メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サムシンググレートの村上博士のお話。
なぜかシャクティ☆プラネットのワークでも
リンクすることが多いですね。
ダライラマ護国寺の法要の受付けでも
お元氣なお姿を拝見できましたし、
映画「SWITCH」もみんなで一緒に鑑賞しました。

村上博士の「笑いが遺伝子のスイッチをONにする」というお話しが
日々の暮らしの中で大きく私たちの支えになります。

今回はまたまた村上博士がご登場の新作映画のご案内。
今度は、「祈り」が遺伝子に関わるというまさに
ヴェーダの核心にせまる内容ではないかと
いまから楽しみになります。

ed0ef6f1.jpeg









それでは、まずは予告編から・・・・
「祈り~サムシンググレートとの対話~」予告編




太古の昔から人類は祈り続けてきた。日本でもお正月には
毎年9000万人以上の人々が初詣に祈りを捧げている。
今、この祈りに科学のメスが入り始めている。
その研究の最先端を欧米の科学者達と共にDNA研究の権威、
筑波大学名誉教授 村上和雄氏が解き明かしていく。
これは世界中の叡智からの新時代への提言である。

筑波大学名誉教授、村上和雄博士は、
「心と遺伝子研究会」を立ち上げ、
心の働きが遺伝子に影響を与える事を確かめている。
中でも「笑い」が眠っている遺伝子をオンに変える事が証明された。
その他にも、「愛」や「感動」などのポジティブな心の働きが
眠っている遺伝子をオンに変え、
「祈り」が遺伝子に影響を与える事を研究している。

村上和雄氏と共に、ホリスティック医学の権威
ディーパック・チョプラ博士、細胞生物学者ブルース・リプトン教授、
祈りを含めた意識研究を科学雑誌に発表し続けている
ジャーナリスト、リン・マクタガート女史などが登場し、
「祈り」を含めた意識研究の最先端を明らかにしていく。



蒼々たる面々の登場。ほ~らみんなも見たくなったでしょ?
この映画を創ったのは白鳥 哲監督。「魂の教育」など、
こころや精神の目に見えない世界に挑戦し続ける稀少な存在です。
その監督が自ら「祈り」について解説していますのでご覧ください。


白鳥 哲監督:2006年劇場公開作品「ストーンエイジ」ではひきこもりを取り上げ、2008年劇場公開作品「魂の教育」では右脳開発児童教育の第一人者故七田眞氏を、2010年劇場公開作品「不食の時代」では青汁一杯で15年吸誇示ている鍼灸師、森美智代さんを取り上げ、インパクトある問題提議を続けている。 2012年にはこれまで誰も映画で取り上げた事のない「祈り」を真正面から取り上げ問題提起をしている。


「祈りは時空を超えて変化を与える。」白鳥哲



映画「ストーンエイジ」予告編 2006年



映画「魂の教育」予告編 2008年



映画「祈り ~サムシンググレートとの対話~」公式サイト

公開は今秋9月です。
楽しみですね



 

 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[14回]

PR
るいるいサンタ主催の
岩手・宮城・福島の方々のこころの支援企画
みんなカレンダーへご参加ください。

一万人と夢でつながるペン友プロジェクトです。

ba33f9dd.jpegクリックで拡大








fc6ec8a1.jpegクリックで拡大











 

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[0回]

福島のシャクティ仲間がワークに参加していただけるのが
とってもうれしいです。元氣な笑顔を見るたび癒されますね。

3.11以降、福島には劇的な変化があったことを
彼女達の体験やリアルな言葉で伺うたびに現実として
私たちも学ばせていただいているという共有意識が持てます。

最近は、福島がちょっとバブルに沸いているようです。
義援金や復興資金が地元に届くことは素晴しいこと。
しかし、住むところもままならず、職もなく、
そういう状況に無計画にお金がばら撒かれている氣配があり
案の定、パチンコや飲み屋、キャバクラ、タクシー、買い物が繁盛したりで
ひところのバブル時代の様相を呈している感じです。

