メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月の満月。
一番明るく、ヒーリングエネルギーが強い。



鞍馬山ではウエサク祭が、世界でも満月の下で集う人たちも多いでしょう。

あいにくの天氣で目視することはできませんが
昨日来、耳に強い圧を感じ、眠氣も強い感じがします。

最高潮に達するシヴァの霊力が、第六チャクラの第三の目を刺激します。


ヒーリングはもとより、瞑想にももってこいのこの日の
エネルギーフィールドを皆さんも感じられていらっしゃると思います。

ブッダプールニマー、お釈迦様のご生誕・悟り・入滅という
三大仏事を祝う祭日でもあります。

お釈迦様はインド太陰暦ヴァイシャーカ月の満月の日に
菩提樹のもとで悟りを得て大覚者(ブッダ)となったと伝えられており、
誕生と入滅も同月同日に起こったとして同日に祝うことから、
この祝祭はヴェーシャクプールニマー祭とも呼ばれます。

ハートコードを仏陀やババにつないで
聖なる宵のエネルギー場にしばし浸ってみましょう。

日常の忙しさは確かにあります。
日々のルーティンワークもあります。
でも、いまこのときは、テレビも消して静寂な波動に
すべてをゆだねてみたいと思います。

この日は二度と来ない一期一会であると思います。

実際、時空や世界がこの日を境に大きく変化していくと思われます。

日常の物質界のやらねばならぬことは
実はマーヤで霊的にはそれほど大切ではないはず。
それよりももっと大事なことは、いまここ、
この満月に仏陀の息吹を味わい尽くすことだと感じます。

そのために地上に生を受けたのですから。

エリザベス・キューブラーロスの言葉をかみしめながら
いまここを大切に、この瞬間にシンクロしていきましょう。

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
いまの人生とおなじ人生は二度と手にすることができない。
この人生ではたしてきた役割をもう一度演じることも、
もう一度これまでと同じように人生を経験することも、
けっしてできない。あの両親のもとに生まれ、この家族をもち、
このこどもにめぐまれ、この環境、この状況のもとに生きてきたように、
この世界を経験することは、もう二度とできない。
おなじ顔ぶれの友人をもつことも、今回の生かぎりである。
あの海、あの空、あの星、あの愛する人を、
最後にもう一度だけみたいと願うようになるときまで待つ必要はない。
いまこそ、それを、しみじみみてほしい。



AUM Namah Shivaya~





最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[16回]

PR
いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。

ここのところ、物理的に時間なく記事をなかなか書けなくなっていました。

ただでさえ、毎日アップできぬサイトゆえ、ご覧いただくかたも
氣まぐれさ加減に怒りもせずに、ゆる~く、温か~く、
慈愛のまなざしで見守ってくださっていることに感謝です。

シャクティというご縁でつながるヒーラーのかたが多いと思いますが、
インターネットというバーチャルな世界ででも、ほんのひと時でも
神の愛と、ヴェーダの叡智の素晴らしさをシェアできればいいなと
つたない文と構成で冷や汗かきかき、書いています。

かの御仁の導きで、ヴェーダシャクティという組織団体に属さぬ
自由な自主参加のワークで結ばれていたお仲間も、
いまはどのような活動をされているのか、お元氣でいらっしゃるのか、
容易にお会いすることもできませんのでわかりませんが、
きっと、ヴェーダの叡智や彼の方の教えのお蔭で
日々サーダナに励まれていることだとお察しいたします。

その影響もあってか、ヴェーダ発祥の聖地インド、とくにシルディや
プッタパルティには幾度となく巡礼されているかたも多いと思います。

ババといえば、シルディ・サイババが浮かぶ・・・という
日本では珍しいお仲間だとも思います。
シルディが生まれ変わってサティア・サイババとして降臨されたことで
一般的にはババといえばサティアをイメージすることでしょうから。

もともと同じ“サイ”なのですからどちらでもよいのですが。

シヴァ神、ダッタトレーヤ―の化身、
あるいはシヴァとパールバティの化身と
人間が勝手に永遠不変なる神にカタチという衣を着せているだけですが
すべてはナーラーヤナという根源から発せられる光。


