メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国の故事「淮南子(えなんじ)」に書かれている有名な諺。
人間万事塞翁が馬・・・・じんかんばんじさいおうがうま、と読みます。
人間を「じんかん」と読むのは、日本語のにんげんという意味ではなく、
世間という風に捉えます。

この真意を本当に理解できる人がどれくらいいるでしょうか?

人間の吉凶・禍福は変転し、予測できないことのたとえ。
だから安易に喜んだり悲しむべきではないということ。

辞典で検索すると、こんな大意が書かれていますが、
ますますよくわからない曖昧模糊とした訳です。
こう言われて、「そっか、じゃあ喜ぶのを抑えよう、
あんまり深く落ち込まないようにしよう。」
…なんていう風に即座に実践できる人がいるでしょうか?


中国の北方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、
国境には城塞がありました。


ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。
この地方の馬は良い馬が多く高く売れるので、
人々は氣の毒がって老人をなぐさめに行きました。

ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」


しばらく経ったある日、逃げ出した馬が
素晴らしい駿馬をつれて帰ってきたのです。

それを知った人々が早速お祝いを言いに行くと、
老人は首を振って言いました。


「このことが災いにならないとも限らないよ。」

すると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折って
大怪我をしてしまったのです。
近所の人たちがかわいそうに思い
なぐさめに行くと、老人は平然と言いました。


「このことが幸福にならないとも限らないよ。」


1年が経ったある時、胡の異民族たちが
城塞に襲撃をしかけてきたのです。

村の若者はすべて戦いに行かなければならなくなったのです。
徴兵制ですね。(日本にも不穏な空氣が流れていますが(T_T))
胡との戦で、たくさんの尊い若い命が奪われてしまいました。
しかし、老人の息子は骨折し負傷していたので、
この戦いに行くことを免れ無事だったのです。


このような逸話から、物質的な損得を優先する
中国的発想の諺と変わっていったのでしょう。

emoji
でも、この故事の真意は違います。

『災い転じて福となす』という諺がありますが、
これとほぼ同義語ではないかと察します。
あるいは老子のTAO、無為自然の境地を顕しているのかもしれません。


ワークでお集まりいただいた方々とシェアさせていただきました
「苦しみをHappyに変える魔法のリーディング」進化篇。
ちょっと御大層な呼び方ですが、
本当にそうなっちゃうんだから仕方ありません。
emoji取り敢えずそう呼ばせていただいていましたが、
このリーディングはまさに塞翁が馬、
災い転じて福となすの宇宙摂理を具体的に私たちに
提示してくれるものだということを確信したのです。

この驚きと感動の醍醐味こそがジニャーナ(知識)探求の
サーダナなのですね。


ご参加のJちゃん(仮称)が、
お子様が学校でいじめられ辛い思いをしているということで
お知り合いのかたからご相談をうけたそうです。

さてよくある社会問題「いじめ」というテーマですが、
これはまさに塞翁が馬なのではないかと感じます。
これに氣づくか氣づかないかで運命の明暗が分かれます。

Jちゃんはこのお母様の悩みに、この魔法のリーディングが
ピッタリではないかと直感し早速と試してみたそうです。

いじめられるという禍は、本人の思いや思考にそれを吸引する
同化の波動癖があると思われます。
いじめという状況を引き寄せてしまう自分の思い癖。
パターンが潜んでいます。その連鎖を断ち切る必要があります。

それと同時にブーメラン現象、
すなわちカルマの法則が働いていることもあります。
いじめられる人は、過去、あるいは過去世にいじめる側の人間だった、
いじめる人は、いじめられた経験を持っているということです。

今回のリーディングでは、このいじめはその子の
カルマの精算なのだというメッセージが啓示されました。

いまは自分のカルマが全部燃やされているときなのだと知っていれば、
拒んだり無視したりせずに静観することができます。
だって、受け止めればすべて終わるのだから、
こんな有り難いことはありません。
過去なのか過去世なのかはわかりませんが、
因果律が終わるというのですから。

いじめという現状を許し受けれれば、
やがて救世主ともいえる救いが現われるようです。

お話を聞いているうちに、実は・・・・、
すでにその救世主は現れているようでした。
なんと、その子が昔いじめてしまった子が、
いまいじめられている自分を助けに来てくれたというではないですか。
昔いじめてしまったのにその子が、かばい慰めてくれるのです。

イエスの「汝の敵を愛せよ」ではないですか。

こんな状況が救世主として目の前に現れたら、誰だって目が醒めます。

かつて自分がしてしまったことが我が身に巡り巡って
戻ってきたんだということと、人間は理由を超えて愛せるものなのだ
という証明をその友に見せられているのですから、
もの凄い学びがここに映しだされているわけです。

お母さんは安心して見守っていてあげればいいのですね。

子供たち同志が自分たちで因果律を知り、
精算することを学んでいるのですから。

あえて子どもにアドバイスできるとしたら
「前にいじめてしまってごめんねと、ちゃんとあやまりなさい。」
「そして助けてくれたことにありがとうって感謝しなさい。」
そいうって応援してあげればいいですね。

「仲直りするのよ、そうすればそんな二人を見ている、
いまのいじめっ子も何となくわかってきて
いずれ、いじめも収まってくるから。
だから今は昔あなたがいじめたその子の氣持ちが
どんなだったかを体験するチャンスなの。
いじめられることがどんなに悲しく辛いことなのかわかれば
二度と人をいじめることができなくなるし、
いじめられてる子を見たら慰めてあげられるじゃない。」

