メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリスタルのビーズで作ったブレスレットはいまだ人氣が衰えません。

様々なパワーストーン効果を期待し、身につけることで恩恵を得たいとするものですが
パワーストーン・ブレスには、逆に邪氣がたまりやすいということも懸念されます。

開けられた穴の中に吸い込んだものがたまってしまうのです。
クリスタル自体も色が褪せていたり輝きがなくくすんでいる感じが見受けられ
一刻も早い浄化の必要性を感じられるものも多々見受けられます。

エゴや欲という念をたっぷり吸い込んで、それはそれは重たそうになっていて
見るからにかわいそうなブレスレットを付けたままの方をよく拝見します。
あ~ぁ、これじゃあ、かえって運を低下させるのにな~と・・・

付けっ放しにしないで、1日の終わりに流水や塩で浄化し、
ホワイトセージやアガルバティなどの香を焚いて清め、
ヒーリングできるかたはチャージしてあげて、
水晶クラスターの上に置いて休ませてほしいものです。
朝日に当てて光を吸収させるのもいいですね。
石によっては退色するものがあるので日光はだめなものもありますが

ただ、機械で強引に磨かれ穴を開けられ加工されたクリスタルは
波動が低下しているので未加工の原石を持たれることをおススメします。



どうしてもブレスレットにして身に付けたいのなら、
例えばルドラークシャとの組み合わせなどいかがでしょうかね。

ルドラークシャとは菩提樹の実で、インド、ネパール、チベットなどで採取されます。

首にかけたり、あるいは見るだけでもカルマやこころが浄化されるほど強力であるといわれ、
インドでは特別に神聖なものとみなされています。ブレスレットや、ネックレス、
そしてジャパマラ(マントラ数珠)として使用されたり、
そのまま祭壇に安置しプジャ(礼拝)の対象として使用されることもあります。

ルドラークシャは、シャクティとのつながりを得て修行を進めるために使用されてきた、
非常にスピリチュアルなものです。霊性向上のための必須アイテムでもあります。

インドの最強神、破壊と再生のシヴァ神の絵にも
首や腕にたくさんのルドラクシャを身に付けているのが描かれています。
ヨーガ行者やシヴァ神の信奉者たちに好んで使用されており、
シヴァ神の信仰者にとって、ルドラークシャのジャパマラは必須アイテムです。
ヒマラヤに住む聖者や修行者の中で、ルドラークシャ、
あるいはルドラークシャで作られた数珠、ネックレス、ブレスレットなどを
身につけていない聖者や修行者を探すことのほうが困難なほど。


1054be9e.jpeg






























仏教でも、ルドラークシャは別格扱いされており、
多くの仏典の中で、菩提樹の実の数珠によってマントラ(真言)を数えるなら、
その恩恵は、無限大であると絶賛されています。

お釈迦様が悟りをひらかれ仏陀となったときの樹が菩提樹として有名ですね。
インドのブッダガヤ(悟りの地)にはその樹が聖なる対象として祀られていて、
日本からたくさんのお坊様たちがこの菩提樹の数珠を求めにいらっしゃるようです。


また、このルドラークシャを身に着けると、シヴァ神をはじめ、
ヴィシュヌ神、ガネーシャ神、ハヌマーン神、太陽神など多くの神々の恩寵が得られ、
富や財産、子孫に恵まれ、大いなる繁栄が約束されると言われ、
最近ではお守りとして、宗派や宗教を超えて、幅広く使用されるようになってきています。


ルドラークシャの語源は、サンスクリット語で
シヴァ神(ルドラ)の目(アクシャ)を意味しています。

ヴェーダでは、ルドラークシャは、
シヴァ神の目から流れ落ちた涙であると伝えられています。

その昔、シヴァ神は、すべてのものの幸福のために長年瞑想をし続けていました。
人々の苦しみを理解して救済したいという強い願いが生まれ出でて、
その半眼から熱い涙の粒が母なる大地に落下しました。
その場所から樹が育ち、実った果実の中に見つかったのが
ルドラークシャであるとされています。
そこに宿るシヴァ神の神秘的な慈愛の力=シャクティ(霊的な力)の恩恵を
受けることができるようになったというのです。
 

ルドラークシャの形やサイズは、産地によって異なりますが、
その個性を決める最大の特徴はムキー(面)です。
面の数は、表面に刻まれた溝の本数によって数えることができます。
ムキー(面)は、1~38面?まであるといわれています。