人は、苦しみのどん底のとき、神に頼み、奇蹟を体験するのだと思います。
宇宙は、神につながることを体験させるために時に、試練のような
采配をします。リーラと呼ばれるものでしょう。
すべてを失って初めて、なにが一番大切だったかに氣づきます。

絆という言葉がどれだけあの場を席捲したでしょう。
絆の言霊は本来、犬や馬を繋ぎとめておく綱のことと
平安中期から記されています。
本来自由であるはずの野生の動物を人間の生活に役立てるために
離れないよう繋ぎとめておく綱を意味するのです。
絆を英訳するとbondとなります。
bondには「保証人」とか「債券」とかいう意味もあるのです。
これで、政府、マスゴミがこぞって絆を連発していた意図が
見えてくると思います。いわゆる原☆村、原☆利権に
日本人の意識を繋ぎとめておかなくちゃということなのだと感じるのですが、
皆さんはいかが受け止められますか?

「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」の諺通り、いま日本人の意識は
あの悪夢のような3.11惨劇を記憶の彼方に
追いやろうとしているのでしょうか?

幻力、忘れさせるマーヤの力です。
悲しみ、後悔は忘れていってもいいのだと思います。
そうでなければ、明日から元氣に生きていけません。
しかし、忘れてはならない本質、愛や慈悲、慈しみ、
助け合い、励ましあいといったあの大事なことまで
忘れてしまうのはどうでしょうか。

そして、何より大切な人の命の尊さ、
生きているだけで幸せで感謝にあふれているという、
天に向かって叫んだ祈りや、大地に捧げた涙。
それも忘れるのでしょうか。

このブログで度々言っているのですが、復興、復興という嫌な言葉。
生きていく苦しみを生み出す最大の原因である
経済利権の世界に戻そうとする闇なる勢力のテンプテーション。

戻りたいのですか、紙100%の世界へ。
カリ・ユガのエネルギーはいま世界を神100%へ
連れ戻そうとしてくれているのに。

そんな日本の未来を憂うニュースがあります。
以下、ご覧いただき諦観してみましょう。
そして揺らがずに静観してみましょう。

御前崎市長選:「脱原発、生活苦しい」現実路線を選択

中部電力浜岡原発の再稼働問題が争点となった15日の静岡県御前崎市長選は、再稼働の是非について態度を保留してきた現職の石原茂雄氏(64)が3選を果たした。石原氏に投票した有権者は「原発がないと地域経済が苦しくなる」と口々に訴えた。

 同市池新田の投票所に足を運んだ50代の男性会社員は「(想定される津波高の)21メートルなんて、学者や国の人は言うけどどこまで根拠があるのか。原発反対派の人は、原発で働いている人の生活がどうなるのか考えてほしい」と話した。40代の男性会社員も「原発はこの町に必要。ないと経済的に大変厳しくなる」と訴えた。

 これに対し、小学生の子ども2人がいる30代の主婦は石原氏に投票せず、「地元経済も大事だが、地震が起きて住めなくなったり健康被害が出るほうが怖い」と語った。


さらにもうひとつ、お金第一の世界信奉者の言葉

ワシントンで石原知事が言及 原発再稼働

【ワシントン=石元悠生】米国を訪問中の東京都の石原慎太郎知事は14日午後(日本時間15日未明)、ワシントン市内の視察先で日本の原発再稼働問題に言及。「経済成長のシミュレーションもしないで、原発の比重のことも考えずにセンチメント(感情的)に反対反対と言うのは自分の首しめるようなものだ」との見解を示した。同行記者団の取材に答えた。

 石原知事は原発廃止論に「放射能にトラウマがあるのは分かるが、原発を全廃して、とたんに生活が貧乏になって、それでいいんですかという話だ」と述べた。

 また、政府に対しては「一番のオーソリティーなんだから、長期のタイムスパンの中で経済の発展のシミュレーションをして、その何%の原発が必要か必要じゃないかを言うべきだ」と、説明責任の必要性を強調した。