すべての人の内に神性が宿るという確信をさらに確実なものとするために
シャクティ・ヒーリングという手法でマーヤという曇りガラスを磨きます。

そして本来の本質である「霊」に目覚め、
御霊磨きでやがてアートマを顕現させるのがヒーラーという生き方。
自他ともにです。自分だけじゃない、すべてのかたの内に神がいることを
ナーラーヤナというコトタマで意識し続けることが大切だと感じます。

目を閉じ、ハートの中を見守りながらそっとつぶやきます。

Aum Namo Narayanaya・・・・・・



ナマスマラナ・・・神を憶念しなさいというサイの御言葉を
日々実践するのにこのマントラは最適ではないかと感じます。
これは私感ですのでどうぞ皆さんのご自由に。

もっと簡単なナマスマラナ、
それは・・・「サイ」でもいいよと昔ワークで伺いました。
サイ、サイ、サイ、サイ、サイ・・・・・・
イエスが好きならば、イサ、イサ、イサ、イサ・・・・・と
片時もひるむことなく憶念し続けられる優しい御名です。

いまこの時空変容の時期、
ハートコードをつねに神とつなぎ御名を唱え続けることが、
わざわざカリユガを選び生まれてきた氣高き魂たちへの
神からの慈悲あふれるギフトです。 

サイに共鳴しようと思い続けているときっとたどりつく
大変面白いブログがあります。

emoji『サイババが帰ってくるよ』というサイトです。

emoji無料で読める『ポニョ書店』も素敵です。
 

毎回リンクしておきますので、ぜひご覧ください。
ポニョさんの軽快なボケと突っ込みのトークの中に
マーヤの迷妄からの覚醒を加速させてくれるヒントがギッシリ。
楽しく笑って、正しく目覚めよう!



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[15回]



あなたのハートに、いまも約束の声は響いていますか?
その約束はいまも生き生きと輝いていますか?

私たちはこんなにも遠くまでやってきました。
これからもただ一人、歩まなければなりません。

たとえ、その行く手が闇に覆い尽くされようとも
その道を輝く星が指し示すように
こころが、揺れ動くことがありませんように。

ヴェーダという燈火が消え行くことがありませんように。
いつも変わらずあなたを温めてくれる
愛という光が絶えることのないよう祈ります。

始まりであり終わりである「ナーラーヤナ」で再び。




AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[6回]

お腹が痛くなるとそっと手を当てています。
咳が出てくるしかったり、泣きじゃくっている子供の
背中をさすっていたりします。

小さいときから、傷ついたときにさすったり、
包んだりしてくれた母の手の感触を覚えています。

これを“手当て”と言います。

ヒーリングの基本的な手法です。

手で触れると、事実、治ったりしてしまいますから
まんざら根拠のないことではなさそうです。
実際、手からはエネルギーが放出されています。

レイキなどある種特定のイニシエーション(伝授)を受けないと
そうしたヒーリング能力は使えるようにならないのかと思われますが、
母が傷ついた子の膝をさすって癒やすのに伝授が必要でしょうか?

これは、愛の力のなせる技なのです。
愛=光=神とすると、手のひらを通して愛を注ぐことが
神とその部位をつなぐ役目を果たしているのではないでしょうか。

シャクティ・エネルギーを流すときは
実際に手のひらで軽く触れてもいいし、
触れるか触れないかのギリギリのところに
手をかざすだけでもいいです。

慣れてきたら、肉体の手で触れなくても
霊体の手を使い意識でふれることも可能になります。

その霊体の癒やしを強化するというか
日々の鍛錬もかねてするものに
超時空(遠隔)ヒーリングというものがあります。

そのかたを知らなくても、名前だけでそこに光をおくります。
その時も、そっとそのかたを両手の平の中に包むようにします。
幼子を優しく見守るような感覚で。
これも、手当てですね。



ヒーリングの極意は、力を抜くことです。
自分の思いや感情や願いも力です。
治したいという願いも持たないほうがより良い結果に。

ここが、不思議なところではありますが、
ただ、そこに光を当てる、あるいは流すという
意識をキープするだけで、後は彼方なるものに委ねます。
ただ、そういう意識の時を捧げるのです。

