メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年もナーラーヤナツアーに行ってまいりました。
7月13日~16日にかけて高野山で空海に参り、
奈良でこうちゃんの墓碑参り、そしてご両親へのヒーリング、
ヴィシュヌの降り立った地、信貴山参拝等・・・
盛りだくさんの行脚をさせていただきました。

そして今回は、よしこちゃんが主催される
「大阪ヒーリング交流会」が開催されるということで、
ご両親&チャオちゃん(弟さん)を連れて参加。
三重のお仲間も来てくださりさり15名(子供入れて18名)の
それは賑やかな交流会が実現されました。

ff542188.jpeg


宿坊「恵光院」の中庭は緑に包まれ絶好の瞑想空間

今回の高野山は宿坊体験もさせていただき
新たな発見もたくさん、空海をより身近に感じられる
旅となりました。奥の院近くの恵光院に泊めていただき
あ字観瞑想、精進料理、写経、朝の勤行、毘沙門天の
護摩修法と数々の新体験に加え、極めつけは奥の院ナイトツアー。

629caabd.jpeg
美しい緑に囲まれながらの写経はこころがピタッと静まり、瞑想の時間となる。


f1d7c122.jpeg精進料理もうれしいおもてなし。しかも、こんなにたくさんいただける。


宿坊のお坊さんのガイドによる夜の奥の院参りは
清らかな氣を体感できる幻想的なひとときです。
高野山にまつわるいろんなお話しも楽しく
新たな知識も学べます。

238ec179.jpeg


一の橋口から入るのが本来の参詣の道でありマナーである。

奥の院に向かう参堂の見慣れた供養塔の数々は
何か企業や有名人の宣伝塔じゃないかと思っていましたが、
今回は、空海の膝元といえるこの地になんとか供養の碑を
建てたいという多くの魂の祈りが聞こえてくるような氣がしました。

高度経済成長で発展してきた大企業の慰霊碑。
個人の慰霊ではなく、会社が成功したことへの感謝とともに
発展を支えた影に多くの魂やこころが犠牲になってきたという
思いが込められていることをお話しいただきました。

日本人には、こうした侍の魂が、空海の時代より
今に至るまでずっと根付いているのです。

2bf671ec.jpeg

蓮の華の土台の上に、地、水、火、風、空の石(意志)が積み重ねられる。
屋根のように広がる部分が手を合わせている様子を表す。


ヴェーダの根源的思想「五大元素」が
見事に空海によって再現されているのです。
地・水・火・風・空が積み重ねられた供養等、
まさにこれはこの地が光の柱を立てんとする天の御柱の地であることの証。慰霊すなわち霊=魂を癒す場所なのです。

ガーヤトリーマントラの響きが相応しいイヤシロチです。

だから、幾千の時を超えようとも
変わらず継がれてきているのでしょう。
肉体は滅び消えゆきますが霊は永遠ですから。

f710a31d.jpeg
阪神大震災の墓碑の対面威に東日本大震災の供養塔建立の予定地が準備されていました。

三途の川を渡ることを体験させる壮大な構想が
この参堂には組み込まれています。
いよいよ聖なる地に踏み入るまえの作法には
繊細な氣配りが求められます。
本来は川の水で清めてから入るのですが、
それを肩代わりしてくださる地蔵菩薩様の
足元にそそっと柄杓で水をかけて洗い清めます。
いつも、勢い良く頭からぶっかけてしまってましたm(_ _)m
でも、暑い日には、お地蔵様も氣持ちよさげです。

62d46c70.jpeg























今回は昼、夜、朝と三回も奥の院に参ることができ
たっぷりと祈り、感謝し、そして瞑想三昧できたのです。

写経もさせていただいたこともありあらためて般若心経を唱えるときに
確かな言霊の息吹に触れられたような感じです。

南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛

高野山とは山ではなく盆地のような地形です。
この奥の院を16の山々が花びらのように取り囲み
蓮の花をカタチ作っているようです。
中心に空海がいます。


時の経つのも忘れ、というか霊の世界では
時空はもともとないのですが・・・
静寂で上昇するエネルギーに意識をゆだね
高野香の香り漂う聖地にしばし共鳴する。
空という領域がとても近い場所ですね。

下界に降りると、静けさと涼しさは一氣にヒートアップ。
おお、この温度差が浮世かなと、呆然としてしまいます。
時空が明らかに違うのです。

そのままこうちゃんのご両親の元へ行きヒーリングを

翌日はご一緒にお墓にお参りに伺いました。

墓碑の真上、真っ青な青空に龍の雲が・・・
写真ではよくわからないかもしれませんが
顔があって身体や手足、しっぽとハッキリ見えました。

61f3061f.jpeg













ヒーリングの後、夕方に信貴山に行ってみようと、徒歩徒歩出かけました。

ca53a184.jpeg




信貴山に沈む太陽はヴィシュヌの光にあふれていた。だれもいない頂上の本殿前で、大声でマントラを唱えることができ爽快でした。

16日は大阪のヒーリング交流会。
この日は、こうちゃんが肉体を離れて801日目。
足して9のホーリーな日でした。

久しぶりにお目にかかるお仲間に
ハートが熱くなりました。皆さん元氣いっぱい。
これからご両親ともご縁が深まりますように(^人^)

40c48481.jpeg
15+3(子供)で総勢18名。足して9の仲間が集いました。

初めての四天王寺も炎天下に散策。
ビシュヌの太陽が降り注いでいました。

e3a61770.jpeg

今回も盛りだくさんのお導きと
様々なシンクロに感謝

そしてさらにもうひとつ、
かつてこうちゃんの祭壇ルームにいらっしゃたシルディババ、
黒マリア様の像、そして瞑想室のシヴァとパールバティのステイチュウに
久々にお目にかかれたことも驚きでした。
シヴァ神の像の前でずっとお祈りと瞑想をさせていただき、
恒例の今回の旅へのメッセージをいただきました。

07cd6cb1.jpeg
今回へのメッセージは、KがIsland of Jewels、HがThe Rose Gardenでした。
シヴァ神の膝に乗っているのは、交流会でMちゃんにお渡ししたペタライト原石。
ネガティブを取り除き薬用としても注目されているスーパーストーン。空海の奥の院、信貴山のヴィシュヌとこのシヴァの恩恵がたっぷり注入されている。首から下げて身につけるていただくため、福島のお仲間ゆうこちゃんのお母様の愛のこもった手編みの袋に入れてプレゼント。


シヴァ神は浄化と再生の神。
瞑想の神としても私たちを優しく導いてくださいます。

今回はシヴァ神がお見守りくださっていたのでしょうか。
30671c3c.jpeg


























AUM Namah Shivaya






最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]