助けに来てくれたその子は、いじめられる辛さを知ってるから
過去にいじめられたにもかかわらずそんな理屈はぜ~んぶ超えて、
許そうと、助けようと思ったのですね。

カルマの終わりの美しい姿です。


霊的に静観するならば、
運命はすでに生まれる前からプロデュースされているのです。
演じるのはあなたです。
脇役になると起こったことを苦悩として体験させられるだけになり
主役であれば自分でどうとでも演じることができるようになります。

あなたは運命という今世のステージの主役ですか?
それとも脇役?ただ見るだけの観客?どれを選択するかです。

主役ならば、運命は変えられます。
カルマを精算することができます。
因果律を終わらせることができます。

ジニャーナがやがてシッディへとつながりますように。

ちなみに「災い転じて福となす」のカードは5番Ganeshaです。
ヴェーダの始まりの神、ガネーシャ神。

あらためていうこともないですが、ポア、純粋性の象徴です。

過去というエゴのメガネでみると災いや不幸と思えるようなことも
純粋な真理で見守るならば、
大いなる恩寵の顕れであると氣づくかもしれません。

まさしく、塞翁が言った
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」です。

果報は寝て待て?ってか・・・

AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[13回]

PR
映画で、警官が犯人を追い詰め逮捕しようとするシーンで
必ず口にするコトタマが
Freeze!(フリーズ)です。

凍る、凍結、固まる、動かなくなる、錆びつくなどを意味する英語です。


警官が犯人を制圧するために「凍ったように動くな」と言っています。
魔力があるコトタマです。
ただし、拳銃を持つ社会での言葉ではありますが…





フリーズするとは、どんな状態なのでしょうか。

パソコンがフリーズしたという表現の方がわかりやすいかもしれません。
画面が止まってまったく動かなくなってしまう状態です。
こういう場合は、電源を切ってリスタートするしか手はありません。

昔は、Macで画像処理中によくフリーズしたものです。
膨大な量を長時間かけて創ってきたのに、「うわ~!!」
一瞬にしてフリーズするあの空虚感、絶句!
やってるほうが、まさにフリーズしてしまいます。

この原因はメモリー不足によるものがほとんど。
いまは、大容量メモリー搭載モデルが普及してますので
それほど頻繁なフリーズに悩まされることはないと思いますが。

ここで注視すべきは、フリーズの原因は
容量オーバーであるということに氣づくことだと感じます。

人も同じですね。
フリーズしてしまう状況というのは、
頭や経験値という考えで処理できなくなった、
処理が追いつかなくなったときに起こります。
すなわち処理能力の限界、容量オーバーなのですね。

どんなときにフリーズするのか思い出してください。

辛い出来事があったとき…emoji
悲しみにくれるとき…emoji
急所を蹴り上げられて「イテッー!」って声も出ず苦しむとき、emoji
怒りがピークに達して爆発寸前にのとき、emoji
こらえ切れない憎しみでいっぱいになったこと…emoji

こころまで凍りついたように静止してしまいます。
こういう状態をフリーズと言います。


ダキニでいえば「29 Self Preservation」です。
このカードの意味がフリーズそのものでしょう。
背景の絵もまさしくブリザード、凍てつく寒さです。
究極の困難から身を守るために自己防衛本能が起動します。
感情を止めて苦しみ悲しみを回避するのです。
そうして安全な自己という名の棺に閉じこもります。
やっかいなのは、エゴも一緒にひきつれたまま冬眠してしまうこと。
危険回避され今度目覚めたとき、エゴも一緒に目覚めてしまうのです。

このフリーズ状態は、潔癖症、完全主義の人ほど起こりやすい。
正しいと主張すればするほど、自身が外に向けての
ハートの扉を閉じてしまっていることなのだと氣付いて欲しい。
こうでなけりゃ、こうあるべき、という思いはエゴの執着なのだと
氣付いて欲しくてこのカードは現れます。
自分からこころを開いていきなさいと呼びかけています。


フリーズしてしまうと、すべては凍りつき止まるから。
あらゆる流れがストップしてしまいます。
止まるとどうなるか。当然、淀みます。
水の流れがとまると必ず濁ります。そして腐ります。

こころは流れ行くのが無為自然な状態なので
流れてさえいれば清いものなのです。

だから、いくら悲しくても辛くても
その思いを留めないために大至急、凍ったハートの扉を解凍し
外に意識を開かなければなりません。

こんなときパソコンなら、
エイッ!とリスタートかければいいけれど
まさに自分がフリーズしたとき
どう回避すればいいのでしょう。

そのリスタート方法は「呼吸」にあったのです。

フリーズ状態では必ず呼吸は…
止まっています。

呼吸が止まるから、プラナーの流れ
エネルギーの流れも止まります。
感情も一旦止まるので、人間の自己防衛本能は
フリーズして緊急回避をしようとするわけです。

これはこれでよいのですが、
私たちはそのフリーズ状態を霊体に深い傷として
残してしまいます。これがエーテル・フリーズです。
サイキック・フリーズです。
目には見えませんが、霊体が凍りついているわけです。

せっぱ詰まって頭が真っ白になったら
悲しみの極に至って絶望したら
怒り心頭でブチ切れそうなその瞬間、
自分が息を止めていることに氣づいてみましょう。

まずは、呼吸です。なにはなくとも呼吸してください。
これが緊急霊体リスタートの奥義です。

ただし、吸ってはだめ!
吸うとどうなるか?
吸えば、その苦しみの念ごと身体に吸収しようと
躍起になってしまい過呼吸となります。
過呼吸が様々なパニック障害を引き起こすから。