あたたかな光で包むとイメージするのもいいかもしれません。

日本列島に台風が向かってきます。
地震もまだまだ氣が許せません。
世界各地に大きな揺れも生じているようです。

こういう時こそ、意識の手のひらで優しく地球を包み
癒やしの光をおくることが必要でしょう。
そういう人類の意識が、母なる大地ガイアを助けます。



私たちが傷つくと、母や家族や友が癒してくれます。
それじゃあ、人類が好き勝手に傷つけ放題してきたガイアは
いったい誰が癒してくれるのでしょう。

さんざん生かしていただいてきたのですから。
地球を、いまみんなで優しくいたわりましょう。
感謝と慈愛をこめて・・・

神の分け御霊である私たちが
それをしなければならないのではないのでしょうか。



手のひらに、愛する人と、その人の住むガイアを
やさしく包んであげたい・・・
この氣持ちこそが、Heal The World。
あたたかな、柔らかい手で、この地球を優しく見守りつつんでください。



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]



One Love! One Heart!
Let's get together and feel all right.
Hear the children cryin' (One Love!)
Hear the children cryin' (One Heart!)
Sayin'
give thanks and praise to the Lord and I will feel all right
Sayin'
let's get together and feel all right.
Wo wo-wo wo-wo!

愛はひとつ!
ハートもひとつなんだよ!
みんなで一緒に、その素晴らしさを感じよう

子どもの泣き声を聞いてごらん(それが愛だよ)
その泣き声に耳を澄ましてごらん(それがハートだよ)

感謝を捧げ神を讃えること、その心地良さを
みんなでその素晴らしさを、感じてみないかい。




そして一緒に歌うんだ。
こころの底から信じて歌うんだ。
すべてに境界線なんてないってことを
本当に信じて世界に共鳴させようよ、この歌を。




すべては、ひとつ。それが真理です。
AUM Namo Narayanaya





最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[4回]

サンダ~バ~~ド~♪emoji



ああ~もう、ちっちゃな頃はテレビの前に釘づけでした。



サンダーバード2号が、超カッコ良かったです。

買ってもらった模型も大切な宝物。
いつも遊んでいました。

THUNDERBIRD 2

うわぁ~、いま見るとこのチンタラした回りくどさが
アナログ的でマニアにはたまりません。

いやいや、そうじゃなくて・・・


とういうことで、じゃ~ん。

こちら名車サンダーバードのコレクターズモデル、
しびれるクラシカルなスタイリングですね。



・・・・って、これでもなくって。emoji




Mozilla Thunderbirdという定番メーラー・ソフト。

毎日のメールの超時空ヒーリングの配信に使っている
メール配信ソフトをサンダーバードに乗り換えたという話でした。


最近よく耳にするPCが壊れたり、
ソフトの不具合が多いという話・・・・・
次元が変化したり波動上昇の影響?
はたまた地軸が逆転した太陽の影響?
間もなく訪れると噂の地球のポールシフト?
他人事のように「へぇ~大変だねぇ」なんて聞き流してたら、
いやはや、ついにやられちゃいました。



ブログで隠ぺい事実や、光に光を!なんて叫んでいるから
闇のアタック、サイバー攻撃か!!なんてことも・・・・



な~んて、ね。


実は、WindowXPのすごい古いモデルを毎日酷使していたんで
ついにお釈迦?となったのです。
ハードディスク自体も寿命かな、なんて氣配もあったので。

いきなり画面が真っ白になったり、縞々模様になったりと、
ついにはリペアディスクで復旧作業に明け暮れていました。

なんとか立ち直ったぞと喜び勇んで、
再びいろんな設定をし直した途端・・・・再びクラッシュ。emoji

よく使う手が、システムが正常だった何日か前まで戻るという
タイムスリップみたいな荒業です。

あの頃は良かったね~、
健康で満ち足りて幸せだったあの頃に戻りたい・・・
そんな人間の憧れる世界も、コンピュータの
メモリーという世界では可能になっちゃうんですから、
仮想現実世界マトリックスですね。