溝が1本だけのものはエークムキー(1面)、2本あるものはドームキー(2面)、
3本あるものはティーンムキー(3面)、4本あるものはチャールムキー(4面)
という風に見ていきます。レアなムキーのルドラークシャほど高値で、
1面で一粒、数十万円したり、中には家が一軒買えるほどの高価なものもあるようです。
チャオダムキー(14面)は、すべてにおいて最高の結果をもたらすとして、
インドではかなり人氣があるようです。
それだけに中国産の巧妙な偽物も大量に出回っています。

ルドラークシャの中でもっとも多いのは、表面に5本の溝があるパーンチャムキー(5面)で、
ルドラークシャの約95%がこれに該当しています。
通常お店で見かける一般的なものがパーンチャムキーです。
 
この面の数と神々がそれぞれ対応していると聖典には書かれています。


1面のルドラークシャは、パラマブラフマー(最高神ブラフマー)。
パラタットヴァ(至高の真理)を明らかにする。
これを身につけるとき、パラタットヴァの知識が生じ、ブラフマーを見る。

2面のルドラークシャは、シヴァ・シャクティ。
半身がシヴァで半身がパールヴァティーであるアルダナーリーシュヴァラである。
これを身につけるとき、アルダナーリーシュヴァラ・シヴァは常にその者に歓喜する。

3面のルドラークシャは、ブラフマー・ヴィシュヌ・マヘーシュ
(ブラフマ神、ヴィシュヌ神、シヴァ神の三神)。
顕現された炎である。…3面のルドラークシャは3人のアグニであるダクシナーグニ、
ガールハパティヤ、アーハヴァニヤである。バガヴァーン・アグニは、
3面のルドラークシャを身につける者に常に歓喜する。

4面のルドラークシャは、チャトゥラーナナ(四つの顔を持つ者の意味で、
ブラフマ神の異名)。ブラフマー自身である。身につける者は、栄華が促進され、
病が破壊され、神聖知識が泉のように湧出して、常に歓喜に満たされる。

5面のルドラークシャは、パーンチャムキー(シヴァ神の妻)。
5つの顔を持つシヴァ自身である。マハーデーヴァは、これを所有する者に歓喜する。

6面のルドラークシャは、シヴァプトラ・スカンダ(シヴァ神の息子スカンダ軍神)。
カールッティケーヤである。ある専門家は、6面を司る神はガナパティであり、
6種の知識が確立されるとする。

7面のルドラークシャは、サプタマートリカー、サプタルシ(七母神、七聖賢)。
司る神は、太陽と七聖仙である7人のマートリカー(神群)である。これを所有することで、
幸運が増大し、健康と純粋知識が確立される。
これは、人が清らかである時に身につけられるべきである。

8面のルドラークシャは、八体のシヴァ神像。
司る神は、8人のマートリカー(神群)であるブラーフミーである。これを所有することで、
8人のヴァス(自然現象を神格化した神群の総称)とガンジス河が歓喜する。
これを身につけることで、ジーヴァ(生命原理、個我)が真理と歓喜に満たされる。

9面のルドラークシャは、ナヴァドゥルガー(ドゥルガー女神の9つの姿)。
デーヴァター(神格)は、ヤマ(閻魔天)である。これを所有することで死の恐怖から逃れる。

10面のルドラークシャは、ダシャ・アヴァターラ (ヴィシュヌ神の10の化身)。
デーヴァター(神格)は、10種の慈愛である。
10種の慈愛は10面のルドラークシャを身につける者に歓喜する。

11面のルドラークシャは、エーカーダシャ・ルドラ(ルドラ神の男性としての11の分身)。
デーヴァター(神格)は、11人のルドラとインドラである。これを所有する者は幸福を享受する。

12面のルドラークシャは、太陽神、ジョーティシュ・ヴァクラ(光るシヴァ神)。
ヴィシュヌが顕現したものである。そのデーヴァター(神格)は、
12人のアーディティヤ神群である。シヴァの帰依者は、これを所有するべきである。

13面のルドラークシャは、ヴィシュヴァデーヴァ(すべての神々)。
もし身につけるならば、その者の願望を確実にする。彼には、もはや失敗はない。
カーマ・デーヴァは、これを身につける者に歓喜する。

