メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 千夜聖話  
これは創作の物語りであることを、あらかじめお断りしておきます。(´_`illi)
真面目( ´_ゝ`)にご覧いただいても、ケケッΨ( ̄∀ ̄)Ψと笑い流してもご自由。
二元性の肉体の目で見るこの世界は、すべてが分別、分離されています。
判断、選択、戦いという意識を求めます。これをマーヤ(幻力)といいます。
いいねぇとやだねぇ、正しいと間違い、きれいきたない、好き嫌い、光と闇もそう。
ここで語られる創作寓話は二元性の目では見えないものばかり・・・・
物質性ではなく一元性なる空なる世界をイメージして創られています。
だから検証できません。プルーフ!? もちろん証拠もありません。
体験するしかないことばかりで構成されています。
やるもよし、やらぬもよし。信じる信じないではなく、どっちもありの世界です。


マントラは神の言葉じゃ。
(ある賢者とそのお弟子さんの会話)

mahamrityunjaya-yantra.jpg









弟子(以下D)「おお、偉大なるサッド・グル。
私の大切な友が「癌」という病に苦悩しております。
その友に、グルから教えていただいたマントラを伝えたのですが、
なかなか快癒いたしません。いかがしたらよろしいでしょうか?」


賢者(以下J)「その友は、ほんとうに病を癒したいのかね?」

D「も、もちろん…で、ございます。」

「かたときも、途切れなく唱えているのかね?」

D「かたときも?とぎれなく、ですか?」

「マントラとは聖なる波動を生み出す神との通信波である。」

D「はい、それは理解しております。」

「マントラは神の言葉サンスクリット語で構成されており、
この言語を正しく唱えることで神意識にアクセスするのだ。
広大無辺な宇宙から、求むる神の力を呼び出しているのだと思え。」

D「友人が一心に唱え続けているか、ということですね。」

「ほんのちょっとだけ神の扉をノックしておしまいにしておらんか?」

D「・・・・・・」

「マントラは繰り返し唱え続けてこそ場が振動し
初めて神というエネルギー共振が起こるのだ。」

D「エネルギー共振ですか?」

「神の言葉を繰り返すことを、ナマスマラナという。」

D「それは神を憶念し続けるということですね。」

「そうじゃ、神とはエネルギーなのだ。
どうしたいかという想念が人それぞれあろう。
なので、ヴェーダには多くの形象を持つ神々が讃えられておる。
日本にも八百万の神々がおろう。それはそういう意味である。
千差万別、様々な要求に応える力の現れが八百万なのだよ。」

D「八百万の神の力のどこにアクセスしたいか、ということですね。」

「ナマスマラナとは、どの神意識につながりたいかの意思表明だ。
だから、思いを達成したいのであるならば、
何を差し置いてでも、つながり続けなければならん。」

D「一旦、ドアをノックしたら、唱え続けよと・・・」

「そうだ。わざわざ出てこられた神々に失礼じゃろう。」

D「そうなんですね、その願いが達成するまで
唱え続けられたかが問われるのですね。」

「だから、本氣で治したいのかねと尋ねたのだよ。
本氣ならば、治る治らんとグダグダ思考しておる暇があったら
完治するるまで必死に唱え続ければ良いのじゃ。」

D「おお~。」

「ナマスマラナとは、スワハーなんじゃ。」

D「サレンダー、神への全託ということですね。」

「ゆだねる、まかせる、すべてを明け渡すんだよ。」

D「すべてですか?」

「そう、からっぽになりゃいいさ。
そのからっぽを、仏陀は“空”とおっしゃったぞ。
空とはゼロじゃ。漢字で零。これは “れい” とも読む。
すなわち霊のことであり、空は霊、魂なのだ。」

D「魂を明け渡すのですか。死んでしまいますよ、それじゃあ。」

「死ねば良いではないか。
その頭で考える思考そのものを全部殺してしまえばいいのだ。」

D「ああ、ナマスマラナとは究極のマインドを消す作業だったのですね。」

「だから、つべこべ考える暇があったら、唱え続ければいいんじゃ。」

D「そうでしたか。」

「からっぽだ。“ 空 ” になればスペースができるんじゃ。
神のエネルギーはそこめがけて流れ込むのだから。
惨めさや絶望感でこころがいっぱいになっていたのなら
神はいったいどこへ恩寵を注げばいいんじゃ。想像してみぃ。」