じゃ、どうすればいい?
「吐く」のです。吐き出してください。
吐き切ってください。

頭の中や身体中にいっぱい詰まって
メモリーオーバーになっているわけですから
これ以上吸わないで、ぜ~んぶ出しきらなければなりません。
空っぽにするわけです。

天は、空っぽのところに恩寵を注ぐから。
宇宙は真空を嫌うという摂理を持ちます。
空いたところに、新たなエネルギーが注ぎ込んでくるのです。

呼吸は、まず吐いて~、
ほっとけば吸うのは自動的に行われますから。

吐くは、「死」を意味します。
吸うは、「生」を意味します。

じゃあなぜ、死ぬのでしょう。
生ではなく死を選ぶのでしょう。

これをヴェーダ流にいうと
「人として死に、神として生まれ変わる」です。
人のエゴの得意技である頭で考えようとする性質を
一旦死なせるわけです。死ねば生まれ変わるという輪廻の法則で
再生させるわけです。しかも、神として。
神性を帯びた意識として生まれ変わらせるのです。

神性の領域には「エゴ」はまったくありません。
これを「空」と呼びます。色即是空、空即是色です。
呼吸とともに全細胞、全エネルギーも再生すると
イメージすればいいと思います。

一旦、空の中にすべてを戻し、そして蘇るのです。
黄泉がえる、黄泉(死)から帰り、お帰りなさ~い。
真新しい自分が再生されています。

古神道では、禊(みそぎ)の呼吸と言われます。
鳩尾から全部を吐き出します。どす黒いオーラも出ていきます。
そうしてゆっくり新しいプラナーを空氣とともに吸います。

呼吸という文字に秘密があります。
吸うのはわかりますが、吐くことを呼ぶと書きます。
なぜわざわざ呼ぶと言うのでしょう。
何を呼ぶのでしょう。

この答えが、フリーズのリスタートの鍵になります。



AUM
最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[4回]

より深いリーディングをするために場の設定が重要になりますが
クリスタルをその場に置くこともおススメしています。
浄化や癒やしの効果があるのはもちろんですが、
それと同時にアカーシックにつながるための
アンテナとなることがもうひとつの理由です。

発信するのはマントラという神の言語。
受信するのはプレゼントという神の恩寵。


ワークではリーディングスタンドという神様のミニ像付きの
オリジナルのアイテムを用意していますが、もちろん
お氣に入りのクリスタルでOKです。

↑ガネーシャ神と水入りエレスチャル水晶

 ↑カテドラル水晶とシヴァ神

セッションの状況に応じたクリスタル選びも
ハートを開く重要な鍵となります。

相手のかた、あるいは願いとすることと自身をつなぐために
Wトップ水晶をいつもそばに置いておくのもいいですし、
コミュニケーションを潤滑にしてくれるブルー系の石を
身につけたりするのもいいですね。

↑天然のブルートパーズ原石をヘンプ(麻ヒモ)で巻きました。

オススメなのが、ブルートパーズ。
磨かれたものは宝石として値段も高く容易に入手はできませんが。
できれば加工品ではなく原石がいいと思います。
アクセサリー用は、人工的に放射線を当てて
色を濃いブルーにしたものがほとんどです。
天然の淡い水色のものがいいですね。好みにもよりますが。
第五チャクラを優しく洗い流す天然水のようなイメージでしょうか。

セレスタイト(天青石)も天使とつながる石として愛好されています。

レムリアンシードもよく使います。
バーコードのようなシマシマが刻まれた水晶です。
アカーシックレコードにアクセスしやすくしてくれるといわれます。
↑珍しいレムリアンシードのWトップ

次元突破の強い味方、ファントム水晶もお氣に入りです。
超えられない壁や限界などないんだということを教えてくれます。

↑ラクシュミ神とダイヤモンドウインドゥ入りタンジェローズ・レムリアン

↑サラスワティ神とファントム(幻影水晶)クリスタルの12面カットワンド

↑おまけ;ヘンプ(麻)のミサンガ。ॐ やガネーシャ神のお守り。

クリスタルは、人や植物同様に生きています。
モノとして固定されたものではなく成長を続けています。
幾百、幾千万年の歳月を生き続け、その時代の波動を学び
記憶し続け、正確無比に波動を伝える水晶たち。
地球の大先輩たちは私たち人類と同じなのにエゴがまったくありません。
だから透明なのです。だから、波動シンクロでアカーシックに
アクセスできるのです。だから、使わせていただくのです。

エゴのない領域、シュニヤータに共鳴するために。
シンクロニシティのパートナーでありアンテナである
クリスタルたちに感謝いたします。

AUM




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[3回]

 http://digi1.yutorilife.com/p_fuji.html

美しい『逆さ富士』です。

明鏡止水の境地。
ダキニカードの6番、Wish Fulfilling Gemで顕されます。
こころの鏡、もっと掘り下げるならば深層意識、アラヤ識。



現象界に起こってしまったことに意識を合わせていると
目の前の事象に振り回され続けてしまいます。
運命の好転や、症状の回復には結びつきにくい状況に陥ります。

もし、本当にそう願うのなら、
そうなりたいと懇願するのならば、
外側に対して意識のスポットライトを当てるのではなく
こころの深奥にある湖面の鏡を静かに見つめなさいということ。

その鏡に、こうしたい、こうなりたいことを静かに映すのです。


Photo: Bigstock / gvictoria

でも多くの人は、「できっこないよ」とか
「どうせ私なんかにゃ…」とか
「そんなこと不可能だし…」とか云々。
そういう疑心暗鬼の想念で、湖面の鏡自体を波立たせてしまいます。