14面のルドラークシャは、第四のインドラ神、ブヴァネーシュヴァラ(世界の主)。
すべての病を破壊し、永遠の健康を授ける。これを持つ間は、酒、肉、玉葱、大蒜、
サジュニャーの実、チャールターの実、そして排泄物を食べる豚の肉などを食してはならない。
日食や月食の期間、ウッタラーヤニャ・サンクラーンティ
あるいはダクシナーヤナ・サンクラーンティの期間、満月や新月の期間にルドラークシャを
身につけるならば、その者は、即座にすべての罪から解放される。

(聖典シュリーマド・デーヴィー・バーガヴァタムより)


このように聖典の中で、はかり知れない恩恵をもたらす特別なものとして推奨されていますが、
ルドラークシャの効果は、アーユルヴェーダの実践者たちによっても絶賛されてきました。

近年、ルドラークシャの知名度が高くなり、多くの人々に使用されるようになってから、
科学者やドクターたちがその心身に及ぼす効果に注目するようになり、
様々な効果やメカニズムについて科学的な研究が多く行われるようになりました。


人体には、微弱な生体電氣が流れています。
この電氣の流れは生体電流と言われ、
脳と身体の様々な部位を結ぶ情報伝達に関係しています。
感じること、考えること、聞くこと、味わうこと、見るもの。
このような感覚は、すべてこの微弱な生体電流に依存しています。

この生体電流の流れがスムーズであれば身体は正常に機能しますが、
異常が生じると、私たちは不快を感じるようになり、心身に不調が生じます。

人が、ストレスの生じる状況にさらされると、
ニューロンや神経伝達物質の活動が非常に活発になり、
その結果、身体と脳の生体電子回路に混乱が生じることがあります。

実際、現代人の多くは、寝つきの悪さ、アルコールへの依存、心身の不安定、
心臓の痛み、皮膚がカサカサになるなど様々な問題を抱えており、
この多くの問題が、心身の不調あるいはストレスに起因するものである言われています。

ルドラークシャは、誘電体(電氣エネルギーの貯蔵所)として働くことが知られており、
この誘電特性には生体電流を安定させる作用があることが知られています。
この誘電特性(静電容量)は、機能亢進、心臓の動悸、あるいは心臓の鼓動などを
制御して安定させるのに有効であることが分かっています。

ルドラークシャにある過剰な生体電氣エネルギーを制御する
コンデンサーのような誘電体としての作用により、
生体電流の過剰な活動を整える作用があるのではないかと考えられています。

近年の科学的な研究により、ある特定のムキー(面)のルドラークシャが
電氣抵抗に関して決定的な要因を持っていることがわかってきています。

この特定のムキー(面)を持つルドラークシャが生体電氣インパルスの流れに抵抗するとき、
その抵抗要因に依存して特定のアンペアの電流が生成され、この特定のアンペアが、
心臓と協調して働くことにより、脳に特定のインパルスが発信されます。

このルドラクシャによって発生した生体電氣インパルスは、
氣分を良くして心を落ち着かせる作用がある一定の脳内化学物質を刺激することが
分かっています。このことは、実際に多くの人が、ルドラークシャを手に握ったり
身に着けたりしたときに、心が落ち着いたり、リラックスしたり、
あるいは集中力が高まったように感じる理由の1つなのかもしれません。

ルドラークシャが心身に及ぼす肯定的な作用に関して最もよく知られている研究報告の1つが、
インド工科大学のロイ博士によって公表されています。
ロイ博士は、ルドラークシャを心臓の上に置いたときに心拍動が安定することを発見し、
それについて研究を行っています。

血液循環と心拍動は、自動的に、身体、特に心臓部位のまわりの磁場を誘導します。

この誘起磁場の極性と強度によって、ルドラークシャは、それと反する極性と強度を備えた
極小の微細な電氣的かつ誘導的なインパルスを送信します。
ルドラークシャは、磁石と同様に、動的な極性の原理に基づいて作用します。
この原理により、ルドラークシャを心臓の上に置いたとき、心臓の拍動が
正常な速度の範囲を超えると、それを調節するために、
それに比例してバランスを保つ力が心臓に作用します。

この作用は、身体における理想的な血液循環を維持する助けになります。
人体は、中枢神経系、各臓器系、およびそれらの調節機能によって構成された
複雑な生体電子回路とみなすことができます。ルドラークシャによって整えられた血流は、
ニューロンと神経伝達物質に対する過剰なエネルギーの有害な影響によって
引き起こされたストレス関連の様々な問題を防ぐ役目を果たし、
この人体という生体電子回路に、若返りの効果を及ぼすのです。

