メニューの『Other』をクリックすると、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示されます。 忍者ブログ
目醒めにシンクロして「いのち」輝かせましょ☆シャクティ降り注ぐ惑星通信(-_☆)                       このブログに出てくる広告は、無料ブログの性質上やむなくで、当方とは一切関係ありません。         右端のOther Menusをクリックすると左側に見出し等情報出ますのでわかりやすくなります。
| Home | About | Workshopワークショップ | 日々サットヴァ | ダキニの秘密(リーディング) | イシスの楽園 | マーヤの森 | 聖なるマントラ | みんなのアサイラム | カーラニュース | サルヴァ・ダルマ | 仏陀のハートスートラ | いのちの輝き学び塾 | 千夜聖話(創作物語) | シュリー・ラマナ・マハルシ | TAO | Other |
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

節分を迎えようとする都心に突然、霧が発生しました。
視界を遮るほどの濃霧です。



欧米では厳しい極寒に覆われ、オーストラリアでは熱波。
この日本も北海道や日本海側と豪雪に見舞われています。
東京を中心とする関東では、正月以来、温かな日差しに恵まれ
雪降ることもなく、ありがたい温暖の気候に抱かれています。

その温かさの影響か、節わけの日に霧という不思議な光景です。
霧には霊的意味があると言われますが、宇宙からのメッセージでしょうか。



阿蘇山直下が揺れているようです。
火山へのあるいは地龍への兆しなのでしょうか。

そう言えば、茨城で氣になるニュースがありました。
真実を探すブログさんでも取り上げられていました。

茨城県の大洗町にある涸沼川で、ボラが大量発生。
その数、数万~数十万匹と見られ、地元住民も
「こんな量は生まれて初めて」と話しており、
極めて稀な異常現象だと言えるでしょう。


凄い数のボラさんですね。
大地の異変を察知しているのでしょうか。
聞いてみたいものです。

関東大震災の2週間前にも酷似する現象があったと
懸念されているようです。

大きな太陽黒点が地球側を向いて発生していたようです。
フレアや磁氣の影響があるのでしょうか。


よく言われる耳鳴りや耳圧も感知しています。
宇宙からのエネルギー?が、大量に注がれていると
言われてるかたもいらっしゃいますが、
敏感な人は何か影響を察知しているのでしょう。

災害は忘れた頃にやってくると言わせないよう
意識のアンテナだけは張っておきたいと思います。
多くの人が知れば起こらなくなるといいますから。




AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[4回]

PR
Don't think!
Feel!

考えるな、感じろ…

このセリフはブルース・リー「燃えよドラゴン」からです。



李 小龍、Bruce Lee。
彼の生き方、世界観を明確に伝えるコトタマです。

大摩邇さんのブログに
「イタリア美的生活(artevitaのブログ)」の紹介があり
ついつい懐かしく見入ってしまいました。


ブルース・リーといえば、
自らの肉体と精神力と目にも留まらぬクンフー技で
手強い敵をバッタバタと倒す小柄な東洋人。
逆境の中で、それは氣高く輝くヒーローとして
少年たちのハートを鷲掴み。明けても暮れてもブルース・リーでした。

空手やクンフー、截拳道に憧れた時期でもあります。
そして、ブルース・リーといえばヌンチャク。
これがまた一世風靡。ヌンチャクを練習していた人が多かったです。
(私もまた、自家製ヌンチャクを作って頭にコブしたひとりでした。^^;)

ブルース・リーのヌンチャク卓球


ブルース・リーがヌンチャクでタバコやマッチに火をつける





Bruce Lee - Nunchaku
ブルース・リーのお陰で、東洋人はクンフーか空手の使い手であると
海外でも勘違いされるシーンがありました。
昔、一人で半年ほどインドを放浪しているときも、
日本人の私を見るとインド人は皆んな、空手知ってる?
ブルース・リー知ってる?と寄ってきたものです。
ブルース・リーにかぶれていた時期がありましたので、
ニヤっと笑って、「You fight?」とリーのポーズをすると
サ~ッと道が開いたものです。いま思うとナントお恥ずかし…m(_ _)m
でも、それほどブルース・リーは神話的な存在でした。

冒頭の「考えるな、感じるんだ」は
禅でありヴェーダのディアンの境地であり瞑想の極意です。
だからインドでも神のごとく受け入れられていたのかな?