 石原知事は大震災の原発被害の大部分は津波被害としたうえで、「原発は日本の建築工学できちんとできて、ちょっとやそっとの震度で壊れるものじゃない」とも。

 原発建設の歴史を踏まえ、津波想定など過去の危機管理体制の見直しが急務としたうえで、「極端を言うと、原発を東京湾に近い鋸山(千葉県・標高329メートル)に作ってもいいと思う。ものさえきちんと作れば、津波被害を受けることはない。建築の立地を含めて管理がずさんだったからこうなった」と持論を展開した。


うううう~ん。
ゲップが出そうになりました。
何を言ってる!原発の建設は日本じゃないよ。海外が作ったのだ。
日本は創業時に鍵を渡されお金を払っただけじゃありませんか。

もたれそうだから、すっきりしましょう。
覚えてますか?禊の呼吸とジベリッシュで・・・


「ジベリッシュとは、活動的なマインドを取り除くこと、
沈黙とは、とまっているマインドを取り除くこと、
そしてレットゴーとは、超越のなかに入って行くことだ。」 
OSHOの言葉です。





ジベリッシュをする猫さんでした。

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

パラオが今も親日的なのは
時を超え命をつないだ英霊達への
友情の賛歌が魂に刻まれているからでしょうか。
fcc22fc2.jpeg


以下映像より抜粋

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

太平洋戦争のとき、その島には
日本軍が進駐し陣地が作られた。
日本兵とは仲良くなって、
日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

仲間達と話し合った彼は代表数人共に
日本の守備隊長のもとを訪れた。
「自分達も一緒に戦わせて欲しい」と。
それを聞くなり隊長は激高し叫んだという。
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに・・・・
みせかけだったのか。

裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。
船に乗って島を去る日、
日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

しかし船が島を離れた瞬間、
日本兵が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、
手を振って彼らを見送った。

先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。
その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・・・

その時のペリリュー島守備隊長は、中川大佐という。

日本軍は住民を戦火に巻き込んではならないと
いう配慮から、数限られた船で、空襲を避けるため
夜間に全員をパラオ本島に退避させました。

戦いが終わって島に帰った彼らは
日本人の遺体を見て泣いたそうです。
アメリカ人が自国兵の遺体だけを集める中、
島民が皆で放置された日本軍の遺体を弔ったそうです。

米国統治時代、アメリカで作られた
日本人によるパラオ人虐殺事件などが掲載された
反日教科書が使われましたが、
パラオの年長者は、そんな話はないと否定したため
この史実はパラオには浸透しなかったそうです。




 



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

前回に続きちょっと戦争のことについて
考えていきたいと思います。
日本は侵略者として東京裁判で裁かれ、
世界においてナチスドイツと同等にひどい国だと
レッテルを貼られてしまったことでアメリカの属国となり
いまだ、アジアの隣国(中国・韓国・朝鮮)から疎まれ
憎まれ続けているのですが、戦後の教育で我が国の
子どもたちからして、日本は悪いことしたんだよって
洗脳させられてしまっているわけですから、韓国など小さい頃から
反日感情を植えつけられているのも無理もないことなのでしょう。

侵略国?

イラク、アフガニスタン、リビア、そしてイラン。
現状と照らし合わせてみると対米で消されていった諸国は
ほんとうに、独裁国、侵略国だったのか、
テロなんて存在するのかさえ確実ではないことが
暴かれつづけているわけですが、
日本もしかり。そろそろボロが出てきましたか。

隠されていた真実に光が当たり始めているようです。

以下のニュースいかがご覧になりますか?