この情報は、
gane_logo3.gif



「ガネーシャ神と開運グッズ」さんのご紹介を参照させていただきましたm(_ _)m


他にもルドラークシャは惑星との関わりがあり、占星術にも応用されています。

占星術家やヨーガ行者によると、ルドラークシャは惑星の悪影響を取り除くのに
極めて効果的です。惑星の悪影響を取り除くために、しばしば宝石が処方されます。
しかし、それにもかかわらず悪影響が緩和されない場合には、
以下の面数のルドラークシャを身につけることが強く薦められます。
そうすることで、惑星の悪影響が取り除かれるだけでなく、
身につける人に心の平安と多幸感がもたらされ、シヴァ神の愛子となります。
以下にルドラークシャの面数とそれに対応の惑星を掲載いたします。

1面&12面ルドラークシャ
この面数のルドラークシャは太陽系の中心に位置し、諸惑星を従える
太陽(スーリヤ)をあらわします。このルドラークシャは、太陽からの惑星の影響を
効果的にコントロールします。占星術では、太陽による身体への悪影響は、
右目の疾患、頭痛、耳の病気、お腹の病気、骨粗鬆など、また精神への悪影響は、
自信、カリスマ、個性、リーダーシップの欠如などがあげられます。
1面あるいは12面のルドラークシャは、太陽(スーリヤ)による悪影響を緩和します。
身につける人々に立ちはだかる障害が取り除かれ、
豊かで力溢れる人生を歩むことができるでしょう。

2面ルドラークシャ
支配星は月です。2面のルドラークシャは、身体的には、左目の疾患、腎臓、腸など、
精神的には、調和の欠如などの月による悪影響を緩和する働きがあります。
23ff563a.jpeg
2面ルドラクシャとジャパマラ

3面ルドラークシャ
支配星は火星です。火星は、火の神であるアグニをあらわします。
3面のルドラークシャは、身体的には、血液の病気、血圧の異常、虚弱体質、
月経不順、腎臓の疾患など、精神的には、気落ち、憂鬱、罪悪感、劣等感などの
火星による悪影響を緩和する働きがあります。
c974d349.jpeg


















3面ルドラークシャとアグニマニ(テクタイト)

4面ルドラークシャ
支配星は水星です。神話では、この面数のルドラークシャはサラスワティ女神と
ブラフマー神をあらわしています。水星による悪影響には、精神的愚鈍、
理解力の欠如、コミュニケーションの困難、神経過敏症などがあげられます。
また論理的思考能力、具体的考察、構造的考察能力にも影響を与えています。
4面のルドラークシャは、水星の悪影響を取り除きサラスワティ女神からの祝福を得ます。

5面ルドラークシャ
支配星は木星です。木星は、身体的には、骨髄、肝臓、足、大腿部など、
精神的には、知性、魅力、宗教などに影響を与えます。
また金銭や物質などにも関わりがあります。木星の悪影響には、心の平安の欠如、
貧困、調和の欠如、肥満、糖尿病、肝臓疾患などがあげられます。
5面のルドラークシャは、木星の悪影響を取り除くのに効果的です。

6面ルドラークシャ
支配星は金星です。金星は、身体的には、生殖器、喉など、
精神的には、愛、音楽、芸術、快楽などを象徴します。
上記に関連する疾患や問題は、6面ルドラークシャによって緩和されます。

7面ルドラークシャ
支配星は土星です。土星による悪影響は、突然の病、突然の死、性的不全、風邪、困難や
障害、希望の欠如、落胆、目的達成の遅延、長期疾患、心配、不安などがあげられます。

8面ルドラークシャ
支配星はラーフです。8面のルドラークシャは、ラーフの影響を取り除くのに効果的です。
ラーフの影響は、7面が支配する土星(シャニ)と似ているところがあります。
ラーフの悪影響には、予期しない出来事、肺疾患、足、肌、目の病気などがあげられます。
蛇に噛まれることも、ラーフが影響しているといわれています。

9面ルドラークシャ
支配星はケートゥです。ケートゥはラーフと相対の位置にあり、火星の影響と似ています。
ケートゥによる悪影響には、肺疾患、熱病、目の痛み、お腹の痛み、肌の病気、
身体の痛みなどがあげられます。

10面ルドラークシャ
10面のルドラークシャが支配する惑星はありませんが、すべての惑星を
コントロールする役割があるといわれます。これを身につける人は、
安心感、安堵感を得られるといわれます。

11面ルドラークシャ
特定の支配星はありません。これを身につける人は、勇気や自信をもたらし、
人生を進んで歩むことができるようになります。また瞑想の補助になり、
ヨーガにおける問題が取り除かれます。