すると、どうでしょう。

波立って歪んだカタチに映り込んだ願いが
そのまま叶ってしまうという結果に。
これが、願望成就のしくみです。



言い換えるならば、すべての人のすべての願いは
叶い続けているということ。

私たちは、それに氣づかずに、
願いが叶わないことを呪っているのです。

とっくに、叶っているのに。
私なんかに叶いっこないよ、という
こころの想いの通りの現実が訪れているのに。

波紋が景色を不明にします。
波紋とは、不安や恐れ、怒りや憎しみといった感情です。

波紋が波紋を生み、連鎖して湖面全体の風景を変えてしまいます。
すでにそれは鏡ではなく、別の景色が現われる、
まさにもうひとつの次元、パラレルワールドを選択してしまったのです。



想念、こころの想いが創りだしてしまったものが
潜在意識の湖面に映し出され、やがて現実に訪れるという仕組みです。


だから、怖いのです。
だから、明鏡止水の境地が大切なのです。



世界各地の水面に写る風景が美しいので
転載させていただきました。
天地シンメトリーのまさに明鏡止水の風景です。
都市の写真、とりわけ夜景は美しいですが、
やはり最初の逆さ富士のような自然の美にはかないません。

Ghost Riponの屋形より 転載)


Photo: Bigstock / Swartz Photography

 
Photo: Bigstock / Zigi


こころの奥の湖面を波立たせず
鏡のようにあるがままに願いを映すことができたのなら
必ずそれが、外の現象界に顕れてくる摂理を理解したいものです。

2013年という開闢の年も、余すところ一ヶ月余。
時空変化のゲートをくぐり、世界は2014年の夜明けに向かいます。

騒がしく不穏な世界の景色に囚われるのはやめて
内なるこころの湖面を浄化し、静寂にしましょう。

そこに何を映すか?
はたまた何が写るか?
シャンティにして静観してみましょう。

それが、自分の、そして世界の未来なのですから。



AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

映画「トータル・リコール2012」は、
以前のシュワちゃんの映画とはちょっとレベルが違う。

マッチョなアクションシーンと奇想天外な展開・・・
それはそれで面白かったけれど、この2012年版はひと味違う。

虚構の自分と真実の自己、
日々の平坦なマーヤ世界に埋没してしまった真実。
人はそれに氣づかずにいる。
だから、魂の叫びがこころの中に囁きかける。

日々の暮らし仕事の中で、
誰もがよく感じたことのある疑問。

「なんか違うんじゃないか?」
「自分は本当はこれをしたかったんだっけ?」
「漠然となんだけど、憧れる情景が浮かぶ」etc.....

こんな疑問が湧き上がる経験をしたことはないだろうか。





主人公のハウザーが、レジスタンスのリーダーに合い話す会話が
実に真理に迫る究極のエッセンスが光ることに氣づくなら
この映画の根底のテーマが読み取れるかもしれない。

「思い出したいんだ」

「なぜだ」

「本当の自分に戻るために・・・」

「人は本当の自分を知りたいと思うものだが、
その答えは過去にではなく、その人の現在に隠されている」
「誰にとってもな・・・」

「でも、過去を知れば今の自分がわかる」

「過去というものは脳が作り出したものに過ぎない。
人はそれを真実だと思い込んでしまう。
だが、こころは、いまを生きようとする。
こころを探せば、君の答えはみつかる。」




リコールといえば、ダキニカードの
50番RECALL/MEMORYが浮かぶ。
貝殻が虚空に浮かぶ意味深なミステリアスなメッセージだ。

過去を振り返りしっかり洗い出してみると、真実が見つかることもある。
経験値というのは、人類の進歩のためにある意味重要なヒントを含む
宝庫でもあるわけだが、過去とはエゴ(自我)の集大成であることも
事実である。積み重ねた自我という虚像が構築されているわけだ。

貝殻の中身はカラ(空)なのである。空っぽなのだ。

私たちが過去を振り返ったときあるそれは
貝殻(外側の事象)であることに氣付くよう促している。

本当の自分だと思っていたが、
実は貝殻という外側の自分であって中身ではない。
これは外側=真実であり、内側=真理だということを示唆する。
つまり真実と真理は別なのだ。

振り返れば確かにある。積み重ねてきた真実がたくさんある。
しかしそれが本当の自分なのか?
今一度、霊性に吟味してみる必要があるかもしれない。

このカードの啓示は、過去=殻=カラ=エゴであるという
氣付きを与えるとともに、カラ=空(くう)である内側を
見つめてみよ、と伝えようとしている。

その空=スペースこそ、すべてを生み出す根拠なのだ。
色即是空。空即是色。である。

この映画のリコールというのもそういう含みを感じさせる。

自分は本当にこのために生まれてきたのだろうか・・・



この内なる声が、魂の叫びである。
アートマ=真我の囁きかもしれない。
ある人は、それをハイヤーセルフというかもしれない。
またある人は、サムシング・グレートというかもしれない。
それは神の声であるととる人もいるかもしれない。

いづれにしても、内側からフツフツと沸き上がってくる。

何かに夢中になって忘れようとするが、
忙しくすればするほど、埋められない穴のような
空虚感や、こころ乾きを感じてしまうものなのだ。

だから、そういうときは静かにハートに耳を傾けて
じっくり聞いてやるのがいい。

その声の主は?

私?

その私って、だれ?