eb8d8b47.jpeg












「日本は自衛戦争」マッカーサー証言
都立高教材に掲載 贖罪史観に一石

日本が対米戦争に踏み切った理由について、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官だったマッカーサーが1951(昭和26)年、「主に自衛(安全保障)のためだった」と述べた米議会での証言が、東京都立高校独自の地理歴史教材の平成24年度版に新たに掲載される。日本を侵略国家として裁いた東京裁判を、裁判の実質責任者だったマッカーサー自身が否定したものとして知られる同証言を、公教育の教材が取り上げるのは初めて。

 昭和の戦争での日本を「侵略国家だった」と断罪した東京裁判に沿う歴史観は、「日本国民は…政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」で始まる憲法前文にも反映され、「軍隊を持たず」という国際社会でも異質な国家体制の前提となってきた。歴史教育は「贖罪(しょくざい)史観」一辺倒となり、子供たちの愛国心を育んでこなかった。その歴史観が絶対ではないことを示すマッカーサー証言の公教育での教材化は、戦後日本の在り方に一石を投じそうだ。

 証言は、朝鮮戦争で国連軍やGHQの司令官職を解任されたマッカーサーが1951年5月3日、米上院軍事外交合同委員会の公聴会に出席し、朝鮮戦争に介入した中国への対処に関する質疑の中で言及。連合国側の経済封鎖で追い詰められた日本が、「主に自衛(安全保障)上の理由から、戦争に走った」と述べた。

 都の教材は、この部分の証言を英文のまま掲載し、《この戦争を日本が安全上の必要に迫られて起こしたととらえる意見もある》としている。

教材は、江戸時代以降の日本の歴史を、東京の歩みとともに紹介する『江戸から東京へ』。都教委が都立高校の全生徒に平成23年度から配布している。都民の意見をもとに改訂した24年度版は、全新入生約4万3千人に配布する予定。

 『江戸から東京へ』に掲載されたマッカーサー証言については、月刊「正論」5月号(3月31日発売)が詳しく紹介している。

 渡部昇一・上智大学名誉教授の話「連合国から東京裁判の全権を委任されたマッカーサー自身が米議会で『日本の自衛戦だった』という趣旨の証言をしたことは、村山談話に象徴されるように東京裁判を背負ったままの日本にとって“超重大”であり、すべての日本人が知るべきことだ」



 




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[15回]

翼が右か左か?それはどちらでもいいのです。
できればJust Passing Throughの示唆するごとく
両翼バランスよく飛びたいものですが。

封印されていた日本の歴史のお勉強として
今日の記事を中庸の意識で観察いたしましょう。

小浜が韓国に滞在し国境線で北朝鮮を威圧するパフォーマンスや、
それに従属し続ける韓国の姿が妙な感じに見え、
暗雲を呼び寄せような氣配がします。

かつての「物主元大統領と小泉元首相」の
滑稽な仲良し2ショットに似ていませんか?

なんだか、米英が私たちアジアを引っ掻き回し
占領下におきたいのは今も変わらないようですね。

67年間封印されていた「帝国政府声明文」がここにきて
ネット初登場で私たちの目に触れるというのも
なにか時期的にリンクしているように思われます。

内容も、現状に至極近いなあって思うのですが、
皆さんはどのように受け止められますか?


以下(ねずきちの ひとりごと)より
転載させていただきます。

d7272b9f.jpeg






大東亜戦争開戦の帝国政府声明

原文はこちらをクリック

大東亜戦争開戦にあたり、大日本帝国政府が日本国内外(台湾、朝鮮、満州、支那国民政府、タイ王国、南方諸島諸国等)に向けて発した「帝国政府声明文」の全文をご紹介します。

WEB上に、全文がテキスト化して公開されるのはこれが本邦初です。
なんとこの声明文は、開戦当日に新聞紙上で発表された公の政府声明文でありながら、戦後67年間封印され続けていたものです。

口語訳【帝国政府声明文】

昭和16年12月9日午前0時20分発表

このたび宣戦布告が発せられました。
そこで大日本帝国として、国の内外に声明を発します。

東アジアの安定を確保し、世界平和に貢献するのは、日本の不動の国是です。そのために日本は列国と友誼を厚くしてきました。国是を完遂することこそ、日本国の外交の要(かなめ)です。

