メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[77]  [75]  [74]  [73]  [65]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事は、この前にお伝えした「凛として愛」を
ご覧になってない方はスルーしてください。


FUKUSHIMAが世界に知れ渡りました。
地震や津波だけではないのです。☢核だからです。

毎日、お天氣予報のように放射能情報を氣にしています。
でも、だいじょうぶ。ただちに人体に影響ありませんから?
地球上には天然で放射能はあるわけで、氣にしすぎても?

ほんとに自然に大氣中に放射能が溢れてるのでしょうか?
それを信じてる人は、ぜひこの映像を見てください。

『世界の核実験地図』



1945年から1998年までにどれだけの核爆弾が地球上を
汚染しているかが分かります。
2053回もの核実験が行われていたのです。

アメリカ、旧ソ連、フランス、イギリス、インド、パキスタンが
地球を汚染していたのです。これでも自然だって言うのでしょうか?

今まで、広島と長崎に落とされた原爆、そしてビキニ環礁核実験、
福島やチェルノブイリで起きた原発事故くらいしか頭になかった
私たちは完全に騙されていたわけです。

考えてみてください。すでに世界はこれだけの核で
汚染されてしまっているのです。


もうすでに放射能汚染はやってしまったのですから、
今後もし大きな戦争が勃発したら核兵器を使うことを
これらの国々は躊躇なくやってしまうでしょう。



かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。
あなた方の真実を、痛みを私たちは伝えていきます。


これは「凛として愛」に込められた泉水隆一監督の
こころからの叫びであり、願いであり、
すなわち祈りなのではないでしょうか?

それはまさしく、超時空ヒーリングだと思います。
私たちが毎日の配信で続けていることと同じです。

時という流れを超え、
距離という空間を超え、
祈りたいこととは、なんでしょう?

超時空により沢山の方が
病氣や怪我など身体の不調が改善されます。
不安や心配の原因から開放されています。

病みとは闇、闇を光で照らすことことなのだと
ヴェーダの叡智は語り続けています。

だから、ヒーリングとは闇と闘うことではなく、
闇を受け入れ照らしていくだけなのだと。

これを、今一度よく噛み締めてみてみると、
私たちがやろうとしていることは、
実は、闇を光に還すこと。
光の間にある
はずすことなのだと思います。
扉をなくすこと、それは壁や境界線を
取り払うことに他なりません。

あなた私、私父、私子供、人人。
はすべての人を分け隔てます。

仕事プライベート、好き嫌い、男女、
憎しみ、希望絶望、右左、陽陰、
宗教宗教、国国、地球宇宙。

こうして見るとキリのないくらい多くの
私たちの周りをり巻いていることに氣づきます。
隔てるマーヤにり憑かれていることが分かります。

が隔てるものは相反するものです。
が入ることで生ずるものは、両極という概念です。
これが二元性というものです。

二つの目で見るものは全て二元性です。

境界をなくす、壁を取り払うということは
一元性という認識を得ることです。第三の目で見る世界。

仏陀やイエス、空海らヴェーダマスターが説くこと。
マザーテレサやガンディーが身をもって実践したこと。

「全ては一元性の世界であるのだよ、
だから中庸、好き嫌いという極に片寄らず、
真ん中で生きていきなさい」というメッセージです。

ジョンレノンのイマジン、
マイケルのヒールザワールド、
これら全部が付箋としてつながってきます。

こうちゃんが伝えたかったことの究極が
壁をぶち壊せ、境界を超えろ、という
一元性で生きていくことなんですね。

すべてはひとつナーラーヤナ。
この意味をあらためて理解しなければなりません。


闇を照らす私たちは光です。
戦うための兵器ではないのです。

照らされるのではなく、照らすのです。
あまねく一切を照らすアマテラスなのです。
それがヴィシュヌ神の遍在の愛なのです。

だから、そのために「いのち」を輝かしていけという
熱い思いを語り尽くしていったのではないでしょうか?


「凛として愛」という映画は、欧米の侵略という危機から
アジアという歴史を守りたいという思いを伝えています。

かつての日本の英霊たちは
礼・義・忠・信という侍精神、大和魂という信念により
やむなく戦いの兵器を取ったのだと思います。

しかし、たとえ正義であっても兵器は相手を殺すもの。
カーリーが持つエゴや壁を切り崩す剣は兵器ではなく光です。


ガンディーはアジア独立のために戦い破れた日本の歴史から、
戦うことからは何も得られないということの虚無を
学び尽くしたのではないでしょうか?