私とは・・・・

私がそう欲しているのであるから、
私が誰だかわかればいいのだ。


それを、ニサルガダッタ・マハラジは
『アイ・アム・ザット 私は在る』といった。





ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問い続けよと言った。
「私は誰か?」という問いで探究する知識(ジニャーナ)の道が
最も重要な方法であると。

 

私は誰か?と問い続けるならば、
ハウザーのように、ある日目覚めが起こるのだろうか?
真実と真理が違うことに氣付けるだろうか?

真実を求めていても、
答えは見つからないことに氣付けるだろうか?

AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

ジョーブラックをよろしく

何度観てもこころに響く映画です。

いのち、生きることの尊さを美しい映像と音楽、

そして秀逸な俳優たちで演じた名作です。
アンソニー・ホプキンスはやっぱり名優ですね☆

ブラッド・ピット演じるジョー・ブラック。
ブラックとは、闇。人にとっての闇とは、「死」です。
死ぬことの恐怖が、私たちに執着や苦しみを生み出します。

死を、人生の終わりの忌まわしきものとしてとるか
肉体を脱ぎ自分の本質『霊』の目覚めと受け止めるかで
人のラストシーンの輝きはこんなにも違うんだよと感じます。

死を喜びと感謝に溢れる瞬間として寛容できるならば、
その人の生=人生はとても素晴しいものへと昇華するのです。

死の瞬間、バラ色の光輝に包まれているのなら
この人生のなんと素晴しきことか・・・

What a Wonderful World「この素晴らしき世界」


人生最後の誕生パーティ会場でスピーチが終わり
娘達との抱擁、そして最愛の娘とのラストダンス (ToT)・・・・

そのシーンに響くルイアームストロングのこの名曲が印象的、グッときます。

そしてこの世の見納めの景色を眺めながら
ビル・パリッシュとジョー・ブラックの最後の会話・・・・

ビル・パリッシュ  「去りがたい?・・・・」

ジョー・ブラック  「・・・・・・、去りがたい。」

ビル 「それが“生”というものだ。」(That's Life)

このシーンで思い出すのは、
仏陀(釈迦)と弟子のアーナンダの会話です。
まるでそっくりなのです。

釈迦が間もなくこの世を去ることを予期していたとき
ヴェーサーリーの町をふり返り
「アーナンダよ、これがこの町の見納めになるだろう。」

「この世は美しい。人のいのちは甘美なものだ。」

この世とはすべて苦であるというのが釈迦の教えです。
なのに釈迦は最後に、この世は素晴しく去りがたいものだと
アーナンダにつぶやいたのでした。


私たちの目の前の世界や出会いや出来事のすべてを

薔薇の花としてとるか、薔薇の棘としてとるか。
それがダキニカードの52番 『The Rose Garden』 です。

過去の出来事や体験。
それらが未来へのジャッジとなり、その人生を決定してしてしまいます。

例えば、恋愛。

辛い別れをしたとしましょう。
原因は相手にあってとても悲しい思いをさせられたとします。

悪いのはもちろんその相手なのですが、
でも、あなたはその人を愛しましたよね。
愛することで、素晴しい日々を、たくさんのときめきを
いただいたことも事実なのです。

悲しい出来事は、薔薇でいえばトゲの部分。
ハートにチクチク痛いです。emoji
思い出しただけでも怒りが込み上げてきます。

もしあなたが、その人との恋愛の記憶をトゲとして捉え、
そう思い込み続けるならば、おそらくあなたは、
次に訪れる出会いの相手に対し こころの奥底で、
トゲを見て警戒してしまい信頼できないことになります。

トゲのままの恋愛観を引きずると
次の恋愛も、何らかのトゲなる状況を引き寄せます。

宇宙はそういう仕組みになっているのです。


でも、あなたが、苦しく悲しかったその恋愛を
楽しく幸せだったことのみに意識を合わせ
私をときめかせ、花として咲かせてくれたことに感謝して
恨みや憎しみを完全に放棄したのならば・・・・、
あなたの恋愛の想い出は「薔薇薗」ローズガーデンになります。

すると・・・・

この次の恋愛も、薔薇の花の部分から始まるという
仕組みになっているのです。

この宇宙摂理は、恋愛に限らず、
仕事や社会の出会いすべてに通じます。

花としてとるならば、その人の生と死はすべて

『 What a Wonderful World 』 なのです。


What a Wonderful World ~この素晴らしき世界~
ルイ・アームストロング

I see trees of green, red roses too
I see them bloom for me and you
And I think to myself, what a wonderful world
I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day, the dark sacred night
And I think to myself, what a wonderful world
The colors of the rainbow, so pretty in the sky
Are also on the faces of people going by
I see friends shaking hands, saying how do you do
They're really saying, I love you
I hear babies cry, I watch them grow
They'll learn much more than I'll ever know
And I think to myself, what a wonderful world
Yes, I think to myself, what a wonderful world

木々は緑色に、赤いバラはまた、私やあなたのために花を咲かせ
そして、わたしの心に沁みてゆく。何と素晴らしい世界だろう。
空は青く、雪は白く、輝かしい祝福の日には、神聖な夜と
そして、わたしの心に沁みてゆく。何と素晴らしい世界だろう。
空にはとてもきれいな虹がかかり
また人々は通り過ぎながら、はじめましてと言ったり
友達が握手したりしているのを見かける。
彼らは心から「愛しているよ」と言い
赤ん坊が泣くのを聞いたり、成長してゆくのを見る。
彼らは私よりも遥かに多くのことを学び、知ってゆくだろう。
そして、私は心の中で思う。何と素晴らしい世界なんだろう。
そうさ、私は心の中で祈っている。
何て素晴らしい世界なんだろう。


それでは、しみじみルイアームストロングを・・・

 AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[11回]