ところが蒋介石率いる国民党政府は、我が日本の真意を理解せず、いたずらに外国の力をたのんで、日本に敵対し、この結果、支那事変が起きました。

けれど陛下の御威光の下、日本軍の向かうところに敵はありません。
支那の重要地点は、いまやことごとく日本軍の手に帰しています。
さらに日本と思いをおなじくする人々と、南京に国民政府が生まれ、いまや支那国民政府と日本は、良好な隣国としての諠(よしみ)を結ぶに至っています。

さらにその支那国民政府を国家政府として承認する国も、すでに11カ国に及んでいます。
いまやこれに敵対する重慶政権は、支那の奥地に残存して無益の交戦を続けているだけの状態となっている。

こうしてようやく支那に平和が戻ろうとしている情況ができつつあるのに、米英両国は東亜を永久に隷属的地位に置こうとする頑迷な態度を改めていません。

米英両国は、さまざまな奸計を用いて支那事変の終結を妨害し、更にオランダをそそのかし、フランスに脅威を与え、日本とタイ国との親交までも裂こうとして策動しています。

その動きは、日本とこれら東亜の南方諸国との間に共存共栄の関係を築こうとする、ごくあたりまえな民衆の欲求を阻害し、東亜の民衆に永遠に「安らかな日」を与えようとしないものです。

こうした米英両国の動きは、日本を敵視し、日本に対して計画的に攻撃を実施しつつあるものです。
そしてついに彼らは、無道にも「経済断交」という暴挙を打ち出してきました。

およそ交戦関係にない国家間において「経済断交」というのは、武力による挑戦に匹敵する敵対行為といえます。国家として黙視できるようなものではありません。
しかも米英両国は、さらに他の国々を誘い込んで、日本の四方で武力を増強し、日本の自立に重大な脅威を与えつつあります。

日本国政府はこれまで、上に述べたよう米英が日本の存立と東亜諸国の安定とに対して重大な脅威を与えて来ているにもかかわらず、太平洋の平和を維持し、全人類に戦禍の波及することがないよう堪忍自重し、米国と外交交渉を重ね、背後にいる英国並びに米英両国に附和する諸国に反省を求め、日本の生存と権威の許す限り、互譲の精神をもって事態の平和的解決に努めてきました。
手をつくすべきをつくし、為すべきことを為しつくしてきたのです。

けれど米国はいたずらに架空の原則を弄して東亜諸国の現実を認めず、日本の真の国力を悟ろうともせず、物量だのみで武力による脅威を増大させ、日本を屈従させようとし続けました。
日本は、平和的手段で米国ならびにその他の国に対する関係を調整し、ともに手をたずさえて太平洋の平和を維持しようとする希望と方途を全く失うことになってしまったのです。

こうして東亜の安定と帝国の存立とは、まさに危機状態に瀕することになりました。
そしてことここに至って、ついに米国及び英国に対し宣戦の詔勅が発せられたのです。

詔勅を承り、まことに恐懼感激に堪えないものがあります。
私たち帝国臣民は、一億鉄石の団結で決起し、勇躍し、国家の総力を挙げて戦い、もって東亜の禍根を永久に排除し、聖旨にこたえ奉るべきときとなりました。

おもうに、世界各国が各々その所を得るべしという詔勅は、日星のあきらかであることと同じです。
日本が日満華三国の提携によって共栄の実を挙げ、進んで東亜諸国の興隆の基礎を築こうととしてきた方針は、もとより変るものではありません。
また日本は、志を同じくするドイツ、イタリア両国と盟約し、世界平和の基調を糾(ただ)し、新秩序の建設に邁進する決意をますます牢固にしています。