12面ルドラークシャ
支配星は太陽です。その効果については、1面をご参照ください。

13面ルドラークシャ
このルドラークシャの効果は、6面のものと似ています。瞑想やスピリチュアルな
達成に効果的です。また物質的豊かさをもたらすといわれます。

14面ルドラークシャ
支配星は土星です。
これを身につける人は、土星の悪影響が昇華され、直感力が冴えます。

奥が深そうですが、取りあえずこれくらいに。

3e5ea094.jpeg










アクセサリーとして身につけるのも良いのでしょうが、
できれば、せっかく神の恩寵が授けられるのであるならば
祈りの道具(ジャパマラ)として使うのが一層素晴しいいかもしれませんね。

AUM
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[10回]

PR
昨日の大雪。
首都圏には珍しく、かなり吹雪きました。

6de649c8.jpeg


















雪の降る直前のし~んと静まり返る空氣がピンと張り詰めたような緊張と静けさが好きです。

大氣が静寂につつまれるというのか・・・・・、聖なる空間といえばよいのか・・・

空氣中の穢れを地に落とし、そのまま封じ込めて大地に返し浄化するのでしょうか。
雪も地球の自浄作用のように思えます。

77543f72.jpeg


















白く輝く世界は、日常の雑踏と不協和音を覆い隠し
美しい統一感のある静謐な風景へと変容させます。
見慣れた風景が輝く瞬間です。

雪国の方には、そんなにロマンチックじゃなくて厳しいんだよ雪はと
怒られてしまいそうですが、都心の珍しいの雪景色の描写のことだとご容赦ください。


b3cdc265.jpeg
















一夜明ければ、白日夢のごとく太陽の光にさらされて融けて消え行く運命の雪たち。
道路のわき道を白い残り雪がかすかに形跡を伝えます。

積もってる間だけ、ちょっと楽しく雪遊び。
全身が埋もれてしまうほどは積もらないけれど、
日々の穢れにさらされたこころや魂が少しでも清められればいいなと
儚いひとときの雪の祭典に身をさらします。

キ~ンと寒くて雑念がすっとんでしまうからまるで、瞑想のような瞬間を体験できます。

ce6448e9.jpeg

















「空」を楽しむような一瞬。
色即是空。空即是色。
見えない空という空間から発生した雪は、
やがて見えない空へと消え去ります。


どこからともなく、雪の馬、白馬が現れて
神秘の瞬間を盛り立ててくれました。

bd46d33d.jpeg



















こうべを垂れた木に積もる雪。まるで白馬に見えませんか?

静かなる「空雪」に瞑想と祈りを捧げます。

f93ff224.jpeg


聖なる雪日の絵日記でした。
AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

2013年1月3日。伊勢神宮。
やや陰り氣味で、晴れたり曇ったり。

7b8f4028.jpeg

















外宮での豊受大神の御前で捧ぐ祈りと祝詞。
その時、第三の目から付きあがり頭頂に向けて
金色の丸い光が入るのを体感。

日差しは弱く、太陽の輝きとは少し異質な感じで
ふわ~っと天に突き上げられるような引力を感じます。

年末から年始にかけて、日差しが弱くなったと感じています。

天文的な加減なのか、霊的次元の変容なのかはわかりませんが
日差しが強い輝きではなく、やわらかく流れ行く光とでもいうか、
そんな感じになっている印象を受けました。

c534a1c3.jpeg

















かげろうのような日差しを受けて浮かび上がるヤクシのシルエット。
自然の精霊の息吹を感じることができます。

 

外宮の後に、内宮に参拝します。

18b7e635.jpeg






















この日は物凄い人出。
20年に一度の遷宮だということもあるのでしょうか。

cdaabd28.jpeg


















この大勢の人が一度に祈りのために時間を捧げる大和の国。
素晴しいですね。この祈りがいにしえより平安を支えてきた
光の御柱の原動力なのではないかと感じます。


伊勢の参道の灯篭には六芒星が刻まれていて
明らかに神道がユダヤ教の名残を残していることが伺えます。

3bb80a7c.jpeg

















しかし、日本に入ってきて天照(イエス?)と神化して
新たな信仰となって根付いていったのでしょう。


4be90b6f.jpeg
日本古来の自然信仰が、ご神木にも感じられます。

d374a59a.jpeg


















紫色の光の柱が、一層神聖さをかもしだします。



91d18534.jpeg

今回はYちゃんの旅の相棒スナフキンとともに
Kちゃんのケロちゃんも一緒に2ショットで記念撮影。

 