月の引力が最も強くなる満月。

4d544563.jpeg























ヒーリングエネルギーも最高潮になります。

シャクティでたっぷり満たしてください。

チャンドラ(月)マントラをご存知なら、ぜひ。
リンガムの印を結び、癒しを必要とするかたにその先端を向けます。
ソーマ(神酒)が注がれていきます。
この聖なる酔いは、痛みや悲しみなど、あらゆる苦痛を和らげてくれます。
脳内麻薬(βエンドルフィン)の活性化を促し鎮静作用とともに
幸福感を高めてくれます。

喜び、笑顔、幸せ、満足感、そして感謝。
そういう幸福感は、怒り恐怖などで下がってしまった波動を高めてくれます。
波動が低いとすべては硬く物質化し流動性がなくなり、身動きがとれなくなります。

病気は身体の中のリンパや血液、プラナーの流れが滞ることにより引き起こされます。
不幸という現象も運命という潮流が滞り濁って淀むことなのでしょう。

だから苦しみ悲しみは闘うものではなく、流動力をアップさせるために
ただ波動を高めればいいということにつながります。

月の引力もしかり。
この引っ張る力が、私たちの母なるガイアと共鳴しあい、
人は動物は立って歩くことができ、花々や樹木も
天に向かってそびえることができます。

昔どこかの占い師が月を見ると運勢がさがるとおっしゃっていましたが
それはいかがななる発想なのでしょうか?不思議です。
運勢とは運の流れの勢いのこと。だから流れを止めたらだめなのです。
月は流れを波動やプラナーも引き上げてくれるのだから
むしろ月に感謝しその美しき光に身体をいっぱい浸したいですね。

あらゆるものを成長さす力が月に秘められています。
クリスタルが天に向かいトップを形成するのもこの力。
そういえば、クリスタルたちも月光浴が大好きですね。
セレスタイトや、ブルートパーズ、アクアマリン、ラリマーなど
月系の石たちはむしろ太陽よりも月光浴のほうが適しています。


8f6be931.jpeg




















スクスク上に向かって成長していくものは
螺旋構造のエネルギーをしています。
人も植物もクリスタルも螺旋で伸びます。

8001b375.jpeg


















ダキニでいうと53番 TREE SPIRIT/YAKSHI

このカードは樹の精霊、ヤクシを表します。
すくすくと成長することを象徴しています。
その力こそ月の引力であると言っています。

引っ張りあげる力、それが成長を促すということ。

成長のカードですから、もちろん男性性を表します。

伸びなさい、育みなさい、進みなさいと
背中をポンと後押ししてくれるカードです。


ただし、この伸びる力は女性性の象徴、陰の力でもある
月があってのことだとよと語りかけています。

月の満ち欠けが海の満潮干潮に影響します。
それと同じように女性に月経という月のサイクルを生み出します。

1年は本来は13ヶ月だというのは月のサイクルだからです。
陰の力が、陽である成長するエネルギーを支えているのです。

この大木が伸び成長できるのも、月のサイクルに身をゆだね
無為自然、泰然自若としているからだとこのカードは教えます。

運命や困難、闇(病み)とは闘うものではなく
泰然自若として大いなる流れに身を委ねよというメッセージ。

陰と陽のバランス、共鳴を大切にすることが
ヤクシの精霊の力を引き出ししてくれるのです。


そういえば、チャンドラ・マントラも
アルダーナリシュワラに捧げるもの。

53c3e2cb.jpeg

































シヴァ神とパールバティ女神の合体神です。

男性性と女性性の結合を顕しています。

内なる結婚といいます。

自分の中の男性性=成長する力、前に出るエネルギーと
女性性=受容、寛容、許し、そしてなにがあっても待てる力。
その陰陽が合わさることを内なる結婚といいます。

満月のエネルギーはこういう変化変容を
静かに私たちの中にもたらしてくれているのです。

波立たぬ静かな自分のこころの湖に満月を映しなさい。
それを『明鏡止水』の境地というのですよと、
道元禅師は教えてくださいます。

道元禅師の満月を通しての命がけの説法
北条時頼との名シーンです。満月が美しい。

「清浄潔白、満足無欠。あなたのこころの中にある月こそ仏性なのです。」
 

明鏡止水とはまさしく、ヤクシ、
泰然自若とした生き方を示しています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

Blow Your Mind

ぶっ飛ばしてよいのは、人間のマインド(エゴ)なのだ。
我欲がどれだけのものを生み、どれだけのものを殺してきたか。
人類の歴史を振り返っても明らかである。

a4a81f94.jpeg



















欲望が生産性を生み出し、発展成長を促すことは間違いはない。
しかし、その対極のダークサイドは破壊と殺戮の歴史である。

生み出したものと抹殺したもの、
果たしてどちらが多いのか比べてみたことがあるだろうか。

近代の物理的発展の陰に潜む膨大な破壊はすさまじい。
開拓、開発というポジティブ?な幻想(マーヤ)が
いかにこの地球という大地を破壊してきたか
この先、人類は顧みることがあるのだろうか。

ガイアは言うまでもなく生命体であるわけだが、
自然を破壊し住まわせていただけているだけでも畏れ多いことだと感じるのだが、
より便利さを追求し、より多くを求め、過ぎた快適さを実現しようと躍起になる
人類の進化欲はとどまることを知らないかのように突き進んでいる。

