メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「トータル・リコール2012」は、
以前のシュワちゃんの映画とはちょっとレベルが違う。

マッチョなアクションシーンと奇想天外な展開・・・
それはそれで面白かったけれど、この2012年版はひと味違う。

虚構の自分と真実の自己、
日々の平坦なマーヤ世界に埋没してしまった真実。
人はそれに氣づかずにいる。
だから、魂の叫びがこころの中に囁きかける。

日々の暮らし仕事の中で、
誰もがよく感じたことのある疑問。

「なんか違うんじゃないか?」
「自分は本当はこれをしたかったんだっけ?」
「漠然となんだけど、憧れる情景が浮かぶ」etc.....

こんな疑問が湧き上がる経験をしたことはないだろうか。





主人公のハウザーが、レジスタンスのリーダーに合い話す会話が
実に真理に迫る究極のエッセンスが光ることに氣づくなら
この映画の根底のテーマが読み取れるかもしれない。

「思い出したいんだ」

「なぜだ」

「本当の自分に戻るために・・・」

「人は本当の自分を知りたいと思うものだが、
その答えは過去にではなく、その人の現在に隠されている」
「誰にとってもな・・・」

「でも、過去を知れば今の自分がわかる」

「過去というものは脳が作り出したものに過ぎない。
人はそれを真実だと思い込んでしまう。
だが、こころは、いまを生きようとする。
こころを探せば、君の答えはみつかる。」




リコールといえば、ダキニカードの
50番RECALL/MEMORYが浮かぶ。
貝殻が虚空に浮かぶ意味深なミステリアスなメッセージだ。

過去を振り返りしっかり洗い出してみると、真実が見つかることもある。
経験値というのは、人類の進歩のためにある意味重要なヒントを含む
宝庫でもあるわけだが、過去とはエゴ(自我)の集大成であることも
事実である。積み重ねた自我という虚像が構築されているわけだ。

貝殻の中身はカラ(空)なのである。空っぽなのだ。

私たちが過去を振り返ったときあるそれは
貝殻(外側の事象)であることに氣付くよう促している。

本当の自分だと思っていたが、
実は貝殻という外側の自分であって中身ではない。
これは外側=真実であり、内側=真理だということを示唆する。
つまり真実と真理は別なのだ。

振り返れば確かにある。積み重ねてきた真実がたくさんある。
しかしそれが本当の自分なのか?
今一度、霊性に吟味してみる必要があるかもしれない。

このカードの啓示は、過去=殻=カラ=エゴであるという
氣付きを与えるとともに、カラ=空(くう)である内側を
見つめてみよ、と伝えようとしている。

その空=スペースこそ、すべてを生み出す根拠なのだ。
色即是空。空即是色。である。

この映画のリコールというのもそういう含みを感じさせる。

自分は本当にこのために生まれてきたのだろうか・・・



この内なる声が、魂の叫びである。
アートマ=真我の囁きかもしれない。
ある人は、それをハイヤーセルフというかもしれない。
またある人は、サムシング・グレートというかもしれない。
それは神の声であるととる人もいるかもしれない。

いづれにしても、内側からフツフツと沸き上がってくる。

何かに夢中になって忘れようとするが、
忙しくすればするほど、埋められない穴のような
空虚感や、こころ乾きを感じてしまうものなのだ。

だから、そういうときは静かにハートに耳を傾けて
じっくり聞いてやるのがいい。

その声の主は?

私?

その私って、だれ?

私とは・・・・

私がそう欲しているのであるから、
私が誰だかわかればいいのだ。


それを、ニサルガダッタ・マハラジは
『アイ・アム・ザット 私は在る』といった。





ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問い続けよと言った。
「私は誰か?」という問いで探究する知識(ジニャーナ)の道が
最も重要な方法であると。

 

私は誰か?と問い続けるならば、
ハウザーのように、ある日目覚めが起こるのだろうか?
真実と真理が違うことに氣付けるだろうか?

真実を求めていても、
答えは見つからないことに氣付けるだろうか?

AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]