おかげ横丁は驚異的な混み様だったので、早々に退散。
猿田彦神社で天宇受売命(あめのうずめのみこと)をお参りしました。

e3fd9367.jpeg









アマテラスが天岩戸から出ていただけますように
天宇受売命が共に動いていただけますように。



伊勢市駅につくと空には鳳凰の形をした雲が
お見送りしてくれているようでした。

1a3a57bd.jpeg



















そして、翌日は、奈良の龍田大社に参詣。
風神と龍神が祀られています。

30a31516.jpeg












こうちゃんのご自宅そばで
いつも一緒に参拝したことを思い出します。
龍のお守りが日本一かっこいいとご自慢でした。

e102fb2d.jpeg


















今回はご両親と一緒にお参りに伺いました。
クリスチャンだから神社参拝という習慣はないのですが、
寒い中、一緒に行くとおっしゃって車を降りられたのにチャオちゃんも驚かれた様子。

龍田大社で、こうちゃんの七五三を祝ったそうです。
こうちゃんが袴をはいた姿が可愛かった、とお母様が嬉しそうに話してくださいました。


個人的にではなく、みんなのためにという想いで、おみくじを引いてみました。

「今ぞしる 神の御稜威(みいづ)は かぎりなき
御代の榮(さかえ)を見てもしりなむ」

今こうして顧みると、私たちの暮らしが繁栄してきたのは
分け隔てなく一切の人に神のご威光が注がれていたからなのです。
そんな意味でしょうか。

あまねく照らすアマテラス。
始終、光の存在に導かれる旅でした。

 

風花舞う寒いお天氣の中、お墓参りに行きました。
初雪の中で墓碑を磨き清めると、空はまたもや日が差してきます。

天からの光の洗礼、降りてくる光が写っているようです。

96840934.jpeg
















































空を見上げると、波波の形の雲。
すべては波動でできていますという
ワークのお話しが蘇ります。

0dcc7c70.jpeg



















AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

2013年、謹賀新年。

日いづる元旦は素晴しいものです。

昨年に続き、太陽の周りに虹が立ちました。

81cbc3fc.jpeg















暗黒の三日という噂の山場を通り越し、
つくづく感じさせられたのは、
こうして日々太陽が私たちを
坦々と照らし続けてくれるから
生きていけるのだなぁということを
あらためて実感させていただいたこと。

感謝して生きるということは
日々をあまねく照らすアマテラスに、
この宇宙の摂理に対して
感謝の意識を持って生きることなのですね。

鼻から入ってくる空氣を感じるとき
あぁ、この空氣があるから生きれるんだね、
今日も私たちは生かされているんだねと
当たり前のことのようにある
彼方なるものの摂理に
手を合わせざるをえなくなるのです。

これを畏敬の念というのでしょうか。

食べものや電気がなくても生きていけますが
もし空氣や太陽がなくなったとしたら、
我々人類は数分で絶滅するでしょう。

実は、そういう際どいギリギリの状態を
バランスよくタイミングよく見計って
采配してくださるのが神の恩恵というもの。

正月に神社に詣でる日本人の習慣は
この見えざる大いなるものへの御礼と
お陰様という宇宙の摂理への感謝です。

何をお願いしようか?じゃ、ないんです。
すでに、こうして生かされてるじゃないですか。

86dda5c1.jpeg












↑2013.1.1.大国魂神社


3日は伊勢神宮に参拝にうかがいます。
この大和の国を御柱で支えてくださっている
神と讃えられる宇宙摂理に御礼と感謝を込めて。

もういちど言います。
私たちは電氣や贅沢な食べものがなくても生きて生けます。

しかし、アマテラス太陽がなければ死に絶えます。

ひとりひとりの内に、太陽への畏敬の念や
当たり前のことに感謝できなくなってしまうことを
天岩戸に天照大神が御隠れになると
表現したのだと感じます。

一万五千年前よりヴェーダでは
それがカリ・ユガ期なんだと伝えられてきました。
2012年冬至ごろがそのピークであると。

宇宙は折り返し点を通過しました。

この先、どんな旅を続けるのでしょう。

この画像は、地球は太陽を中心に回っていて
真ん中で太陽がどっしりと構えているのだという
私たちの考える常識をくつがえします。

太陽ですら、銀河を旅するひとつぶの星だったのです。

そしてさらには、この銀河系すら、
何かはかり知れない大きなものの回りをまわる
星屑の集合体でしかないという事実です。

宇宙の壮大さ、これが摂理という
お陰様で動かされているのです。

ただ感謝です




情報提供は「遠隔霊視と宇宙のネットワーク」より

AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[11回]