マインドとは、思考である。
頭=脳みそで考えること。すなわち、過去のデータ集積の解析である。
エゴというものは過去でできているといっても加減ではない。

~だからこうなのだ。
~したらよかったのに。
~ならばできるのに。
~してくれたら愛せるのに・・・

~とは、理由である。
思考は絶対に理由を越えられない。

理由を超えることのできるものは、愛のみである。

いま、理由を越えて動けるという意識が私達の中に芽生えているだろうか。
経済というマーヤに完全に結束され、いつしか、生きる術の核心は
神(愛)から、紙(お金)へと移行してしまったのか。
太古の預言通りに、カリ・ユガ時代へと変遷してしまったのか。

ヴェーダが預言したことがいままさに現実として顕われてきた。

人類は運命連続体である。
そして共有している時や空間も同じく、時空連続体を生きているのであり、
その中での調和を探し出すことが共存、共栄なのだと感じるのだ。

しかし、我欲はそうは問屋が卸さない。
ここは私の、
我々の、
これは俺の。

マインドは分断がお好き。
思考は選別や選択を求める。
二元性の世界を創造するのがお上手。

その意識の拡大した先にあるものが、『戦争』である。
意識も連続体であり途切れることはない。

いまは些細なことかもしれない。
でもその先には、やがて地球を壊滅させるだけの
世界大戦という危機をはらんでいるわけだ。
 

bac12539.jpeg



























その最たるものが核兵器である。
限られた大地のなかで共存しているはずの人類が保有している核兵器は
何を意図して待機しているのだろうか。

原子力発電というカモフラージュによるウランやプルトニウムの温存を
必死でやろうとしている人々は、その先に何を創造し、
何を破壊しようとしているのだろうか。
世界の核弾頭の保有数をみると鳥肌が立つ。

a537968f.jpeg































この数値はかなりいいかげんで、実際はこれをはるかに超えるであろう。

ちょっとタイムリーなので、この有名な映像を。

大隕石が落ちてきたらどうなるかという、そういう起きもしない確率について
・・・・・っておっしゃいますが、隕石がいまたくさん地球に接近していますよね。

 



彗星や惑星接近も騒がれてるじゃないか。
惑星接近やUFOディスクロージャーも否定するか。
日本の頭脳の最先端である東大のセンセイからしてこれである。
 


この映像を再度ご覧いただきたい。世界の核爆弾の使用年表である。
これまで人類がいかに地球を核という危機で汚染してきたがわかる。
実はもうすでに取り返しのつかないことをしてしまったのかもしれない。
1945年のトリニティ(人類初の核実験)の現場は
いまだに高放射線量で人が近づけないというじゃないか。

ええ~っ!じゃあ、ヒロシマ、ナガサキはどうなの?フクシマは?

実は、放射能というのは自然の状態であるものだよって、あんた。
それって核実験で世界中にばら撒いてしまって消すことのできなくなってしまった結果を
もみ消すための軍産複合体の言い訳(カモフラージュ)だったのである。
 


いまや原子力エネルギーという発想は過去の産物。
すでに様々なエネルギー開発は潜在下で行われているという。
いわゆるフリーエネルギーの時代がもうすでに到来しつつあるのにもかかわらず、
原発を温存しているのは、核抑止力という名の戦力誇示にすぎない。
想像するに利権(お金)と、戦争(軍産)への欲が渦巻いていることぐらい
子供でもわかることである。マスゴミ洗脳さえなかったらとっくに終結しているはず。

ガイアという女神は、私たちを生かすだけの与えつくしをしてきた。
感謝と畏敬の念で与えられただけを受け止めていれば充分なはずである。

しかし、身の危険を感じた大地はどうだろう。
住まわせている生命体が自虐的な破壊を繰り返しているのだから、
たとえ優しく愛おしくみつめていても、いつかは目覚めてもらうため
慈悲からのふるいにかけなくてはならないところまで追い詰められているだろう。

そうさせないでくれというたなごころが
地震や噴火や嵐という自然現象なのかもしれない。
自浄作用という言い方もあるだろうが、
大地を震わせ身震いしているガイアの嗚咽とも感じ取れる。
箱根山でも噴火の兆候である山体膨張現象が観測され、
震度5をはじめ1000回を越える地震が観測されているようだ。

その延長線上には富士山がひかえているのだ。

大荒れの世界の異常気象(ようこそ!! 浅川嘉富の世界へ)

エトナ山が大爆発しそうです! (日本や世界や宇宙の動向)

52f1d597.jpeg










時空連続体に生きる我々は、運命連続体である。
連続体とは、切れ間がないということである。
つながっているのであるから、我欲という
切断のハサミで切り刻むことはできない。
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]

先日の光のサットヴァ・ワークにサポートありがとうございました。
ご参加いただきました方には重ねて御礼申し上げます。
言葉ではお伝えしきれませんが、とても濃密な場を過ごさせていただけました。

感謝感謝感謝

会場にシヴァ神のスタチュウお持ちしました AUM Namah ShivayaΨ(*^o^*)Ψ

数日前に、祭壇室でマントラ捧げているときにシヴァ神の内側から光りが
シヴァ・シャクティでしょうか。今回もたくさんの恩恵をいただけたような氣がします。


カルマやトラウマ、過去のいらないものを焼き尽くす眉間のヒーリングを実習。

叶えられなかった想いや、達成できなかった情念などのエネルギーが
凝固して残ったままになっているのが『カルマ』の実体です。

固まってしまったエネルギーが原因ならば、エネルギーを消すのではなく
固まってしまったものをほぐし解放してあげればいいのです。

凍り付いてしまった水道管を溶かすのは、暖かなお湯。
シヴァ・シャクティとは、そういうエネルギー変換なのでしょう。
優しく見つめることが意識を注ぐことになります。
意識=光=熱エネルギーですから、これが物理的な真相なのですね。

