メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[379]  [378]  [377]  [371]  [376]  [375]  [373]  [374]  [372]  [370]  [369
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地球に巨大な磁氣バブルが接近
米政府機関がインターネットに掲載した情報によると、太陽観測衛星「SOHO 」のLasco C3カメラが18日、太陽に向かって移動する変わった生成物の動きをとらえた。学者たちは今のところ、この状況が地球および地球の住民にとって現実的な脅威をもたらすか否かについて十分な情報を持っていない。学者たちが現在の情報として伝えたところによると、この生成物は巨大な磁氣バブルに似ているという。その大きさは木星よりも大きく、ブラックホールと酷似しており、太陽の光で蒸発することもないという。なお、天文学者たちは、カメラがとらえた写真について、レンズ内部の光の分散効果と似ていると主張しているという。

The Voice of Russiaより


情報源はglobalscience.ruより



そんなニュースを見てつい、バブルゥ~ ^^; 

なんだよそれ~って、


失礼 m(_ _)m 磁氣バブルでした。

磁氣バブルってコンピュータの記憶メモリーのことだと
思っていたんですが、実は以前の宇宙ニュースにこんな記事が・・・


太陽系の果ては磁氣バブルで覆われている?【2011年6月13日 NASA】
太陽系の果てを旅する探査機「ボイジャー」の送ってくるデータとシミュレーションの結果から、太陽系の果ての構造はこれまで考えられていたモデルよりももっと複雑で、磁氣の「泡」のようなものが取り巻いているらしいことがわかった。ボイジャーは現在も太陽風の速度などを計測し、その結果を地球に送信してきている。計測データから、太陽系の最遠部は磁気的な「泡」のようなものが取り巻いているらしいということがわかった。コンピューターシミュレーションによれば、この泡は直径が地球~太陽の距離と同じぐらいあり、ボイジャー1号の速度でおよそ100日程度あれば1つの泡を通過できる。おそらく1号は2007年ごろ、2号は2008年ごろに泡の領域に突入しているのではないかと考えられている。この泡はどうしてできているのか? どうやら、太陽の磁場と太陽が自転していることに関係がありそうだ。太陽は地球と同じように南北でとても巨大な磁石となっており、この磁力が太陽系を覆っていると考えられている。また太陽は自転しているため、磁力線は南北でそれぞれねじれて遠くまで広がっている。このような、ねじれて折り重なった磁場(画像2枚目)があると、磁力線がつなぎ変わる「リコネクション」という現象が発生し、それによって泡ができているのではないかと考えられている。この泡は、一番最初に太陽系外のもの(宇宙線や銀河の磁場、星間分子など)と相互作用する領域であるため、太陽系外のものが太陽系にどれだけ影響を与えているかを測る上で非常に重要である。しかし、この泡がどのような役割を果たしているか、今のところはよくわかっていない。例えば、この泡は穴だらけで宇宙線は簡単にすり抜けてしまうのか、それともその穴の中に閉じ込められてしまうのか、不明なままである。ボイジャーはこの泡について詳細なデータを送ってきてはいるが、観測される磁場は非常に弱いために、解析には時間がかかりそうだ。

AstroArtsより


太陽系の周りには、目には見えないけれど、
こんな仕組みがあったのですね。
この磁氣バブルの1つが、何らかのエネルギー変化により
大きく動き出して地球に接近してきているように見えるのかもしれません。
大きな太陽フレアみたいなものかもしれません。

あるいは、この記事のように、得体のしれない生成物となって
実際に地球に向かってきているのかもしれません。

と、思案していたら、いつもの『In Deep』さんところに詳しい分析が。
10日前のことだから、すでに地球への到達はあったようですが、
何か物理的変化は起きなかったようです。

詳細はこちら

科学者たちが「巨大な磁気の泡」と呼ぶ奇妙な太陽からの
噴出物の地球への接近。
そして、世界中に出現する「光の塔」
(In Deep)




物質界、三次元への影響はないものの、
果たしtて霊的にはどうなんでしょう?
皆さんは、何か感じられましたか?
あるいは、何か変化がありましたか?

2014年が開闢の年と言われていますから、
宇宙の仕組みが開示されるということもあるかもしれません。
宇宙はわかっていることのほうが少ないわけですから
何があっても不思議ではないわけです。

最近、UFO関連の目撃情報が増えてきたって言われますが、
自分の目で目撃したわけではないので、そこはなんとも・・・
しかし、世に叫ばれているディスクロージャー、
なんかあるのでしょうか。楽しみです。

ただ、宇宙の存在や、銀河なんとかというところとチャネリングして
ネットで流されるメッセージは、眉唾です。f^_^;

こういったチャネリング情報が胡散臭いのは
いつまでたっても、善と悪、敵と味方、
相対する一方が衰退して残ったものが救われる?なんて・・・

そして、それを、まだかまだかと待つ人達のイライラした波動
emoji
唖蝉坊の日記

流される映像も下手くそなCG加工的なものが増えているようですし、

それらがこれらが混沌と入り乱れ、怪しさ百万倍。
影でそれら情報をリークしてコントロールしている誰かがいるように
感じられるのは、私だけでしょうか。あくまでも私見、あしからずm(_ _)m

宇宙存在すべてがひとつナーラーヤナであるわけで
それらが統合に向かうカリ・ユガ以降の世界。

そのさきがけが今という時期であり
アセンション?というのも意識変革のひとつだと感じるのですが、
分裂やジャッジという概念が入ったものは
すでに偽情報である可能性が高いでしょうね。

分け隔てる、判断する、ではエデンの園を追放された
アダムとエヴァに逆戻り。善悪を知る木の実を吐き出すことが
ナーラーヤナへの帰還であると思います。

内なるアートマ(真我=神性)の目醒こそがアセンション?であるはずですが
外の世界から救いの手が差し伸べられてそれを待たなければならないと
思い込まされているようでは、意識の目醒は遠くなってしまいます。


すべてのかたの神性が目覚めますように。
AUM Namo Narayanaya


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]