そういえば、ブルース・リーの格闘シーンでは
どんなに大勢の悪漢に取り囲まれようと
いつも真ん中で静かに表情をかえず落ち着いていました。
サットヴァの目をして…

まるで宮本武蔵の如くです。
ブルース・リーの戦い方は侍、武士道ですね。

ブルース・リーの哲学という映像がありますのでご覧ください。



自分自身を研究するんだ。自己表現をし、自分に誠実であれ。
成功した誰かを真似するな、自分であればいい。
だがそれが香港の人はわかっていない。いつも誰かの模倣。
自分のルーツから創り出そうとしない。自分らしさとは何か。
大事なのは人生について考え理解することだ。
だが悲しいかな人間という物は、表面的なものに踊らされる。
日和見的に状況に流されやすい動物だ。私は自分をこう思いたい。
一人の人間だと。孔子を気取るわけではないが、この空の下、
天の下では、人間は一つの家族だ。
心を空にしろ。形を取り去れ。無になれ。水のように。

いま、彼の意識の持ち方や天才的感覚が見直されています。
昔は、クンフーのヒーローとして、
そして、いまは、あらためて
禅の、侍スピリッツの師として
またヴェーダマスターとしての
ブルース・リーに学びたいと思います。

AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[4回]

小さな井戸の中に住む蛙は、大きな海があることを知らない。



狭い見識にとらわれ、他に広い世界があることを知らず、
自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいること。
つまり、物の見方や考えが狭いことを批判する場合に多く使われる。
『荘子・秋水』に「井蛙は以て海を語るべからざるは、虚に拘ればなり」
という出典に基づく諺として伝えられますが、
視野や了見が狭いことを注意するネガティブなコトタマです。

江戸時代まで鎖国だった大和の国も、
井の中の蛙とバカにされたのでしょうか?

やがて黒船や異教徒文化の侵攻で大和の国も
外の世界に門戸を広げざるおえなくなりました。

いまの経済発展やグローバル社会がその結果です。

良い部分もあり悪しき部分もあり
井戸を出ることが正しきことなのかはよくわかりません。

昔は、家の玄関に鍵を掛けていないお宅が多かったように思います。
それは、ご近所のすべての人の顔が知れ、
氣のおける状態だったことを物語ります。

いまでも、そんなお宅が残っているところもあるかもしれませんが
ごくわずかだと感じます。

鍵を掛けなくったって、みんな安心して、
お互い様で暮らしていける社会です。
欧米諸国では考えられない世界観でしょう。

日本人は「井の中の蛙」だと揶揄されて
世界中からバッシングされ、ようやく自由?に
出入りすることができる国へと様変わりしたわけです。

グローバル化が及ぼす光と影・・・。
より広い世界と交流し、すべてはひとつ
地球の仲間であるという一体感・・・とは裏腹に、
鍵を掛けない暮らしなんて考えられない閉鎖された文化も生成され、
まさに表裏一体、陰と陽の混沌とした日本に私たちは住んでいます。

外に、外に、答えを外に求めるのが正しいのだという常識が
いま、本当はそれは違ったんじゃないかという違和感が多くなったと
感じられているかたも多いのではないでしょか。

陰謀論の中では、明治維新、文明開化自体が、
石屋、威流皆茶、湯田屋に仕組まれたシナリオであるとするのでしょうが、
それもまんざら嘘ではないと感じる昨今の日本文化ではあります。

売国、日本解体、亡国…
古来、井の中のと云われる「大和の国」の文化はもともと
きっちりした境界線や時間管理などの時空に縛られて
いなかったように思うのですが、井の中から出たいまの日本は、
時間、経済、社会、テリトリーなど数えたらキリのないほどの
縛り縛り三昧の王国となりました。

もともと狭い島国です。
その狭き中に、ここぞとばかりに境界線を引き
我が、我が、とひしめき合い、挙句は外国人まで入り乱れ
領土や権利の奪い合いが絶えない日々となっているのです。


前置きが非常に長くなってしまったのですがm(_ _)m
何が言いたいのかというと…
「井の中の蛙」とは、実はネガティブなことじゃなかったのでは?と。

チルチルミチルの青い鳥や
スピリチュアル世界でいう「答えは外にはなく自分の内にある」や
ヴェーダの聖仙たちがおっしゃるように
内なるアートマの探求こそが重要であるということ、
あるいは、YOGAや瞑想の賢者が掘り下げる内なる泉とは…

実はこの蛙の住む小さな「井戸」の中にあったんじゃないか
ふと、そんな氣がしてならない昨今なのです。

や~い、やい!
お前は井の中の蛙で、ちっちゃなヤツだな~
なんて狭いこころなんだ、肝っ玉もアソコもちっちゃいじゃないか?

