過ぎない、とも言い切れないのだから。
そこに真実などひとかけらもない、などと
決して言い切れるものではないのだから。

修行者達の群れの中に、真のファキール(貧者・修行者)が隠れている。2
たった一人だけ見つければよいのだ、大勢見つける必要はないのだ。
よく探せ、そうすればきっと見つかるだろうから。


「見えざる力」

我らは葦笛、奏でる調べはすべてあなたのもの
我らは山々、響くこだまはすべてあなたのもの
我らはチェスの駒、勝利も敗北もあなたのもの
我らは獅子の紋章、旗に施され空高く掲げられ
我らは世界を往く、あなたの不可視の風と共に

中空の竹となれ、
そうすれば彼方なるものはやってきて
お前という竹をを通じて音色を奏でることができる。
己の中を空にして、彼方なるものが
お前を通じて流れることができるようにせよ。

これこそヒーリングの極意。祈りの極意。


そうだ。神を思い続けることによって、
そなたの内面は少しづつ、少しづつ
光に照らし出されていく。
そして、それにつれて、少しづつ、
この世への執着から離れていく。
たとえば、鳥が大空に飛び上がろうとする。
たとえ本当に大空までは到達できないにしても、とにかく
一瞬、また一瞬と地上から遠くなり、他の鳥どもより高く昇る

これは、ナマスマラナ(神の憶念)そのものを語っている。


静けさは神の言葉。
それ以外はみな未熟な意味付けだ。

印象的な語録、益々読んで見たくなりませんか?
探求してみれば、たくさんの勇氣をもらえるとともに
霊性の師からの大いなる導きが受けられるだろう。



AUM




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[17回]

いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。

ここのところ、物理的に時間なく記事をなかなか書けなくなっていました。

ただでさえ、毎日アップできぬサイトゆえ、ご覧いただくかたも
氣まぐれさ加減に怒りもせずに、ゆる~く、温か~く、
慈愛のまなざしで見守ってくださっていることに感謝です。

シャクティというご縁でつながるヒーラーのかたが多いと思いますが、
インターネットというバーチャルな世界ででも、ほんのひと時でも
神の愛と、ヴェーダの叡智の素晴らしさをシェアできればいいなと
つたない文と構成で冷や汗かきかき、書いています。

かの御仁の導きで、ヴェーダシャクティという組織団体に属さぬ
自由な自主参加のワークで結ばれていたお仲間も、
いまはどのような活動をされているのか、お元氣でいらっしゃるのか、
容易にお会いすることもできませんのでわかりませんが、
きっと、ヴェーダの叡智や彼の方の教えのお蔭で
日々サーダナに励まれていることだとお察しいたします。

その影響もあってか、ヴェーダ発祥の聖地インド、とくにシルディや
プッタパルティには幾度となく巡礼されているかたも多いと思います。

ババといえば、シルディ・サイババが浮かぶ・・・という
日本では珍しいお仲間だとも思います。
シルディが生まれ変わってサティア・サイババとして降臨されたことで
一般的にはババといえばサティアをイメージすることでしょうから。

もともと同じ“サイ”なのですからどちらでもよいのですが。

シヴァ神、ダッタトレーヤ―の化身、
あるいはシヴァとパールバティの化身と
人間が勝手に永遠不変なる神にカタチという衣を着せているだけですが
すべてはナーラーヤナという根源から発せられる光。


すべての人の内に神性が宿るという確信をさらに確実なものとするために
シャクティ・ヒーリングという手法でマーヤという曇りガラスを磨きます。

そして本来の本質である「霊」に目覚め、
御霊磨きでやがてアートマを顕現させるのがヒーラーという生き方。
自他ともにです。自分だけじゃない、すべてのかたの内に神がいることを
ナーラーヤナというコトタマで意識し続けることが大切だと感じます。

