メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仏陀の語ったことを弟子たちが記述したもので
真実の言葉に一番近いとされている「ダンマパダ」。
日本では法句教として伝えられています。

ハートチャクラにつながる耳でじっくり聴く仏陀の教え。
聞く瞑想ともいえそうです。朗読第5章。



仏陀の真理の言葉
~第5章~
愚かな人

眠れない人には夜は長く、疲れた人には一里の道は遠い。
正しい真理を知らない愚かな者どもには、生死の道のりは長い。

旅に出て、もしも自分よりもすぐれた者か、
または自分にひとしい者に出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。
愚かな者を道伴れにしてはならぬ。

「わたしには子がある。わたしには財がある」と思って愚かな者は悩む。
しかしすでに自己が自分のものではない。
ましてどうして子が自分のものであろうか。
どうして財が自分のものであろうか。

もしも愚者がみずから愚であると考えれば、すなわち賢者である。
愚者でありながら、しかもみずから賢者だと思う者こそ、「愚者」だと言われる。

愚かな者は生涯賢者につかえても、真理を知ることが無い。
匙(サジ)が汁の味を知ることができないように。

聡明な人は瞬時(マバタキ)のあいだ賢者に仕えても、ただちに真理を知る。
──舌が汁の味をただちに知るように。

あさはかな愚人どもは、自己に対して仇敵(カタキ)に対するようにふるまう。
悪い行いをして、苦い果実(コノミ)を結ぶ。

もし或る行為をしたのちに、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、
その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。

もしも或る行為をしたのちに、それを後悔しないで、嬉しく喜んで、
その報いを受けるならば、その行為をしたことは善い。

愚かな者は、悪いことを行っても、その報いの現われないあいだは、
それを蜜のように思いなす。
しかしその罪の報いの現れたときには、苦悩を受ける。

愚かな者は、たとい毎月(苦行者の風習にならって一月に一度だけ)
茅草の端につけて(極く小量の)食物を摂るようなことをして、
(その功徳は)真理をわきまえた人々の十六分の一にも及ばない。

悪事をしても、その業(カルマ)は、しぼり立ての牛乳のように、
すぐに固まることはない。(徐々に固まって熟する。)
その業は、灰に襲われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、
愚者につきまとう。

愚かな者に念慮(オモイ)が生じても、ついにかれには不利なことになってしまう。
その念慮はかれの好運(シアワセ)を滅ぼし、かれの頭を打ち砕く。

愚かな者は、実にそぐわぬ虚しい尊敬を得ようと願うであろう。
修行僧らのあいだでは上位を得ようとし、僧房にあっては権勢を得ようとし、
他人の家に行って供養を得ようと願うであろう。

「これは、わたしのしたことである。在家の人々も出家した修行者たちも、
ともにこのことを知れよ。およそなすべきことなすべからざることとについては、
わたしの意に従え」──愚かな者はこのように思う。
こうして欲求と高慢(タカブリ)とがたかまる。

一つは利得に達する道であり、他の一つは安らぎにいたる道である。
ブッダの弟子である修行僧はこのことわりを知って、栄誉を喜ぶな。
孤独の境地にはげめ。



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[6回]

PR
ダンマパダは仏陀の語ったことを弟子たちが記述したもので
真実の言葉に一番近いとされています。
日本には法句教として伝えられています。

ハートチャクラにつながる耳でじっくり聴く仏陀の教え。
聞く瞑想ともいえそうです。朗読第4章。

a2fd0a72.jpeg















仏陀の真理の言葉
~第4章~
花にちなんで

だれがこの大地を征服するであろうか?
だれが閻魔の世界と神々とともなるこの世界とを征服するであろうか?
わざに巧みな人が花を摘むように。
善く説かれた真理のことばを摘み集めるのはだれであろうか?

学びにつとめる人こそ、この大地を征服し、
閻魔の世界と神々とともなるこの世界とを征服するであろう。
わざ巧みな人が花を摘むように、学びにつとめる人々こそ
善く説かれた真理のことばを摘み取るであろう。

この身は泡沫(ウタカタ)のごとくであると知り、
かげろうのようなはかない本性のものであると悟ったならば、
悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへいくであろう。

花を摘むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、
眠っている村を、洪水が押し流して行くように、──

花を摘むのに夢中になっている人が、
未だ望みを果たさないうちに、死神がかれを征服する。

蜜蜂は(花の)色香を害をずに、汁をとって、花から飛び去る。
聖者が、村に行くときは、そのようにせよ。

他人の過失を見るなかれ。
他人のしたこととしなかったことを見るな。
ただ自分のしたこととしなかったこととだけを見よ。

うるわしく、あでやかに咲く花でも、香りの無いものがあるように、
善く説かれたことばでも、それを実行しない人には実りがない。

うるわしく、あでやかに咲く花で、しかも香りあるものがあるよえに、
善く説かれたことばも、それを実行する人には、実りがある。

うず高く花を集めて多くの華鬘(ハナカザリ)をつくるように、
人として生まれまた死ぬべきであるならば、多くの善いことをなせ。

花の香りは風に逆らっては進んで行かない。
栴檀もタガラの花もジャスミンもみなそうである。
しかし徳のある人々の香りは、風に逆らっても進んで行く。
徳のある人はすべての方向に薫る。