そういう風に小さな頃からプレッシャー掛けられて育った者たちに
「答えは自分の内にある。外を見ないで内観せよ」と言ったって
なんのことやら、さっぱりワカメですよね。

すべての人の中に神が内在すると言っても、
神は妄信だとか、科学的に証明できないことは面倒くさいし、
・・・それが、私たちが築いてきたグローバル社会の現状です。

蛙の子は蛙。どこへ帰る。
内なる井戸の奥深く、真我の泉湧く。
それは神に帰る、カンナガラの道。

外へ外へと掻き立てられると
真我からどんどん離れ、内なる神性が眠ってしまうどころか
井戸から、貞子が出てくるかもしれませんよ~。

いやいや、失礼しました。m(_ _)m


探しものは、外に探したって見つかるものじゃない。
夢だ、なんだって、美味しそうなマーヤをいっぱい見せられて
私たちはその先、もっと遠くへと飛び立とうとしてきたけれど、
始めっから、大切なモノはすべて与えられていたのだと氣づくとき
やっと人生という旅は終わるのだろう。

そこからが本当の霊性の旅、サーダナが始まるんですね。
神かえりの道、ご一緒しましょう。
30×50 1.50kb



AUM



最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]





AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[3回]

永遠の嘘をついてくれ



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[2回]



2014年の始まり。

富士山のご来光。



天照は惜しみなく分け隔てなく
この国の新年に光を注ぎます。

ご来光に思わず手を合わせ、祈ってしまう国民性。

それが、世界の雛形、これからの地球の運命に
大きな影響力を持つとされる所以なのではないでしょうか。

手と手を合わせると、しあわせ・・・m(_ _)m じゃなくて、
陽の極と陰の極を合わせる、プラスマイナスを合わせるという所作が
合掌という印(ムドラー)なのです。
電器もプラス・マイナスを合わせないとスイッチが起動しません。

そしてもうひとつの作用として、プラマイゼロ=0になるということ。
零=霊、霊としての本質確認の顕れでもあります。

本来、霊である自分を顕現させる
それが内なる神性=アートマ=真我の目覚めにつながります。


そして、両手を合わせるということは、
両指を合わせるということでもあります。
両手を合わせると十本の指(左右各5指)がそれぞれ合わさります。

これは、5つの行動器官(舌、手、足、性器、直腸)と
5つの知覚器官(耳、皮膚、目、舌、鼻)を象徴します。
すべての行動と知覚を合わせて神の御足に捧げるという意味もあります。

右手のひらは、タット
目には見えない根本的な不変の絶対実在、パラマートマで
左手のひらは、トワム
目に見えるもの、個別のもの、限定されたもの、アートマで
二つの手のひらがひとつに合わさるときあれとこれ、
すなわち、タットとトワムはひとつであることが強調されます。

これは、あなたの外にある一切のものと、
あなたの内にある一切のものが合わさるという
個と全の融合、全体意識との融和、神人合一を示します。

合掌とは、すべてを大いなるもの、彼方なるものにささげて
陰陽を合わせ、回路のスイッチを入れ、個と全の融合、
アートマとパラマートを顕現させる究極のムドラーだったのです。

 

そして、太陽に手を合わせるということは
生かされている偉大な力(彼方なるもの)に対し、
最高の感謝の意を向けることでもあります。

とほかみ
えみため

日出ずる処の天使たちに
畏敬の念と、愛を捧げます。

合掌
emoji

AUM
最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[4回]

2013年、冬至を過ぎ空は透明度を増しました。
クリスマスの日の日差しはさらに眩しく輝いていました。
いままでと違う太陽の光は、すべてを洗い流すような、
そんな激しさと清々しさが融合してるようです。



神々しく輝く天照は、誰をも隔てなく照らします。
そして何にも等しく影をつくります。陰と陽の摂理です。
生きとし生けるすべてのいのちが、清濁併せ呑めますように。

分かたれし個という魂が、その根源である
全なるものとシンクロできますように。
そして、全なる宇宙よ、
個であるひとつひとつの意識に、
たおやかに寄り添いください。