このたび日本は、南方諸地域に対して、やむを得ず新たに行動を起こすことになりましたが、何等その諸地域の住民たちに対して敵意を持つものではありません。
ただ米英の暴政を排除して、東亜を明朗なもともとの姿に復し、手を携(たずさ)えて共栄の楽をわかちあおうと祈念するものにほかなりません。
日本は、これら諸地域の住民が、日本の真意を了解し、日本とともに、東亜の新天地の新たな発足を期していただけることを信じて疑いません。

今や日本の栄衰と東亜の興廃は、この一挙にかかることとなりました。(皇国ノ隆替 東亜ノ興廃ハ此ノ一挙ニ懸カレリ)

全国民は、このたびの戦いの原因と使命に深く思いをはせてください。
そして、どんなときにもけっして驕(おご)ることなく、また怠(おこた)ることなく、よく尽(つ)くし、よく耐(た)え、それによって私たちの祖先の遺風を顕彰し、困難にあったら必ず国家興隆の基を築いた私たちの祖先の赫々(かくかく)たる歴史と業績を思い、雄渾深遠な陛下の統治を思い、万事にわたってソツがないようにすることを誓い、進んで征戦の目的を完遂し、もって陛下の御心を永遠に安んじ奉ることを期します。
 以上

(転載終了)

どんな時にも決して驕り昂ぶることなく
安易に過ごす怠惰な生活に甘んじることなく
よく人のために尽くして、よく受止め自暴自棄にならず、
先祖を敬い恥じることのないよう、生きていきましょう・・・って
宣戦布告のご挨拶文の締めの言葉が
敵を疎い呪い怒りを掻き立てるのではなく
自身のこころにでも問うように語られているです。
内なる神を曇らせることなく天晴れな精神でいくぞという
侍魂というか、神道のこころが息づいているのだと感じます。

 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[14回]

福島県浪江町で、3月20日に重機を区域外に持ち出すために
許可を受けて入域していた50代の女性が救急車で
南相馬市の病院に搬送され死亡が確認されたようです。

東京もチェルノブイリ級の高濃度汚染地区となったようです。
これは都で実施している瓦礫の焼却による放射能拡散です。


3月2日~4日にかけて足立区や江戸川区など15カ所が
放射能飛散の調査がされ15日に発表された数値には驚く数値。
調査は地表約1cmの土壌を3日間採取しドイツ製の測定器で
放射性セシウムの濃度を測定、平均値を出したものだそうです。

【放射性物質濃度の調査結果】(ベクレル/kg)
◆足立区/東綾瀬公園/雨水マス口周辺の土壌/12,400
◆江戸川区/江戸川土手下部/民家側/20,700
◆江戸川区/江戸川土手下部/河川敷側/13,700
◆江戸川区/江戸川土手下部/河川敷側駐車場/12,500
◆港区/お台場/街路樹の植え込み内の土壌/10,600

おいおい(ToT)お台場の10,600ベクレル/kgって、
平米に換算すると600,000ベクレル/㎡。
チェルノブイリの第一区強制移住エリアよりすごいんですね。

<チェルノブイリ>は以下のようです。
    (強制避難エリア):1,480,000万Bq/㎡(MBq/k㎡)
第一区分(強制移住エリア):555,000~1,480,000Bq/㎡(MBq/k㎡)
第二区分(補償つき任意移住エリア):185,000~555,000ベクレル/㎡(MBq/k㎡)
第三区分(放射線管理エリア):3万7千 - 185,000Bq/㎡(MBq/k㎡)

大丈夫なのでしょうか?

いいえ、ただちに人体に影響はありませんから。





悶惨吐社の遺伝子組み換え作物、ワクチン、放射能、
ケムトレイル、歯磨きや水道水の中のフッ素など、
いまや世界中の人々の身体の中に日常的に取り込まれているもの。
それが人口削減の計画のひとつだった?