インドを英国支配から守り独立させるため立ち上がりましたが、
アヒムサという武器を持ち、兵器は放棄しました。


アヒムサとはサンスクリット語で非暴力ということです。
ヴェーダの叡智を武器としたのですね。

右の頬を打たれたら左の頬を差し出せという、
イエスの言葉を実践したのです。


明日死ぬと思って生きなさいという、
仏陀の「今ここ」という真理を具現したのです。

ひとつ残念なのは、ガンディーは
日本を大きく誤解されていたということ。
国交のない当時の情報伝達や欧米の偽りの報道の中では
無理はありませんが悔しい思いがします。


第二次世界大戦中、ガンディーは1942年7月26日に
「すべての日本人に」と題する以下の公開文書を発表しました。

私は、あなたがた日本人に悪意を持っているわけではありません。あなたがた日本人はアジア人のアジアという崇高な希望を持っていました。しかし、今では、それも帝国主義の野望にすぎません。そして、その野望を実現できずにアジアを解体する張本人となってしまうかもしれません。世界の列強と肩を並べたいというのが、あなたがた日本人の野望でした。しかし、中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟を結ぶことによって実現するものではないはずです。あなたがたは、いかなる訴えにも耳を傾けようとはなさらない。ただ、剣のみに耳を貸す民族と聞いています。それが大きな誤解でありますように。あなたがたの友ガンディーより。



こうちゃんは最後に、アヒムサというメッセージを残していきました。
まだまだ、学ぶことがたくさんあるぞと言われているようです。

私たち、シャクティを継承していくものは
再び学び直す時期に直面しているのだと感じます。

時代はいま風雲急を告げる様々な事変が、
劇的な時間加速とともに訪れているような氣がします。

凛とした愛で語られるように、
世界の覇権は再び日本という国に
何かを仕掛けてきているように思えるのです。

このブログに以前紹介した「地球少女アルジュナ」
もうご覧いただいたでしょうか?
バカヴァッド・ギーターのクリシュナとアルジュナの
物語を土台にしたアニメ作品です。

主人公のジュナがラージャという怪物を正義の矢で射ようとすると、
クリスが表れ、「なぜ殺す?」と問いかけ続けます。

だって・・・・・、とジュナは殺す理由を探します。
そう、我々人類という生き物は殺すことが絶対悪であると
わかっていても正当化する理由を探すのです。

だから、対極にある愛にも理由を要求するのです。

クリス、すなわちクリシュナが問いたことは、
すべてはおまえであるのだ!ということです。
殺そうとしている敵、それもお前であると言うのです。




アメリカが正義という理由の名のもとに仕掛ける侵略、
その煽りを受けて揺れ動く世界の国々。
韓国は完全にアメリカに吸収され、
中国のほこ先を日本に向ける画策を
潜在下で行なっているようです。
だから、アメリカと韓国の属国を目論む
現民主党政権はとても胡散臭く危険なのです。

中国が動けば眠れる獅子ロシアも起き出します。
イスラエル(闇の支配勢力ユダヤ)統一を目指し、
エジプトあたりから不穏な氣配が漂います。

ユダヤ支配を懸念し最期の砦となりふんばっていた
カダフィー大佐も、正義という理由で消されました。
秒読み段階に入ったのです世界は。

何の秒読みかって?
もちろんWWⅢ(第三次世界大戦)です。

凛とした愛を見れば、戦争突入直前に切迫した
日本の緊張状態がわかります。
この時期、真珠湾攻撃を指揮した山本五十六の
映画が封切られます。これもシンクロでしょうか?

マヤ暦終焉とかアセンションという言葉を
利用して、着々と準備しているWWⅢという
潮流があるのです。

本当のアセンション(次元上昇)とは、
意識のスピリチュアルごっこではなく、
繰り返されてきた殺戮、戦略の世界地図ではない
ジョンレノンのイマジンで歌われる境界のない世界。

戦いのない、慈しみの世界へ移行することであるのだと
多くの人類が氣づき、カウントダウンを始めたWWⅢを
完全回避することなのではないでしょうか?

我々にできることを始めなければなりません。
アマテラス。闇という戸を外すアヒムサという光の武器で。

迫り来る敵は私自身、鏡であるのですから。
マーヤの糸車をカタカタ回し続けていた自分という殻を
エゴの住み家である屋敷をぶち壊すホロコーストが必要です。

でも武器は持ちません。
愛だけで十分です。
ガンディーにも日本人の侍精神が届きますますように。

恐怖や怒りに目を意識を向けるのではなく
この時空が完全なる平安、シャンティな喜びで
包み込まれることに意識を向けて。

光ととともに進みましょう。
光になって進みましょう。

すべてはひとつナーラーヤナ。

ヴェーダの世界観「映画マトリックス」のエンディングテーマに
シャンティ・マントラが使われています。
この映像はクリシュナとアルジュナ、
そしてヴィシュヌ神のお姿で再現されています。




そして、ババのアサトーマ・・・・




この美しきガイアに生きる我々のすべきことは・・・




 



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[12回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]