過去の惨めさや後悔や自己憐憫とは、闘ってもどうしようもありません。
だってもともと実体がないのですから、光で解放することしかできないのです。


さてさて、前半にリーディングのフォローをやりましたが、
皆さん読みや設定がさらに深まりましたでしょうか。

静岡の沼津ワークの流れから、松蔭寺へとつながり
タイムリーな白隠展とさらにリンクして、とても深い学びをシェアできました。

“スタスタ坊主”のあのユーモアが、実は布袋様であり、寿=喜びを配る姿であるということが
カードでいえば『18番のSoma』とリンクするのではないかという氣づきに結びつきました。

笑顔は喜びです。スタスタ坊主のごとくに、たくさんのかたに笑いという福を届けたいですね。

29bf0ad2.jpeg













サンスクリット語の『ディアーナ』が、中国に渡り、『禅那』と訳されました。
それが日本の『禅』の語源になります。

ディアーナとはディーアン。
からだとこころと魂が完全にひとつになっている状態のことです。
自分の中心が微動だぜず完全にピタっと定まっていること=禅定。
完全なる平安状態のことをさします。
禅定の『定』とは、身・息・心が完全に統一された状態をさします。
サンスクリット語の『サマディー』『三昧』を意味しています。

インドの聖者『達磨』が中国に伝えたのが『禅那』の教えなのです。
禅那とは「静慮(じょうりょ)」と訳され
『心を静めて自己を見極め、真理を慮(おもんばか)る』ことを意味します。

中国の洞山良价から道元禅師が伝えられたものが曹洞宗として
臨済義玄から栄西禅師が学んだものが臨済宗として日本に残ります。

インドのヴェーダが中国経由で伝わったものが禅仏教なのです。

白隠禅師の禅は臨済宗の流れを汲むものなのですが、
白隠さんは大悟後の修行という偉業を成し遂げ今に至るまで
多くの教えが威光をはなっています。
悟ったあとこそ修行なのだと・・・・すごい事です。

白隠さんの禅画で有名な『すたすた坊主』が
Somaを語るのに素晴しい題材となりました。


そしてもう一つ片手を描いた禅画がありますが、
これが禅の有名な公案の『隻手の声』を表しています。
隻手の声を発案したのが、白隠禅師だったのです

be42c394.jpeg















両手で拍手を打てば、パチンと音がするが、
片手の音はいかなる音がするや!


この問いに、皆さんは、どうお答えになりますでしょうか?


まずはご自分の内なる声に聞いてみてください。
どんな、音がしますでしょうか?片手の音は・・・・

リーディングのインスピレーションの訓練にもなると
今回もご参加のかたに伺ってみました。

ヴェーダ流に言うならば、『55 Totally Bananas』でしょうか?

281e7b52.jpeg


















熟したバナナ。完熟バナナです。

裸の男女はアダムとエヴァ。
裸でいることが恥ずかしいと思わなかった原初の人類を象徴しています。

あなたは自分を隠そうとしないで生きられるんだよ、というメッセージが込められています。

裸の自分を生きる、裸の自分を見せるということに、
キャー(((((( ;゚Д゚))))) エッチ~、なんておっしゃらずに (人´∀`*)

エゴという一皮を剥いて、
本来のあなたのこころの声を聞いてみよと言っているのです。
こころの解放、本当の自分の顕現を意味しています。
いつまでもマーヤでひた隠しにしていないで、
本来の自分をさらけ出せ!ということでしょうか。

それは、内なる声を聞くということでしょうか。
魂の叫びとの迎合、拍手ですね。
これが神人合一、梵我一如の真意でしょうか。

隻手、片手をあなたなら何と響かせますか?

憎しみや怒りの音がしますか?
優しさや思いやりの音がしますか?

愛おしい人の手と打ち鳴らせば愛の音が響きます。
嫌な相手、苦手な人となら、痛い音が響くかもしれません。

四苦八苦の響きがしますか?
人として逃れられない苦しみ『生老病死』でしょうか。
愛するものと別れる苦しみ 「愛別離苦」でしょうか。
あるいは、忌み嫌うものと出会う苦しみ「怨憎会苦」、
求めるものが得られない苦しみ「求不得苦」、
色・受・想・行・識(五薀)に執着する苦しみ「五陰盛苦」ですか。

皆さんも、もっといろいろなインスピレーションが湧くと思います。

音なき音を、ダキニカードと照らし合わせてみてください。
きっと、あなたなりの音がカードを通して響いてくるはずです。

実はこれが、リーディング辞書の作り方の奥義なのですが・・・


うまく読めるかなぁ?ちゃんとできるかなぁ?

あるいは自分なんてダメだからという自己嫌悪や、
どう見られるかというのは究極のエゴ。

リーディングを邪魔する最悪のパターンです。

その意識を高め、あらゆる状況においてこころを揺らがせない
ディアンの境地、禅定の意識こそリーディングの真骨頂であるのです。

外側の嵐と同化しない、
感情と同化しない、
判断(ジャッジ)するとは
自分のエゴを物差しとして推し量っていることに他なりません。

禅定とは、感情を押し殺し、思考を停止することではなく、
あるがままの状況を諦観し、一方向の選別(二元性)の色眼鏡で
本来のそのものや、人を見ないことなのです。

最後に、このカードの読みは?
何の設定かは、ご参加のかたにしかわかりませんが・・・・

4822d0bd.jpeg

































答えは隻手の音のごとく、ヒ・ミ・ツです。



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[6回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]