メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渋すぎて、カッコよすぎるブラピの後でなんなんですが・・・
かっこ悪すぎる、悲しすぎる、我が日本の愚人の現実です。

目には目をでは、世界中の人の目が見えなくなってしまうと、
かのマハトマ・ガンディーが怒りの連鎖の危険性を訴えました。
ヴェーダの叡智「アヒムサ=非暴力」を身をもって実践しました。

イエスの伝えた真理も、「剣で闘うものは剣に敗れる」です。

こういう政治を一時的な怒りの代償として容認しては
立ち行かなく時代、それがカリ・ユガなのです。

闇はますます複雑に絡み合いマーヤというクモの巣を張り巡らします。

いま諦観すべきは、自分自身の高揚したこころの波動です。
乱れた波動、音楽は調律しなければ、平和というシンフォニーを
奏でることはできません。波動が乱れ低くなるのです。

戦い争い怒りは低波動中の低波動。
波動は低くなると物質として固まるのが宇宙の摂理です。
やがてアースバウンド(重力)という霊をも拘束する力となってしまいます。
それをルシファー(悪魔)といい、仏陀やイエスや空海やガンディーが、
しかと見極めるよう目醒めの必要性を説いてきたのですから。

ここまで来た闇の脅威の演説(すぐに消されてしまうかもしれません)


日本人のうっぷんを晴らすような発言は時にはよいと思うのですが
ここまでくると、やはりバックにいる勢力の強靭さが氣になります。
この御仁をも動かすチカラです。C☆A?石屋?
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]