栴檀、タガラ、青蓮華、ヴァッシキー──、
これら香りのあるものどものうちでも、徳行の香りこそ最上である。

タガラ、栴檀の香りは微かであって、大したことはない。
しかし徳行ある人々の香りは最上であって、天の神々にもとどく。

徳行を完成し、つとめはげんで生活し、
正しい知慧によって解脱した人々には、悪魔も近づくよし無し。

大道に棄てられた塵芥の山堆の中から香しく麗しい蓮華が生ずるように。

塵芥にも似た盲(メシイ)た凡夫のあいだにあって、
正しく目ざめた人(ブッダ)の弟子は知慧もて輝く。




ガティ ガティ パラガティ パラサンガティ ボーディースワハー

AUM
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]


仏陀の語った言葉に一番近いとされているダンマパダ。

ハートチャクラにつながる耳で聴く仏陀の教え。朗読第3章。

お釈迦様のご降誕祭である4月8日。
花祭りに日に「こころ」についてのお言葉を聴きます。

c481ae9c.jpeg












エローラの仏陀


仏陀の真理の言葉 
~第3章~
こころ

心は、動揺し、ざわめき、護り難く、制し難い。
英知ある人はこれを直くする。弓矢職人が矢柄を直くするように。

水の中の住居(スミカ)から引き出されて陵の上になげすてられた魚のように、
この心は、悪魔の支配から逃れようとしてもがきまわる。

心は、捉え難く、軽々とざわめき、欲するままにおもむく。
その心をおさめることは善いことである。心をおさめたならば、安楽をもたらす。

心は、極めて見難く、極めて微妙であり、欲するがままにおもむく。
英知ある人は心を守れかし。心を守ったならば、安楽をもたらす。

心は遠くに行き、独り動き、形体なく、胸の奥の洞窟にひそんでいる。
この心を制する人々は、死の束縛からのがれるであろう。

心が安住することなく、正しい真理を知らず、
信念が汚されないならば、さとりの智慧は全からず。

心が煩悩に汚されることなく、おもいが乱れることなく、
善悪のはからいを捨てて、目ざめている人には、何も恐れることが無い。

この身体は水瓶のように脆いものだと知って、
この心を城廓のように堅固に安立して、知慧の武器をもって、悪魔と戦え。
克ち得たものを守れ。しかもそれに執著することなく。

ああ、この身はまもなく地上によこたわるであろう、
意識を失い、無用の木片のように、投げ棄てられて。

憎む人が憎む人にたいし、怨む人が怨む人にたいして、
どのようなことをしようとも、邪なことをめざしている心はそれよりもひどいことをする。

母も父もそのほか親族がしてくれるよりもさらにすぐれたことを、
正しく向けられ心がしてくれる。



のうまく さまんだぼだなん ばく
南無釈迦牟尼仏


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[11回]

仏陀の語った言葉に一番近いとされているダンマパダ。

ハートチャクラにつながる耳で聴く仏陀の教え。朗読第2章です。

目を閉じ内なるスペースで聴きましょう。
「空」なる境地でハートを傾けてください。


仏陀の真理の言葉 
~第2章~
はげみ

つとめ励むのは不死の境地である。
怠りなまけるのは死の境涯である。
つとめ励む人々は死ぬことが無い。
怠りなまける人々は、死者のごとくである。

このことをはっきりと知って、つとめはげみを能く知る人々は、
つとめはげみを喜び、聖者たちの境地をたのしむ。

(道に)思いをこらし、堪え忍ぶことつよく、つねに健く奮励する、
思慮ある人々は、安らぎに達する。
これは無上の幸せである。

こころはふるい立ち、思いつつましく、行いは清く、気をつけて行動し、
みずから制し、法にしたがって生き、つとめはげむ人は、名声が高まる。

思慮ある人は、奮い立ち、努めはげみ、自制・克己によって、
激流もおし流すことのできない島をつくれ。

智慧乏しき愚かな人々は放逸(ホウイツ)にふける。
しかし心ある人は、最上の財宝(タカラ)をまもるように、つとめはげむのをまもる。

放逸に耽るな。
愛欲と歓楽に親しむな。
おこたることなく思念をこらす者は、大いなる楽しみを得る。

賢者が精励修行によって怠惰をしりぞけるときには、智者の高閣に登り、
自から憂い無くして(他の)憂いある愚人どもを見下す。
山上にいる人が地上の人々を見下すように。

怠りなまけている人々のなかで、ひとりつとめはげみ、
眠っている人々のなかで、ひとりよく目醒めている思慮ある人は、
疾くはしる馬が、足のろの馬を抜いてかけるようなものである。

マガヴァー(インドラ神)は、つとめはげんだので、神々のなかでの最高の者となった。
つとめはげむことを人々はほめたたえる。放逸なることはつねに非難される。

いそしむことを楽しみ放逸におそれをいだく修行僧は、
微細なものでも粗大なものでもすべて心のわずらいを、
焼きつくしながら歩む。燃える火のように。

いそしむことを楽しみ、放逸におそれをいだく修行僧は、
墜落するはずはなく、すでにニルヴァーナの近くにいる。



さらにつづく・・・・
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

Dammapada(ダンマパダ)=法のことばは
仏陀の語った言葉に一番近いとされているものです。
活字で読むのとは趣を変えて、朗読もまた心地良いです。

耳で聴く仏陀の教え、
耳はハートにつながっています。

しばし目を閉じ内なるスペースで聴きましょう。
「空」なる境地でハートを傾けてください。



仏陀の真理の言葉 
~第1章~
ひと組みずつ

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。
車をひく牛の足跡に車輪がついて行くように。

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。
影がそのからだから離れないように。

「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。
かれは、われらから強奪した。」という思いをいだく人には、怨みはついに息むことがない。

「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。
かれは、われらから強奪した。」という思いをいだかない人には、ついに怨みが息む。

実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、
ついに怨みの息むことがない。
怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。



続きはまた今度

 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

| HOME |
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]