それで、人間で言えば脳みそをすっかり入れ替えて
新たに生まれ変わったわけですが、なにせボディがご老体。
寄る年波には勝てず、ああ~ご愁傷さまです。

カタチあるものはすべて壊れる、
仏陀のいう諸行無常が現実となりました。

執着してはならんと。。。

だからやむなく、新パソコンに乗り換えることに。

新進気鋭のintelCore‐i5搭載の
タッチパネル画面のニューモデルです。

選択理由?
かっこよくて高機能だから・・・・
emojiホホホホ、実は入手可能な超特価だったからです。

でもPCは、プライスレス。中身次第で七彩夢幻。
プログラム次第、使い方次第でどうにでも変わるわけですから。

そんなこんなで、福島ワークから戻って設定に明け暮れました。

かぁ~くわぁ~ぎょえぇぇぇ~、
徹夜の連チャンで曜日の間隔もぶっ飛び
意識朦朧とする中で右往左往してしまうのでした。

XPからいきなりWindows8ですから、
概念が根底からひっくり返されるのです。

これも過ぎ去る。。。。
そうは言っても中々、以前の環境が復帰しない。

思わず障害の神「ガネーシャ」に祈りました。



そしてシヴァ神の像の前で、祈りと瞑想。



シヴァは再生のための破壊をしてくださる慈悲の神。

先日の台風の暴風圏のさ中も、設定に没頭。
嵐はサンスクリット語でルッドラ。シヴァ神の別名です。
太古より、大自然の猛威のエネルギーをシヴァとしていたのですね。

そうか!復帰じゃなくて、再生だ
311で散々学んだことじゃないか・・・。

復興、復興、絆、絆と言ってると
見えない鎖にしばられてちっとも前に進めないのと同じ。

だから、再生するのだ!一旦、捨てて無空になれ!
このPC騒動は、シヴァ・シャクティなのだと、
実にいろんな学びをさせてもらいました。

復帰とか復興というのは昔=過去に戻ること。

再生とは、一度死に新たに生まれ変わるフェニックスのこと。

「人として死に、神として生まれ変わる」というフレーズは
フェニックスのことであります。




Outlookという定番メールソフトの設定で苦悩し、
ようやく再起しましたが、その融通性のなさに不満の声が多いと知り
不具合が納まらないことを悟り、それじゃあと、
人氣のWindows Liveメールに転換し再設定しました、が我がががが…
やはり不具合に泣かされ七転八倒。

またまた連チャン徹夜作業になるのです。

そのときです。
あきらめかけて呆然としている視界に一途の光が射したのは。

「サンダーバード?」なんじゃそりゃ?

あの懐かしいテーマ曲が走馬灯のように脳裏を回り始めたのです。

フェニックス、不死鳥ならぬライトニングの到来!

やや不具合は残るものの、
なんとか使えそうなメーラーが羽ばたいてきたのです。

さっそく、Outlook(外を見る)から、
Thunderbird(ライトニング)への移行になったのです。
こういう起死回生のソフトを無償で提供してくださる
Mozillさんに感謝☆

この不死鳥が、大切な愛の宅配便を全国に届けてくれるのだなぁ、と
感慨深く慎重に設定し、調整を繰り返します。

とりあえず問題なく?超時空配信を再開することができたのです。
・・・・・・・・・・少し様子をみていこうと思います。

ちなみにライトニングとは雷に打たれてもへこたれない
忍耐強さの象徴でもあるクリスタル。
龍の爪跡をボディに勲章のように刻む最強水晶です。
ヒーリングに最高のサポートを与えてくれます。
まさにシヴァ如くのいのち宿る石。

ライトニング・バードよ、フェニックスよ、
大切な人のもとへ、愛を届けよ!
彼方なるところまで光、とどけよ!

2013年、9の月。
新たなる再生の始まりです。

AUM


 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

茶の湯の醍醐味と言うのは
『一期一会』のこころではないでしょうか。

茶の湯では、もてなす側もてなされる側
つまり主客一体となり一期一会の『侘び寂び』を共有します。

「客の粗相(そそう)は亭主の粗相なり
亭主の粗相は客の粗相と思ふべし
味はふべき事なり
客の心になりて亭主せよ
亭主の心になりて客いたせ」

大名茶人であった松平不昧の言葉にもうかがい知ることができる “ 茶の湯 ” です。

今日という日も、この目の前に座る人も
この風、お天氣、陽光の加減、お湯の温度も茶の香りも
添えられた一輪挿しや器の肌触りも、これらすべては
昨日のことでも明日のことでもなく、いまこの瞬間に味わい尽くすもの。
そういう研ぎ澄まされた意識の共有が茶の湯として
禅とともに受け継がれてきたのです。