D「いっぱいの器にそれ以上、水を注ぐ余裕はございません。」

「それでも、神は慈悲そのものだから、注ぎ続けてくださる。
そなたらの穢れもいっしょに清め流さんと、たとえ器が溢れても
注ぎ続けてくださっているのだが、エゴで曇った人間にはわからんのじゃ。」

D「そうでしたか。
惨めさや苦悩で自分という器をいっぱいにするより、
一旦、空にしておいたほうが、神が恩寵を注ぎ易いのですね。」

「それを “ 宇宙は真空を嫌う ” と言うのだよ。
空のところに流れ込む宇宙の摂理が働くのだ。」

D「宇宙は真空を嫌う、のですね。」

「そしてマントラはご縁なのじゃ。その者を空にする力がある。
だから疑うのではなく、必要なものが必要なときに顕現したのだと知れ。」

D「はい。もう一度、友に話してみます。」

「唱えたから治るのではなく、治るまで唱えるのじゃ。
それがスワハーとな。つべこべ言わずに、ただ唱えよ、とな。」

D「わかりました。ありがとうございます。」

「病みとは闇なのだ。闘わず照らしなさい。

神のこころはバターのようじゃ。ほんのちょっと暖めりゃとろぉ~り融けだす。
とろけたものがアムリタじゃ。それが万能の秘薬なのだよ。
暖めるというのは、その “病み” そのものを優しく見つめることなのだ。
忌み嫌うのではなく、逆に感謝してやれ。びっくりするぞ病気のやつ。」

ca44e82d.jpeg















 



マントラの効用はいまでもアーユル・ヴェーダ(代替医療)として
伝承され科学的な研究もなされています。

漢方とはもともとヴェーダから伝承されたもので
中国は信仰がないのでマントラの部分だけカットしてしまい
薬草の処方だけが残っているのです。

本来、アーユル・ヴェーダのドクターは
薬草を調合する際に、マントラを唱え続けその波動を転写します。
そうしないと、その病を癒す効力が完全に発動されないのです。

以下のHPに、人の声が癌を消すという科学的検証を
掲載したものがありました。ご参考までに・・・・


るいネット

(以下概略転載)

440Hz付近の音、特に人間の声の振動が、ガン細胞を崩壊させる―。
波動の共鳴に、不思議な力が秘められている事例を紹介します。

(中略)

顕微鏡で「ガン細胞」を見ると、健康な細胞に比べ、ガン細胞の方は、若干、肥満ぎみだといいます。そのガン細胞(子宮ガンの細胞を実験に利用)と、健康な細胞の双方に、音を放射していくと、256ヘルツあたりで細胞は伸び、しだいに音を高くしていく(周波数を上げる)と、細胞は丸くなって、色も赤からピンクになるなどの変化が生じ、音の振動数が『400~480ヘルツ』付近になると、ガン細胞の方は、この音との共鳴効果に耐えきれずに、崩壊していったそうです。

21分ずつ、細胞に、30~40デシベルの音圧で、さまざまな音を聞かせていった際、上記の反応が顕微鏡下で観察されていったそうです。音源として、銅鑼(どら)・ギター・木琴など、いろいろなものが使われたそうですが、最も効果的であったのは、『人間の声(アカペラ無伴奏)』であったそうです。

ママン自身の「声」を利用したそうですが、ママンの声の振動の反復に、ガン細胞は耐えられず、3度目に歌うと、ガン細胞は不安定に揺れはじめ、統合性を失って混乱したガン細胞は、構造を維持できなくなって崩壊したそうです。一方、健康な細胞は、同じように音の刺激に共鳴しながら、まったく異常が見られなかったといいます。

ママンはこの点について、「人間の声には、他の楽器にはみられない、何か強力な波動が含まれている」との感想を、期せずして記すところとなりました。

(中略)

日本人の古い信仰体系の中に息づく「言霊(ことだま)」、そして密教などで唱えられる「マントラ(真言)」、さらに、洋の東西を問わずに民間習俗の中に息づく「呪文」などは、忘れられた『古代の音響学の残滓』だ、とみる人もいます。こうした『古代の音響学』の中心にあるのが、440ヘルツ付近の音だといいます。

(以上転載終わり)

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

PR
| HOME |
SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]