目を閉じ、ハートの中を見守りながらそっとつぶやきます。

Aum Namo Narayanaya・・・・・・



ナマスマラナ・・・神を憶念しなさいというサイの御言葉を
日々実践するのにこのマントラは最適ではないかと感じます。
これは私感ですのでどうぞ皆さんのご自由に。

もっと簡単なナマスマラナ、
それは・・・「サイ」でもいいよと昔ワークで伺いました。
サイ、サイ、サイ、サイ、サイ・・・・・・
イエスが好きならば、イサ、イサ、イサ、イサ・・・・・と
片時もひるむことなく憶念し続けられる優しい御名です。

いまこの時空変容の時期、
ハートコードをつねに神とつなぎ御名を唱え続けることが、
わざわざカリユガを選び生まれてきた氣高き魂たちへの
神からの慈悲あふれるギフトです。 

サイに共鳴しようと思い続けているときっとたどりつく
大変面白いブログがあります。

emoji『サイババが帰ってくるよ』というサイトです。

emoji無料で読める『ポニョ書店』も素敵です。
 

毎回リンクしておきますので、ぜひご覧ください。
ポニョさんの軽快なボケと突っ込みのトークの中に
マーヤの迷妄からの覚醒を加速させてくれるヒントがギッシリ。
楽しく笑って、正しく目覚めよう!



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[15回]

森羅万象の源であり
生きとし生けるものの根源であり
私であり、あなたである“サイ”に純粋な祈りを捧げます。



 AUM

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[8回]

春分けの中庸エネルギーサイクルを通過し、
時空はいよいよ、次元変容を始めているようです。

嵐の前の静けさ、とか
夜明け前の深い闇、とか
そういう一見静寂な現象界にみえて
実は波動は精妙に、高くなりつつあるのかもしれません。

時は来たれり、でしょうか。
何かの予感?胸騒ぎ?
いえいえ、胸の高まりといったほうがいいかも。

そろそろですか・・・・


何が?

黄金の時代の幕開けですよ。


AUM SAI RAM

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[8回]



AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

3.11.から三年。
私たちの中に目醒が起きた日、とも言い換えられるかもしれません。

肉体を離れられた犠牲者の数は、2万人近くに到達します。
津波という大自然の猛威に、人知の無力さを思い知らされました。

その前の、阪神淡路大震災では家屋や建物の崩壊や火災で
6千人を超える尊いいのちが断たれました。
天災と人災が融合した大災害が思い出されます。

しかし、犠牲者という数で見るならば、69年前の今日、3.10.東京大空襲。
一夜にして100万人を超える人々が火の海に包まれました。
単独の空襲において世界史上最大の犠牲者を出したと言われます。

そして3.13から大阪で未曾有の大空襲が始まったのです。




何かが起きるのは、因果律。
過去の想念の結果です。

起きたことをどう受け止め、意識の目醒へとつないでいくのか。
それが体験という、いのちを与えられた私たちの使命、
すなわち「いのちの使い方」です。

震災で学び体験したことが、カーラ(時間エネルギー)に流されず
鮮明に思い出されますか?その体験が活かされていますか。
なぜ大地が、海が、咆哮を上げたのか・・・・

人はエゴで動かされます。
十分満たされているはずなのに、もっと、もっとと。
大地を切り拓き、木々を押し倒し、自然を破壊し続けます。
食べられるだけの恵みが与えられているにもかかわらず
大漁を願い根こそぎ海をさらいます。

相変わらずこれを続けて行くのだとしたら
ガイアはだまっているでしょうか。

領土や利権の確保や拡大に一喜一憂し続けるならば
戦争という人災は避けられません。

繰り返し繰り返して、我々人類はここまできました。
いま、文明を終わらせるのか?
それとも覚醒し、次元を上げていくのか?

2014年は、宇宙の最後の問いかけの年となるのでしょうか。

選択は自由。神がその権限を与えてくれたのですから。
どう選択するのか、何を思い描くのか。

想念の結果が、三次元世界に顕現されるのです。



AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]