2012年もついに終了。
時空連続体の中にあっては
時というものにも境界はなく
今年、来年ということさえも
幻影(マーヤ)という移ろいの写し世。

だから、世界を変えるには
まずは鏡に映ってるやつから
変わらなきゃいけないんだね。

外側の世界に
一喜一憂しているのは
マトリックスの住人。

内側の世界を
明鏡止水に映すことができれば
デーヒ(内在者)が目覚める。

内が作り出している外。
外に左右されている内。

真理は、からだ・こころ・霊の
三位一体の目覚めだけに語りかける
静かなたおやかな高き波動の協奏曲。

2013年、良き年、いやいや、良い悪いではないですから、
2013年、さらに輝く年となりますようお祈りいたします。

それでは鏡の中へ




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

只管打坐。ただ坐ります。
道元様がおっしゃいました。
これぞYOGAの奥義。

アセンションだ、闇だ、光だ、なんだそれは。
すべてが統合に向かう折り返し点を迎えても
まだ、二元論の弁証法世界の住人でいたいのか。

頭であーだこーだ考えることをマインドという。

というわけで、
考えるのではなく感じるのだというYOGAを会得しよう。

ヴェーダがいうYOGAとは、カラダ氣持ちイイのヨガではなく
いまここにつながるYOGAという体験のことであります。

カラダはほっておく。こころの流れもほっておく。
意識を無空につなげる、の手法です。

からだ・こころ・霊(魂)をつなげて一体となる。
三つが目覚めた状態、イエス様のいう三位一体の境地です。

つながるにはまず、瞑想ですかね。

東洋、特に日本には「禅」という素晴しい土壌がある。
坐する場が形成されているということです。

だから、どこでも、だれでも、すぐに「空」の境地に
到達することができるのです。
維持することは難しいですが、到達はできるのです。

その境地を24時間、365日維持できる人を
覚者、悟った人というのかもしれません。

さあ、まずは楽しく坐ることになれましょう。

簡単手軽に、坐禅の体験を・・・・



AUM
 


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう 百回言ってみた。

マントラのようにありがとうを一日何回言うのだと

そうすれば、幸せになる、ビジネスがうまくいく、お金持ちになる?

なんだ、それ。

ありがとうは感謝の言霊だ。

こころの中から感謝があふれ、表す言葉がないからありがとうと言う。

もし、明日、大切な人が事故かなんかで突然他界したら

その人がしてくれたこと、残してくれた大切な思い出に対し、

内から湧き出る真の思いは、悲しさよりも感謝しかない。

本当に言いたかった言葉、もし、いま伝えられるとしたら

それが「ありがとう」だ。

ありがとうを呪文に使ってはならない。

魂の発する、聖なる言霊だから。




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[6回]

ヒーラーとは生き方。
そしてヒーラーとは「何かを変える力」を持っている人。

変化するというのはとても勇氣を必要とします。
自由であるというのはとてつもない勇氣を必要とします。

長年の慣習が作り出した常識というカタチ、
家庭や職場で築かれた世間体というカタチ、
学校や教育で固められた比較というカタチ、
教え込まれたことを積み上げて形成されるのが人格というカタチ。

それらのことを総称してエゴと呼びます。
エゴの素材は過去なのです。
過去に縛られた生き方からカルマが生じ
その網目のような世界をマトリックス、あるいはマーヤといいます。

マーヤは忘れさせるチカラ。
前世、もっと昔の何回かの過去世、
それらの記憶を今に持ち続けていたら
我々は生きていくことができません。
精神の崩壊をきたすでしょう。

だから、ある意味マーヤとは今世生きていくための
神の素晴らしき恩恵でもあるわけですが、
大切なことも忘れてしまいます。

私たちがもともとひとつで、
神とつながっているのだということまで忘れます。

魂の願いとはそれを思い出すことであると言われます。
ヴェーダの叡智はそれを導いてくれるのです。

忘れてしまった大切なことのひとつに
「食」ということがあげられます。

食生活は、こころをクリアにすることを
意識して選ばなくてはなりません。

ヒーラーは、いのちを活かすことが生き方の基本ですから
べジタリアンであることを選ぶのですが、
やはりピュアさを保つためにはベジは欠かせません。

だって、他の殺された動物の血や脂肪で満たされた手で
病氣や精神の闇を癒すなんて、ちょっと変ですよね。

癌等のヒーリングではまず肉食は中止していただきますが
そうでなくとも、昨今のファーストフードライクな食事は
いかがなものかと閉口してしまいます。

たくさんのもも肉があれば効率が良いとばかりに
遺伝子組み換えで4本足の鶏を生産飼育していると
暴かれたファーストフードのフライドチキン。
おぞましい写真が話題になりましたね。