禅は坐り内観し内なる仏に帰依し、
仏をもてなし、仏の慈悲にもてなされます。

茶は亭主が客人の内に仏や神を直視して、
神性をもてなし、仏性にもてなされるのです。

禅と茶の湯が、いかに同義であるかということが推察できます。


『茶の湯YOGA』と題し、先日お仲間と素晴しいひとときを
身も心もくつろぎ、ゆったりとシェアすることができました。



一期一会のこの瞬間、この出会いに感応し感謝する、
それが茶の湯のこころであり、そこにつながることを大切にする。

まさにYOGAの真髄を体験させてくれる場でもあるのです。

ヴェーダの叡智が、禅や茶の湯に生き続けているのです。

瞬間瞬間を誠心誠意、味わいつくす。
過去も未来もなく、いまここにあるすべてが、すべてであると。

一期一会の精神は、ヴェーダの叡智
「おいで、おいで、もっとおいで」に通じます。

日々、日常世界(マーヤ)に起こること、
嫌なこと腹立たしいこと、ほっとすること、嬉しいこと。

しかし、いかなることが起ころうとも、すべては一期一会。
貴重な今世の体験なのです。二度と訪れない瞬間です。
私たちの魂は、これらを体験するために降りているのです。

良い悪いではなく、好き嫌いでもなく、
全面的に受容することを、「スワハー」というのです。
サンスクリット語の「全托」という意味です。

茶のこころは、いまを生きる私たちに、
森羅万象が一期一会であることを教えてくれるのです。


おいしいお茶のもてなしで、こころもからだも休まったところで
ヨーガスートラの奥義であるAUMの復唱による瞑想をします。

このシャンティな波動は、アートマ(真我)をもてなす
格別な一服となりました。


あっ、そうか。茶か。お饅頭食べたい。


一期一会 / 中島みゆき


AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[8回]

ときは、織姫様と彦星様が一年に一度再会する七夕の日。

ところは、世界遺産に認定された富士山のふもと沼津。

白隠禅師のお寺「松蔭寺」の近くでの静岡ワーク。

ワークといっても、こじんまりと集う、サット・サンガ。

集まって学びや体感を深め合う「場」といった方がいいかもしれません。

今回は、Kちゃんが飛び入りご参加☆
織姫様のご降臨?ですか。嬉しいサプライズです。

ワークへのメッセージカードがMother's Milkでした。
背景の銀河の写真はミルキィーウェイ、天の川のことです。
シンクロし過ぎ!の、素晴しい日になりそうと予感が膨らんだのは
ほんとにお久しぶりのお仲間との再会と言う奇蹟のことだったのですね。

織姫と彦星の如く、宇宙が引き合わせてくださったのだと勝手に妄想。


さてさて、再びこの会場に集えるということは・・・
そう、白隠さんのところに伺っての祈りと坐禅三昧の
スペシャルな特典付きなのです。

かわらぬ慈愛の眼差しで、私たちを迎え入れてくださいました。

「あぁ、そうか。」
「着たか。じゃあ、ゆっくり坐っていきなされ。」

そんな温かな声がフリダヤの中に響く感覚。

ああ、やっぱりここは凄い「場」ができているのだと
あらためて実感させていただいたのです。

なんの不安もなくただ坐り、「今ここ」を見つめることを許される。

このくったくのない包み込まれる安心感のような感触は、
白隠さんから脈々と受け継がれてきた場の形成に他なりません。

リーディングもヒーリングも「場作り」が大切ということを
こうした実体験を持って学ばさせていただけるのですね。

小鳥のさえずり、石砂利や畳を歩く人の足音、
坐る人の氣配や、自分の息の音。

この日は氣温も高くカラダを伝う汗の感触もよくわかります。
だから頬に触れるささやかな微風がよけいに涼しく感じられます。

禅の境地である禅定「ディアン」であるということは
今まで無意識に見過ごしてきた、本当の生きている生命のうごめきの
微細な存在を浮き彫りにしてくれるのです。

日々、雑踏とした中で、時間や様々なものに拘束され
私たちは、かすかだけれども本当に大切なことを忘れさせられているのです。

過去や未来という、ここにないマーヤに縛られるこころ、
それに氣づかせてくれる瞬間です。

全てのマーヤを作り出す源は、自分のマインド、
すなわち脳で考えることだったのです。

マインドを静止させることが「禅」なのです。

そのとき何が起こるか?
それが、頬をつたう汗の感触や髪を揺らすそよ風のゆらぎであったり、
小鳥のさえずりや、自分の息の出入りする音や心臓の響きという
普段おざなりにしているものへの氣づきなのです。

