メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [285]  [291]  [289]  [290]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お漬物のことを、箸休めと言ったりします。

主食とおかずの間のちょっと小休止。

a1aa2849.jpeg












食と食の間。間のことですね。

間とは間隔。この間隔のことをスペースと言います。


スペースとはこころの余裕なのです。


言葉もそうですね。

機関銃で畳み込むように次から次へと話していると間が取れません。
相手の付け入る隙をなくそうとしているのかしら?
割り込まれたら恐いのかしら?などと想像してしまいますが・・・


言葉と言葉の間に「間」をつくることが
日本流の氣(プラナー)のキャッチボール。
欧米にはこの発想がまったくないようです。

びっしりと埋め尽くされている文字を見ると
どんなに素晴しいことを綴っていても
見るほうはなんだか疲れてしまいます。

行間を読む、とか言葉と言葉の間を読むなどとも。

スペースがある会話ほど、相手のことを思いやるもの。
自分がしゃべりっぱなしになっていたら、
お漬物を思い出しましょう。
きっと、ほっ とする間が生まれるはずです。


お漬物は、こんなスペース=こころの空きを
文化として表しているのではないでしょうか。

とはいえ、お漬物はおいしい。
箸休めというよりは主菜といえるかもしれません。

83442054.jpeg



















あったかなご飯とお漬物があれば
何杯でも食べれちゃうというのが日本人なのです。

おむすびに、お漬物が添えてあったり、
中の具にお漬物が入っていたら、これはもうご馳走です。
他に何もいらない満ち足りた幸せを噛みしめることが出来ます。

自然の恵みに感謝したくなります。
結んでくれた人に感謝したくなります。


f05b1719.jpeg














そう言えば、おむすびという言霊は、合わせるということからきています。

これを『産霊』、むすひ といいます。日本古来の言霊です。
霊が産まれるのです。

男の霊が産まれると『産霊彦』むすこに、
女の霊が産まれると『産霊姫』むすめ となります。

だから、おむすびとは古来からの言霊の結晶ですね。

米という植物の霊と、それを結ぶ人の霊が合わさる瞬間、
産まれるものが『愛』というおむすびなのです。

「たまむすひ」というと、魂を結ぶという意味。

おむすびは『たまむすひ』の顕現なのです。

『わくむすび』という神様もいます。
稚産霊(日本書紀)または和久産巣日神(古事記)と書きます。
穀物の生育を司る神として祀られています。
なんだかおいしそうなお名前ですね。


ちなみに、手話表現で “おむすび” を表すと
“友だち” というカタチにそっくり。
結ぶと友だちになる、素敵な日本語ですね。


食と食の間のスペース(空)をつくるお漬物を
ご飯と合わせておむすびにする。

母なる海の幸、「塩と海苔」を巻いていただく。

おむすびとは、すごい宇宙観、自然信仰の象徴ともいえそうな
世界に誇れる大和魂の塊ではないでしょうか。

特に塩。いまの食塩は精製された不純物の多い薬品添加物ですが
昔はすべて海水を天日干しした「潮」と呼ばれるものでした。

天塩とか粗塩とよばれるものでも添加物のものは多いようです。

戦後、GHQが日本をマーケティング調査し徹底分析した結果、
日本人の忍耐や底力を形成しているものは
天然の潮であるということがわかり、すべて没収し専売公社を作りました。
いわゆる化学塩である食塩の配給を開始したのです。

それからです。高血圧という症状が日本人に現れはじめたのは。

いま再び、天然潮の素晴しさが認識されだしています。
食塩は一切摂取してはいけないが、天然の潮はたくさんとってもいい。
いや、むしろたくさん取りすぎるくらいでもいいそうです。

最近の映画『のぼうの城』の戦の最中、
一時の勝利を祝い、次なる栄喜を養うため
農民と武士がひとつになり「おむすび」を頬張るシーンがあります。

戦艦大和の「死に方用意」のすんだ後の
戦闘間際に兵士達が「おむすび」を食べるシーンも印象的でした。

大和の国の底力、パワーと忍耐の源は「おむすび」なのです。
たっぷりと天日干しの潮をまぶして手と手で結ぶ「命と祈り」の塊。
さらに潮に漬けたお漬物や、潮でつくった味噌や醤油。
母なる海の幸がふんだんに染込んだ、「愛の結晶」なのです。

日ノ本、海に浮かぶ島国『大和』。
その象徴が日の丸。すなわち潮のきいた梅干のおむすびなのです。

6af07f33.jpeg


 












おむすびみたいなウサギちゃん

 


 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]