媚流鯨津、六区負江螺ー、餌離挫部棲女王、奇疹邪ー、
素束、撒弩・・・・なにそれ?ばっかじゃないの?
潜在下で着々と進行している世界の人口削減計画?
あんな有名なセレブたちがそんなことするわけないじゃん。

かつて、それを潜在下ではなく表面で堂々とやったユダヤ人がいた。
彼の有名は言葉がこれだ・・・・
「大きな嘘ほど、人は信じるのだ」
その人の名をアドルフ・ヒトラーと呼ぶ。







 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[12回]

映画、トランスフォーマー第3作までご覧になりましたか?
どの作品も、金属の塊(ロボット)が、画面狭しと大暴れしますが
その根底に流れる「人類への愛と犠牲」が描かれていて、
何回見ても飽きず、ウキウキ・ドキドキ・ワクワクしてしまいます。
人間以上に人を愛し、いのちという犠牲をもって人類を救う物語です。

その第3作目の「ダークサイド・ムーン」は、月の裏に何らかの衝撃を
観測したことで宇宙に他の生命体の生存の可能性があることを予測した
NASAがケネディ大統領の号令とともに月着陸のアポロ計画を実現した
というバックストーリーが描かれています。







よく拝見させていただく 「唖蝉坊の日記」 というブログに
こんな記事がありましたので転載させていただきます。


JAXAは肝心なことを隠す ここをクリック

(ここから転載)
JAXA=Japan Aerospace Exploration Agency(宇宙航空研究開発機構)という名前の総務省・文部科学省の天下り機関です。この組織が2007年(平成19年)9月に打ち上げた「かぐや」は月面のHD画像を地球に送信する等アポロ計画以来世界最大規模の月探査を成功させたと言って、月の周回映像をテレビで流したのはお披露目の時だけでその後の探査の報告は一切ありません

そのJAXAの「かぐや」がハイビジョンで撮ったクレーター、「ツィオルコフスキーの湖」です。「コンスタンチン・ツォルコフスキー1857~1935年」はソ連のロケット研究者で、SF作家でもあったそうですが、このクレーターが発見された時付けられた名前です。おそらくJAXAはこの「ツォルコフスキー湖」を入念に撮影しているのでしょうが、税金を払っているのに、国民には一切を秘密にしています。この画像は国外のYouTubeから配信されたもので、実は月には湖があるのです。


その映像がこれです。月面に水を湛える美しい湖が
はっきりと映し出されています。




次も「かぐや」が撮ったもののようで、JAXAとNHKの文字が見えます。「かぐや」はカラーのハイビジョンカメラを搭載しているにもかかわらず、モノクロのしかもVHSビデオを何回もダビングしたような大変画質の悪い映像ばかりが流出しています。しかし良く見ると月面には建物や塔、そして陸橋などが見えます。JAXAはNASAに脅されて口をつぐんでいるのでしょうか、それとも馬鹿な国民に見せる必要はないと高をくくっているのでしょうか?流出ものだからということもあるでしょうが、ハイビジョンなのに、なぜこんなに画像が汚いのか、もの凄く恣意的なものを感じます。



次の動画はNASAのものらしく、これも輝度を下げコントラストを強くして、何が何だか分からないように加工しています。しかし、次の動画はビデオのコントラスト値を下げて、そこに何があるのかを見せてくれます。つまり、そこにも一つの文明があると言うことの証拠です。



(ここまでが転載)


さて、いかがでしたでしょう?
トランスフォーマーは、実は実話に基づいて制作されているのしょう。
スピルバーグの映画はすべて裏にある真実を脚色して作られていると
噂されているのがうなずけるような氣がします。
NASAやJAXAの隠蔽もやな感じ~ってとこですが
それよりもなによりも、宇宙に、一番身近な月に
他の宇宙文明や生命生存の痕跡が残されていたことの発見が
今世紀最大のビッグニュースなのではないでしょうか?

2012年に明かされていくこと・・・・
THRIVEで観た世界支配の事実の暴露や宇宙に生命があった証拠、
脳みそがひっくり返ることが、どんどん起こってくるのでしょう。
すべては氣づき、ということ。
真実が克明に現れ人類がそれをはっきりと知る。
そういうことがアセンションともいえると思いませんか?