だって、これがすべてじゃないですか。
いろんないのちが生きていて、微細な音や波動を発していて
そういう多なるものと自己との触れ合いを体験するために
私たちは肉体と言うこの稀なる姿を纏っているのではありませんか。

五蘊、五感を感じることが「いのち」の使命なのですから。

日々の雑多な艱難辛苦や喜怒哀楽にうずもれてしまい
フリダヤ=真我=アートマは、眠れる獅子となっているのです。

氣づきとか目覚めとか、言い方はどうでもよいのですが、
この微細な生命の息吹と干渉派を、24時間365日
感じ続けられるようになった者を覚者というのではないでしょうか。

太陽はくまなく平等に日の光を注ぎ
心臓はキチンと鼓動し血液を流し続け
息を吸って吐いての単純作業も
私たちは当たり前のこととして普段見向きもしません。
でも、本当はこれが「すべて」なのです。
これが神の恩寵といわれるもの、
すなわち今日のカードのMother's Milk=与え尽くしの愛です。

宇宙の慈愛、慈悲。
私たちはこの単純で確かなるものに感謝するどころか
「ああ神さま助けてぇ~、あいつを何とかしてほしいの~」
などと、意味不明な嘆願ばかりを天に向かって叫んでいるのです。

宇宙に、神に委ねるとはどういうこと?
どうすればいいの?と悩む前に、
こういう微細な宇宙の慈愛に満ちた与え尽くしの愛に
氣付かないといけませんね。

それに身を任せ、ここを解放し、開け放したとき
フリダヤの扉が開かれるのでしょうね。

全托=スワハーです。


ご参加のもう一人のKちゃんが
とても素敵なヒントをくださいました。

「前回のワークのときに、白隠さんの逸話の中で “ ててなしご ” を
受け取った白隠さんの言った言葉、『あぁ、そうか』とういのが
ずっとこころに響いていたんです。それで思ったんですが、そうかっていう言葉って
なんだか『そわか』っていうのににていませんか?」

こんなご感想をいただいたのです。

ん?



頭の上のほうにピカッと光が灯りました!



それとも一休さん?
チ~~ン、かな。


 

話がそれました。失礼 m(_ _)m

この言霊のインスピレーションは素晴しい!

そうです。白隠さんが赤子を押し付けられたとき発した言葉は
「そうか」じゃなくて、
「そわか」とおっしゃったんじゃないかと。

歴史の逸話には「そうか」と書かれているのですが
実はその男の聞き間違えだったのかもしれないと。
もともとはやとちりで帰依していた白隠さんを信じれず
怒りをぶつけたおやじですから、
その時の、白隠さんの真意の声が聞き取れなかったと察するのです。

そわか・・・御真言の最後にくる言葉。
「おん まか きゃろにか そわか」(十一面観音)
「おん あろりきゃ そわか」(観世音菩薩)
「おん そらそばていえい そわか」(弁財天)
「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」(薬師如来)

その「そわか」です。
そわかとはサンスクリットの「スワハー」です。

スワハーすると言う場合、全托する、帰依するという意味で使われます。


瞑想してビッケのようにひらめいたのですが
白隠さんは、当時その状況が誰のせいだとかそんなものどうでもよく
そこに生きて輝く小さな“いのち”尊き「仏の子」を差し出され、
「おお!この美しき御仏に帰依いたします。」
そういう祈りを込めて「そわか」と言って
赤子を有難く受け取られたのではないのでしょうか。

それを見聞きしていた周りの連中には
白隠さんの仏に帰依しなさいという声なき声の「そわか」を
「あ、そうか」と、聞き取ってしまった。
白隠流の胆の坐った受け答えとして伝説にしてしまったのではないか。

そんな新説?が内から聞こえてきたような氣がします。

あ、そうか・・・・

あ、そわか・・・・

よく似ていると言霊だと思いませんか?
新説というより、白隠禅師の本質である
慈悲のメッセージを受け取った氣がします。

AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[11回]