生きとし生ける物へ 森山直太朗   
作詞:森山直太朗・御徒町凧
    作曲:森山直太朗   

やがて涙は渇くとて
    風に吹かれちゃいられない   
僕は君が思うような人間じゃない
   
そうさそんな人間じゃない
   

どうにかなるさとお道化ても
    どうにもならないことがある   
これじゃまるでピエロか占い師
    子等の放った御影石   

たかが言葉と嘯けど
    されど言葉の摩訶不思議   
かつて猿が手にした玉手箱
    箱の中には何がある  
嘘と真の化かし合い それを眺める天邪鬼
何処も彼処も言うなれば極楽と    数の足りない七並べ   

朝焼けは闇の向こう 真実は悲しいほど勝手なもんさ
   
生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影
   
花は枯れ大地はひび割れる そこに雨は降るのだろう
   

生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影   
花は枯れ大地はひび割れる そこに雨は降るのだろう

明日へと さあ進め 運命とは儚きあの旋律のようさ
   
生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影
   
花は枯れ大地はひび割れる そこに雨は降るのだろう
   

生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影   
花は枯れ大地はひび割れる そこに雨は降るのだろう

生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影
   
花は枯れ大地はひび割れる そこに雨は降るのだろう

(この映像では割愛)
僕は君が思うような人間じゃない
   
そうさそんな人間じゃない   
もはや僕は人間じゃない



今年一年のシャンティに感謝します。
2014年、宇宙は私たちに様々な「光と影」を
投げかけてくるかもしれません。

それでも、私たちは生きていれば、生かされているなら、
魂の約束である、肉体を持ったまま
アートマの目覚めを実現するために
意識のすべてを真我に向かわせなければなりません。

すべては良い悪いという選択ではなく、
いのちを眠らせたままにしておくか、目覚めるかなのです。

AUM
最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[5回]

大丈夫か?4人に1人が
「太陽は東に沈む」と答える大学生
(simatyan2のブログより)




(ここから転載)

東海大学産業工学部(熊本市)の藤下光身教授らが、2011年4月から5月にかけて行った「短期大学生・大学生に対する天文基礎知識調査」を発表しました。調査によると日没の方向を「東」と答えた学生が22%もいたのです。それだけじゃありません。「南」「北」と答えた学生も3%もいたのです。つまり「東」「南」「北」合計で25%、4人に1人の大学生が日没の方角を間違っていたという驚くべき結果が出たのです。「西から上ったお日様が東に沈む」と答えたのです。これはもうバカボンの世界ですね。他にも月が満ち欠けする理由が、「太陽・月・地球の位置関係」であると正答できたのは56%だったそうです。また太陽が地球の周りを回っている天動説を称える学生も18%いたというから驚きですね。
(中略)
これが今の教育の実態ですか?何か義務教育と高校大学教育から、社会人としての常識みたいなものが削られて行ってるような気がします。その反面、マニアックな知識は突出していたりします。ただし昔で言う専門分野が優れているというのとはちょっと違う、いわゆる最低限の常識というか、全体のバランス感覚が欠如しているんですね。
(以上、一部転載)


情報の氾濫、過多の時代に突入している現代。
テレビ・新聞・雑誌などのマスコミ報道から離れ行く人が
多くなったと言われ久しいですが、情報氾濫の起因は
インターネットの発達であることは間違いありません。

PCで丹念に情報検索(ネットサーフィン)するのも
面倒くさくなってしまった人は、スマホに没入しています。

電車で隣り合わせた人、前列の席、つり革にぶら下がっている人の
片手には必ずといっていい程、スマホが。しかもイヤホンをつけて。

(だから、目の前にご老人や松葉杖の人が立っていても氣付きません)

通勤やちょっとした空き時間、行列に並ぶ時間。
その間もスマホは必須アイテムになりました。

手持ちぶたさでゲームしたり、映画を見るひと、
ネットサーフィンする人もいると思いますが、
圧倒的に多いのはやはり、フェイスブックやツイッターなどでしょう。
やらないでいると心配になる人が多くなったと聞きます。
いいね!やコメがつかないと不安になってしまう人も多いでしょう。

これだけ手軽に情報端末を持ち歩け、
瞬時に世界とつながることができきるようになったというのに、
巻頭のニュースはどういったことなのでしょう。



勤勉な大和民族の到達点は、ここだったのでしょうか?