日常皆さんが食する牛や豚や鶏は、
量産のために大量に遺伝子組み換えの飼料が与えられ
検査を通過させるために人間用の抗生物質を与えられています。
人より家畜に与えられる抗生物質の消費量の方が
圧倒的に多いのです。本当の話です。
病原菌に感染してなけりゃいいんです。たとえ死んでいたって。
だからシャブ漬けのお肉を皆さんは食しているのかも。

この映像はフリータリアンの方が提唱しているものです。
いきなりベジタリアンは難しいという方はまず果物で生きる
フルータリアン生活なら出来るかもしれませんね。
おいしいし、健康によいし、ビタミン豊富で、ダイエット効果抜群です。

フルータリアンからみた現代の食生活は
まるでホラーだとおっしゃっています。
言われてみればその通りかも。
いかが感じられますでしょうか?




最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]

かつて、チャネラーのことを
チャルメラだかなんだかわからないが
そんなのどうでもいいからとっとと超えて
いのち輝かせて生きろ!と
おっしゃった御仁がいらっしゃいました。
いまは何次元にいらっしゃるのやら・・・・・


今回、スピリチュアルなヒーラーではありませんが
井口和基氏の公式ブログよりとても面白い情報がありましたので
シェアさせていただきたいと思います。

チャネラーたち、お前らもか?
「チャネラー情報」もまた「NWOの手下」だった!?


クリックするとジャンプしますので、詳細はそちらをご覧ください。


不思議現象やUFOや陰謀論。
そういう怪しい情報をまったく否定しない科学者・・・・・
井口さんのブログは人気絶大ですね。

毎日、日課のように拝見させていただいています。
HAARPモニターの細かな分析にも定評があり
地震波やハリケーンの分析もしてくださいます。

今回の米国で猛威を振るったサンディもHAARPによる
気象操作が絡んでいると解析されています。
サンディの移動進路がとってもありえない怪しさなのです。
理由はオバマの大統領選挙。カミカゼ作戦でしょうか。

09e4d706.jpeg














オバマを光の側だとささやくチャネリングが氣になります。

ちまたを賑わすチャネリング情報。
ここのところブンブン蠅のようにうるさいなぁと
みなさんも薄々感じてはいらっしゃると思いますが
いくつかの某サイトでは、チャネラー情報リークの
胡散臭さを開示し始めているようですね。


アセンションをビジネスにする輩の多きこと、残念です。
井口さんのおっしゃるように、本物のチャネラーに失礼ですし
見えないものにこそ真理があるという真相をまたもや
ちゃかしてしまうことになりはしないかと・・・悲しきことです。


肯定的立場で、長年の追跡とロジカルな分析の結果
これらアセンションの情報の核心はやはりC☆Aが裏で関与し
操作しているのは得心のいくところで、ほぼ確実でしょう。

いったい、ほんとうの真相はどの辺で捻じ曲げられ
改ざんされているのでしょうか?
今後の井口さんの分析に期待するところです。


井口さんのアカデミック・センスの良さが
キリッとシャープに光る情報でした。


霊的なことが、あまりにも生々しく
経済だの政治だのお金に関連してくる情報は要注意でしょう。

霊はカタチに囚われません。
それよりもカタチからの解放の情報こそが
真の霊界通信なのだとおもうのですが。
シルバーバーチを基準にするといいと思います。

ヴェーダでは真を「サット」といいます。
サットとは、たとえ世界が変わろうとも変わらないもののこと。
形象をもたないもの=カタチはいずれ壊れ消え去ります。
私たちの意識が様々な現象界のカタチを生み出します。

感情もカタチ、経済もカタチ、常識もカタチ、政治もカタチ。
やがて消えてなくなります。宇宙の摂理です。

やがて去りゆく真理でないカタチについて
この大事なカリ・ユガ期に云々いうチャネラーは
まずはビジネスか低次元の霊に憑依されていて
ご自身にもわからないのだろうと感じます。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[8回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]