威流皆茶の大銀行家や重要な幹部たちが
次々に逮捕され始めているという噂が飛び交っています。
本当かどうかは、騒がず少しの間、静観していきましょう。


f0226d8e.jpeg













プーチン大統領の復活も間近ですね。
アメリカや似非マスコミたちはこぞってプーチンを悪者として
蹴落とす戦略に必死の様子でしたがどうも功を奏さなかったようです。

時空は急速に動きつつあります。カードで言えば、大変革、
トランスフォーメンション!まさにトランスフォーマーのように
私たちの意識も変身していく必要があるのでしょうね


 



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

閏年、2012年、4年に一度の本日2月29日、
一夜明けると景色は一変、雪国のような東京なのでした。
4年という時空の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。

84152c78.jpeg

何か深いメッセージがあるのでしょうか?

04b833f6.jpeg










昨日28日に福島2号機と3号機の間の地下から黒煙がもくもくと吹き出した映像がYouTubeで流れています。これは2号機と3号機の燃料棒がメルトダウンしすべてを突き破り、地面に接地後、地中に入り込み再臨界したのでしょうか?まったく日本では報道されず、この原因は一切分からないが、何かが起こった事だけは間違いないようです。ちなみに、同時刻の「ふくいちライブカメラ」には何も写っていないどころか、クレーンの配置や動きが違うようです。ということはこのライブカメラは別の日の録画をずっと流していたことが判明しました。この隠蔽も怖いでね。



東京駅の線量、チェルノブイリ級!という記事もありました。

折しも今日は神風ならぬ神雪。
今日の意外な大雪は、放射能を覆い尽くす天の奇跡なのでしょう。
福島ではプルトニウムが観測されたと報告があります。
これで、2万4千年の間この大地は汚染され続けるのです。


先日の数百万匹ものキュウリエソという深海魚が
島根県隠岐の島町の海岸を埋め尽くしたというニュース。
2b8ece43.jpeg









地震か何かの余兆ではないかと騒がれていました。
神奈川県や静岡県では、クジラが相次ぎ座礁したり
地震の前に姿を表すとの言い伝えがある深海魚、
リュウグウノツカイも出現するなど、
母なるガイアは私たちに何かを告げるための
伝令を送っているのでしょうか。
fa5fa32c.jpeg











それにしてもこの写真は、以前のこのブログ記事の

「いのちに境界はなくすべてひとつのはずが」でご紹介した
金子みすずの詩を絵にした中島潔の「大漁」に
そっくりではありませんか。
90696439.jpg






この記事の時にご紹介しました

アースリングス日本語版という映画が
振り返ってみると、いま話題の映画「THRIVE」以上に、
私たちに覚醒をもたらしてくれるものでした。
お忘れの方、まだな方は今一度ご覧になってください。
上の記事をクリックするとジャンプします。



月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり。

奥の細道で謳われている風情で感じる時空の速度とは
2012年のいまは、かなりの違いがあるような氣がします。
時空の超加速に振り落とされそうな氣配。

時空は光を超えるようなスピードで
カリ・ユガ折り返し地点を目指しているのですね。

閏年という、他の生命や地球という大自然には
まったく関係のない人間社会だけの暦の速度。
それと宇宙本来の速度との間に徐々に歪みが
生じてきているのでしょうね。

光の速度を超えるニュートリノの発見とかで
物理学の世界を根本的に覆す波紋が生じていたようですが
どうやらそれも、計測間違えであったと報告されています。

人の頭脳や科学で、目には見えない96%の宇宙の本質を
図り知ることは容易ではないということでしょうか。

空海ならきっとこう言うでしょう。
「光と闘っていてはだめだ。己が光そのものになりきるのだ。」
そうでした。私たちは、人のカタチをした光です。
加速する時空のスピードに翻弄されるのではなく
己が時空に成りきるのだ。

閏年のとある雪景色の独り言でした。

AUM NAMOH NARAYANA


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]