これでいいのだ~♪というセリフは、
頭で考えるマインド支配から開放されて
ハートで感じることが大事なんだよ、
という素晴らしいことを言っています。

スマホ流な情報収集は、あまりにお手軽なために
その集まる情報の価値の低下を招いているのと同時に、
あやふやで意味不明の怪しい情報までもが混入されて
情報カオスの大混乱時代に突入してしまったようです。

知らないことを知りたいという知識欲。
これはうまく使えば、英知という光明を得ることができます。
意識を向けたところに光が当たるからです。

しかし、知らないと時代や世間に乗り遅れるという発想で集めたものは
ゴミ屑同然の不要物であることにいち早く氣づけないと
バカボンのパパなのだぁ~♪になってしまいます。

日本のブログ数は世界一だといいます。
その情報氾濫はとどまるところを知りません。
まるで増殖し続けるウイルスのようです。

映画マトリックスでも似たようなことを
エージェント・スミスがモーフィアスに言っています。

この地球上に、自分たちの生存欲で、留まることをしらず
増殖し続けるものが二つある、ということです。
人間とヴァイルス(ウイルス)がそうだと。

自然の生態系の破壊王がウイルスと人類。
何か意味があるような氣がします。

ウイルス同様に大増殖を始め、
人間の智慧を破壊し続けている情報。

現代の人類は科学の発展という恩寵に浸り
大きなギフトを受け取るとともに、
最大のリスクも背負い込んでしまいました。

すべてに、陰と陽、光と闇というが対極が併合しています。

情報収集で苦労する時代は終わり、
その正否、陰陽を吟味しなければならない世界が訪れたのです。



その息は本物か?
速くなろうとするな、速いと知れ!

その情報は本物か?
外に求めようとするな、もともと内に在ると知れ!
と、言い換えることができそうですね。

文字や言葉の少なき太古に
仏陀やイエスのもとに集いしサット・サンガ。
エゴを諦観し、真我を見極めるだけでも大変なのにです。

私たちは、まず先にその方法からして
吟味しなければならぬ時にいるようです。

情報を切り捨てることが難しいのならば、
諦観する智慧を学ばなければならないのでしょう。
太陽が、西から昇らぬように・・・・



そういえば、NASAの情報と言われるものに
間もなく?太陽の磁極が反転するというものがありましたが、
その後はどうなっているのでしょうか。
ひょっとして、西から昇ったお日様が~~~♪
ギャ~!emoji
これも情報。これもまた過ぎ去る。ですか。



AUM

最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[7回]

人間はいつまで荒ぶる自我に振り回されるのですか。

その理屈がそんなに大事なのかしら。

いっぱい持ってる持ってないと比べることが大切なのかしら。

ここまでっていう境界線を引くのが好きなのかしら。

いつになったら、みんな大好きだよって、

手を取り合って笑うことができるんだろう。


こらぁ~!だめだよ!って怒られても、
五分前のこと、もう忘れちゃう。

明日の分だから取っておこうと言われても
おいしから全部食べちゃう。

何よりも、目の前のササッと動くものに釘付け。
他のことは考えないの。

よく、お前は「いまここ」しかないのかいと笑われる。

そうよ、いましかないでしょ。
それ以外になにがあるっていうの?

そんなに言うんだったら、
さぁ、目の前に出してみてよ。
猫パンチしてあげるからさ。
 
想像してご覧。
ケンカするものなんて、ないってことを。

ホントはね、
むかしむかしから、
み~んなひとつだったってことを。



AUM


最後までご覧いただきありがとうございます。
↓下の Comment の文字をクリックするとコメントできます。
お氣軽にメッセージをお寄せください。(認証制)
上のメニュー欄の『Other』をクリックすると、月齢、カレンダー、メール、カテゴリーや過去記事録、リンクなどが表示され見やすくなります。

いつも ↓ クリックありがとうございます。温かな応援に感謝☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

↓こちらもついでにポチッとお願いします
精神世界

拍手[9回]

SHAKTHI PLANET
シャクティは光のヒーリング。それは太古のインドより幾千万年の時を駆けて受け継がれるヴェーダの叡智の一端。仏陀やジーザス、空海というヴェーダマスターたちが説く真理をいまに蘇らせるため「いまここに」。光絶やさぬよう仲間が集う学びの惑星に、シンクロしましょうか。
HN:
Palalan☆pi
性別:
非公開
自己紹介:
みんな、幸せになれますように☆シャクティの光☆広げ続けましょう☆この惑星にシャクティ降り注ぐ限り、きっとすべて大丈夫☆たくさんのハートを愛と平安で満たせますように☆
カウンター
Today
愛をつなぐメッセージ
コメント、感想、近況、質問、提案、みんなでシェアしたいこと等、これなら氣軽にメールしていただけますね(^∇^)彡☆
ご記入して、送信ボタン押すだけの簡単メールです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
解析
目醒めの神年
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]