肉体を脱げばこの現象界では『死』といいます。

死を怖いものとして受け止める人は、
死んだら全部終わっちゃって何にもなくなっちゃうと考えるので、
とてつもない喪失感や絶望感に覆いつくされてしまいます。

しかし、死を新たな旅立ち、あるいは故郷への帰還と取る人は、
あぁ、お疲れ様。よく頑張ったね、おめでとう。
私たちの本来の姿、霊へと戻っていくのだから
祝福と今世での出逢いに感謝をおくりたくなります。

でも、ちょっぴり淋しいから涙は流れます。
それでいいんじゃないでしょうか。
それは執着の涙ではなく、しばしのお別れ感謝の涙だから。


光の素粒子の集合体である肉体、
それを結束させている力の源が魂。

その魂の天への帰還が、
物質結束の力を解放して光そのものへと戻るわけですから、
完全な自由を得ることになるのです。

f34dd8b5.jpeg














これを “ 祝福 ” と呼ばずして、なんとしましょう。



過去・現在・未来と、
時間は連続しています。

時間が生じると空間も生じます。

時空という言い方をしますが、この時空は実はぜ~んぶつながっていて
切れ間などないということが霊的な真相でもあります。

時空連続体という呼び方をします。

いまこの瞬間からみると、さっきはもう過去。数秒後は未来。
でもちっとも切れていません。つながりっぱなしで、
いまという意識が時間の経過をつくりだすのです。
ただそれだけのこと、意識がつくりだす幻想です。

ヴェーダでは時間のことを『カーラ』と言います。

創り出されたこの世のマトリックスに
私たち魂を馴染ませる力を幻力=『マーヤ』と言います。

カーラとマーヤはそれぞれエネルギーとして流れを生み出し、
それ相応の力で私たちを押し流そうとします。

時に押し流されて・・・・・とか、
その場の空氣に圧倒されて・・・・とか、
目には見えず身体にも感じませんが、
なぜか私たちは押し流される圧迫感や力を感じてしまうのです。

でも不思議なことでもなんでもなく霊という本質の宇宙では
そういう仕組みになっているだけということなのでしょう。


肉体を離れた霊=魂にも私たちのハートの意識
フリダヤはそのまま残っています。

だからハート to ハート、でハートコードをつなげられます。

祈りや光をおくる超時空ヒーリングの仕組みは
このフリダヤどうしの共鳴現象であるともいえます。

スッと手をかざし意識の中の目の前にいるその人の
フリダヤに向けて光をおくります。

自分のハートコードがその人のハートにピタっとつながると
距離や時間というエネルギーを超えるなにかが生じます。

いえ、生じるというより、
ひとつとなった一体感というほうがわかりやすいかも。

『すべてはひとつナーラーヤナ』という
至光の融合体験です。

肉体という壁をまとっていたときは
私とあなたという個別であったはずの感覚が
霊という共鳴の中では、あぁ~!もともとひとつだったんだねという
懐かしさとあたたかさと、虚無感からの解放を得られます。


こうして死という現象は
分離された霊が統合されるという最高の霊性体験を
私たちに思い出させてくれるのです。


人はこういう『死と生』一対のリーラを幾度か繰り返します。

輪廻転生というものを
だいたい300~400回?くらいするということを
だれもが計画しているようです。

あと何回繰り返すのでしょうかね。

仏陀のおっしゃった解脱の境地に到達するまでは
この長~い長~い魂の遍歴を続けるのでしょう。


ところでいま亡くなった魂は、
次はいつどこへ転生していくのでしょう?


ちょっとビックリしてしまう発想ですが、
先程いった「時空連続体」ということが真理であるならば
次は中世へ、はたまた江戸時代?縄文時代に生まれ変わるやもしれません。

え~~~っ!過去へ?転生していくのぉ~?

それもありえる話です。

だからよく聞くパラレルワールドという概念が存在するのです。

もう一つの維新へ、坂本竜馬ならぬ
あなたが文明開化の騎手となるかもしれないのです。

あるいはコロンブスならぬ
私がもうひとつの新世界発見の航海の
舵をとっているかもしれません。

それって、本当らしいのです。

f93ff224.jpeg


















だって、時空には切れ目がまったくなくて
意識は自由に行き来できますから、
時空連続体に放たれた霊が次に産まれる時だって
そりゃ、自由に選べるわけですね。

AUM Namo Narayana



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]